ニュース
» 2012年06月25日 19時20分 UPDATE

50インチ超:印刷技術で大きく、低コストに――ソニーとパナソニックが次世代有機ELパネルを共同開発へ

ソニーとパナソニックは6月25日、50インチ超のテレビや大型ディスプレイに向けた次世代有機ELパネルおよびモジュールを共同開発すると発表した。

[ITmedia]

 ソニーとパナソニックは6月25日、50インチ超のテレビや大型ディスプレイに向けた次世代有機ELパネルおよびモジュールを共同開発すると発表した。2013年中の量産技術確立を目指す。

ts_xel01.jpgts_oled02.jpg ソニーが2007年に発売した「XEL-1」(左)。昨年発売した25型の放送業務用マスターモニター「BVM-E250」(右)

 有機ELパネルの成膜工程(パターニング)に“印刷技術”を活用し、大型かつ高精細の有機ELパネルを低コストで量産することが目的。ソニーは、2007年に世界初の11型有機ELテレビ「XEL-1」(販売終了)、2011年に25型の業務用モニターなどを販売しているが、いずれもパターニングは既存の“蒸着技術”(メタルマスク方式)で、さらなる大型化にはマスク精度やコストなどの課題を抱えていた。

 印刷技術は、インクジェットや熱転写、ソニーが6月の「SID 2012」(ディスプレイ関連の学会)で発表した平行平板方式反転オフセット印刷技術など複数の方式が存在するが、発表によると「パナソニックは、大型化・低コスト化に優位な印刷技術の中でも、最先端の“オール印刷方式”による大画面・高精細有機ELパネルの技術開発で先行しており、この方式による生産を実現するための独自の設備技術・生産技術を有している」という(パナソニックは詳細を明らかにしていない)。なお、両社は技術開発と並行して、量産フェーズにおける協業の可能性についても検討していくという。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう