ニュース
» 2012年10月25日 13時55分 UPDATE

バイクをイメージさせるデザイン:ヤマハ、ファッショナブルな密閉型ヘッドフォン「HPH-PRO500」「HPH-PRO300」

ヤマハは、密閉型ヘッドフォン「HPH-PRO500」「HPH-PRO300」を発売する。曲線を多用したスタイルとカラーリングがヤマハのバイクや楽器をイメージさせる。

[ITmedia]

 ヤマハは10月25日、密閉型ヘッドフォン「HPH-PRO500」「HPH-PRO300」を発表した。いずれも先に海外で展開し、音とファッション性で評価されたという“逆輸入モデル”だ。11月下旬から直販サイト「Yダイレクト」で販売するほか、全国のインテリアショップやセレクトショップにも展開するという。

ts_yamahap01.jpgts_yamahap04.jpg 「HPH-PRO500」のレーシングブルー(左)とエボニーブラック(右)。曲線とカラーリングがヤマハのバイクや楽器をイメージさせる

 「HPH-PRO500」は、ネオジムマグネット採用の50ミリドライバーを、剛性の高いアルミ合金製ハウジングに収めたオーバーイヤー型モデル。エンクロージャーの役割を果たし、大径ドライバーと合わせ、「ワイドレンジでスケール感豊かな、透明感のあるサウンドを追求した」(同社)という。

ts_yamahahph01.jpg 「HPH-PRO500」の分解図

 再生周波数特性は20〜2万Hz。インピーダンスは22オームとポータブル機器でも十分な音圧が得られるレベル。耐入力特性100ミリワットも合わせ、「接続する機器を選ばない」(同社)。

ts_10oto05.jpg 先週末に開催された「オーディオ&ホームシアター展 TOKYO 2012」でも展示していた

 折りたたみ機構もユニーク。両側のハウジングを内側に折り曲げると、どちら側からたたんでも必ずシェル部分とイヤーパッド部が重なる仕組み。持ち運び氏にも発音体(ドライバー)を保護する効果があるという。シェル部分にはキズの付きにくいUV塗装を施し、イヤーパッドにはソフトなウレタン素材を採用した。カラーリングは、レーシングブルーとエボニーブラックの2色だ。

 ケーブルは着脱式で、コネクターには3.5ミリミニジャックを採用。片出しタイプだが、左右どちらにも接続できる。付属のケーブルは、3メートルの通常タイプ、およびiPhone/iPod/iPad対応リモコンマイクを装備した1.2メートルのタイプ。なお、付属の6.3ミリ変換プラグもHPH-PRO300の音響特性を考慮した専用設計だという。そのほかの付属品は、ハードケースおよびクリーニングクロス。本体重量は369グラム(ケーブル含まず)。

 価格はオープンプライスだが、店頭では5万円前後になる見込み。出荷は12月下旬を予定している。

オンイヤー型のコンパクトモデルも

 一方の「HPH-PRO300」は、コンパクトなハウジングを採用した軽量のオンイヤー型。同じくネオジムマグネットを採用した専用設計の40ミリドライバーを搭載し、「クリアで力強いサウンド」を追求したという。

ts_yamahap02.jpgts_yamahap07.jpg 「HPH-PRO300」のアイボリーホワイト(左)とエボニーブラック(右)

 ウレタン素材のイヤーパッドとクッション性に配慮したヘッドバンドを採用。装着中に頭を動かしてもヘッドフォンがずれにくい。折りたたみ機構も、HPH-PRO500と同様にどちら側からたたんでも必ずシェル部分とイヤーパッド部が重なる仕組みだ。ケーブルは1.2メートルで、iPhone/iPod/iPad対応リモコンマイクを備えている(着脱式ではない)。

 カラーバリエーションは、アイボリーホワイト、レーシングブルー、エボニーブラックの3色で、いずれも11月下旬に発売する予定だ。価格はオープンプライスで、店頭では3万円前後になる見込み。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.