ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「吉村作治」最新記事一覧

メジェドさまが渋谷に降臨! エジプトグッズを集めた「シブヤエジフェス」がメジェドさま尽くし
メジェド充になりたい方は、ぜひ。(2015/7/24)

電子書籍新刊情報
BookLive!の新刊電子書籍情報をリストでお届け。あなたが読みたかった作品も電子書籍で購入できるようになっているかも。(2014/3/5)

指さした場所がスケスケに!?:
見えるぞ、私にも見える! ――DNP、透視体験ができる映像システムを開発
大日本印刷(DNP)は、3Dメガネと3Dプロジェクターを活用し、立体物の内部構造の“透視体験”ができる映像システムを開発。2014年の実用化を目指し、実証実験を開始した。(2013/9/17)

初めての卒業生――サイバー大学に社会人教育を聞く
あのサイバー大学に初めての卒業生が――。3人の卒業生の進路も決まりつつある。同大学の前川徹教授(ITビジネス経営論など)に話を聞いた。(2009/12/2)

ケータイが大学の教室になる サイバー大学が動画配信テスト
サイバー大学・吉村作治学長の「ピラミッド・ミステリーを解く」と、ソフトバンク孫社長の講演を、携帯電話で見られるようにした。今後は実際の授業も配信する考え。(2007/11/28)

サイバー大学、携帯電話向けの授業配信実験を開始
インターネット通信制のサイバー大学が携帯電話向けの配信実験を開始した。吉村作治学長は「世界初ではないか」と話す。(2007/11/28)

達人の仕事術:
孫正義のプレゼンを作った男――サイバー大学・岩永公就さん
ソフトバンクの広報マンにして、ある時は西日本新聞社の記者、そしてある時はサイバー大学の大学職員……。果たしてその正体は――。(2007/11/19)

ハトシェプスト女王のミイラ“発見”に迫るドキュメンタリー、23日に放映
ツタンカーメン以来の大発見とも言われた古代エジプトの女王・ハトシェプストのミイラの特定。DNA鑑定の様子などを詳細に紹介するドキュメンタリーが23日に放映される。(2007/9/11)

81歳も学ぶネット専門「サイバー大学」
ソフトバンクグループが設立した「サイバー大学」では、全国約500人の学生がネット経由で授業を受けている。生徒は高校新卒者から81歳まで。授業は総オンラインだが、オフ会も開かれている。(2007/7/30)

PR:学ぼうかどうか悩むより、まず早く始めてください――サイバー大学吉村作治学長
今春開学したサイバー大学が秋学期生(10月入学)の募集を開始した。完全eラーニング授業とはどんなものなのか。時間にとらわれず受講できるメリットから、社会人の問い合わせも多いという。開学以来これまでの学生の様子や実際の授業の内容はどのようなものなのか、また今後の計画などについて、吉村作治学長にインタビューした。(2007/7/9)

「ネットで対面より濃いコミュニケーションを」 吉村作治サイバー大学長
日本初のネット専門大学となる「サイバー大学」はさまざまな課題が指摘されているが、学長の吉村作治氏は「教員や教材を厳しく評価する。ネットなら時間や場所を気にせずコミュニケーションできる」などと語り、いつでもどこでも受講できるメリットをPRする。(2006/12/7)

ネット通信制「サイバー大」に設置認可
ソフトバンクが来春に開校するネット通信教育制大学「サイバー大学」の設置認可へ。「大学教育の質を確保するためのガイドラインを作成・提出すること」など異例の11項目にわたる留意事項が付記された。(2006/11/28)

ネット通信制「サイバー大学」、文科省が申請受理
(2006/5/12)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。