連載
» 2010年01月12日 10時58分 UPDATE

本山由樹子の新作劇場:天才ファンドマネージャーの新たな挑戦――「ハゲタカ」

現在進行形の社会情勢を盛り込んだNHKの人気ドラマの劇場版。1月15日発売のBD版は未公開シーン集など特典も充実。

[本山由樹子,ITmedia]

ハゲタカ(Blu-ray Disc)

photo

 2007年2月から全6話が放映されたNHKのドラマ「ハゲタカ」は、イタリア放送教会が主催する国際番組コンクール「イタリア賞」などに輝き、話題を呼んだ。2009年6月に公開された映画版が1月15日にBlu-ray Disc化。

 特典は92分のボリュームで、本編ディスクには大森南朋・玉山鉄二・大友啓史監督・遠藤学プロデューサーによるオーディオ・コメンタリーと経済用語・キーワード集を、特典ディスクには2カ月間の撮影に密着したメイキング映像、大森南朋・玉山鉄二・栗山千明・柴田恭兵ら出演者のインタビュー、未公開シーン集、完成披露試写会などのイベント映像集、アカマ自動車の新車発表会で流れたプロモ映像完全版、ドラマ版ダイジェスト、特報、予告編、TVスポットなどを収録している。特典の中でも注目してほしいのが未公開シーン集。主人公・鷲津が日本の市場から姿を消すきっかけとなった、ドラマから映画へとつながる空白の4年間「ライオンソース裁判〜鷲津の絶望」など、全8種類が収められている。封入特典は24ページのブックレット。

 ハゲタカとは瀕死の企業を買収し、利益をむさぼりつくす投資ファンドのこと。ドラマではそのハゲタカを率いる鷲津(大森南朋)と、鷲津のかつての上司で企業の再生家に転じた芝野(柴田恭兵)を中心に、老舗電機メーカーの買収と再生が描かれた。

 映画版のベースとなるのは真山仁の経済小説「ハゲタカ」シリーズの3作目「レッドゾーン」。ドラマの4年後を描いた物語は、日本を離れていた鷲津のもとに、自身が執行役員を務める老舗の「アカマ自動車」を救ってほしいと芝野が訪れたことから始まる。アカマ自動車が中国残留孤児三世・劉(玉山鉄二)の新興ファンドに敵対的買収を仕掛けられ、鷲津が企業側を守るというホワイトナイトとして登場、真逆の立場となるのだ。

 大森南朋と玉山鉄二の新旧ハゲタカ対決は緊迫感たっぷり。大森南朋は企業買収に乗り出す主人公を男の色気たっぷりに演じ、ドラマ版以上に魅力を発揮している。監督はテレビ版に引き続き大友啓史が担当。

 すでに完成していた脚本は世界金融危機で大幅に変更され、リーマン・ショックや派遣切り、中国経済の躍進など、現在進行形の社会問題が盛り込まれた。マネーゲームはスリリングだが、鷲津の過去や劉の自動車への想いなど、それぞれの悲しみが見え隠れするのも、このシリーズの魅力。ただし、人物関係など説明不足が目立ち、テレビ版を見ていないと分かりにくいかも。テレビ版はここ最近のドラマの中でも突出の面白さなので、未見の方は、テレビ版と映画を一気見してほしい。

関連キーワード

Blu-ray | 映画


ハゲタカ(Blu-ray Disc)
発売日 2010年1月15日
価格 6300円
発売元 NHKエンタープライズ
販売元 東宝
スタッフ 監督:大友啓史/原作:真山仁
出演 大森南朋、玉山鉄二、栗山千明、柴田恭平
上映時間 134分(本編)
製作年度 2009年
画面サイズ シネマスコープ
ディスク仕様 片面2層/2枚組
音声 (1)ドルビーTrueHD/5.1ch/日本語 (2)ドルビーデジタル/2.0ch/日本語
特典 ドラマ版ダイジェスト/特報/予告編/TVスポット/アカマ自動車新車発表会CG映像/メイキング映像集/イベント映像集/オフィシャルインタビュー集/未公開シーン集/経済用語・キーワード集

Copyright© 2018 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう