ニュース
» 2008年08月20日 19時27分 UPDATE

カシオ、顔を“メイクアップ”するスリムデジカメ

カシオ計算機が28ミリからの光学4倍ズームを備えた“EXILIM ZOOM”「EX-Z300」「EX-Z250」を発売。人物の顔を美しく撮影する「メイクアップ」が可能だ。

[ITmedia]

 カシオ計算機は8月20日、コンパクトデジタルカメラ「EX-Z300」「EX-Z250」を8月29日より順次販売開始すると発表した。価格はオープンで、実売想定価格は有効1010万画素CCDを搭載したEX-Z300が4万円前後、有効910万画素CCDを搭載した「EX-Z250」が3万5000円前後。

photophoto 「EX-Z300」(写真=左)、「EX-Z250」(写真=右)

 厚さを抑えたスリムボディにズームレンズを搭載した“EXILIM ZOOM”の新製品で、両製品ともCCDシフト式の手ブレ補正を備えた、35ミリ換算28〜112ミリの光学4倍ズームレンズを搭載する。2製品の主な違いはCCDで、EX-Z300は1/2.3型有効1010万画素CCD、EX-Z250は1/2.5型有効910万画素CCDを搭載する。

 新開発の画像処理エンジン「EXILIMエンジン3.0」を活用したユニークな機能の数々が特徴的。「メイクアップ」は肌をなめらかに/日差しによる影を和らげる/くすみやシワを目立たせないなどの処理で人物の顔を美しく撮影する機能で、処理の強弱は12段階に調整可能なほか、EX-Z300にはワンプッシュで同機能を起動させる「メイクアップボタン」が用意されている。

 そのほか、手持ちの夜景撮影であることをカメラが自動的に認識し、ブレないように各種の設定を行ってくれる「手持ち夜景撮影」やコントラストを最適化して白トビ/黒ツブレを軽減する「ライティング撮影」、多重露光撮影のような効果を得られる「マルチモーション撮影」といった機能を備える。

 EX-Z300は1280×1080ピクセルのハイビジョン動画も撮影可能で(EX-Z250は848×480ピクセルまで)、シーンモード「ベストショット」はEX-Z300が38種類、EX-Z250が37種類を備えている。人物/風景/夜景/夜景と人物/接写/動く被写体と全6種類の撮影シーンから、被写体に適したものカメラが自動で選び出すオートベストショットも引き続き搭載するほか、笑顔の瞬間やブレが止まった瞬間などを自動撮影する「オートシャッター」も装備した。

 サイズはEX-Z300が96.9(幅)×57.6(高さ)×23(奥行き)ミリ、131グラム。EX-Z250が96.7(幅)×57.3(高さ)×19.9(奥行き)ミリ、119グラム。カラーはEX-Z300がピンクゴールド、シルバー、ブラックの3色、EX-Z250がゴールド、ピンク、ブルー、シルバー、レッドの5色。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう