ニュース
» 2012年11月02日 16時32分 UPDATE

「TSUTAYA TV」がPC向け動画配信サービスを開始、HD映画の値下げも

「TSUTAYA TV」は11月2日、PC向けの動画配信サービスを開始した。約3000本でスタートし、順次タイトル数を拡大する方針。

[ITmedia]

 TSUTAYA.comは11月2日、同社が運営する映像配信サービス「TSUTAYA TV」において、同日よりPC向けの動画配信サービスを開始すると発表した。あわせて、HD映画のストリーミングレンタル料金を値下げしている。

ts_tsutayatv01.jpg 「TSUTAYA TV」のPC向けサイト

 PC配信は、Windows 7以降のOSを対象とし、TSUTAYA TV公式サイトから専用アプリをダウンロードすることで利用できる。サービス開始当初のタイトルは、ハリウッド新作映画や海外テレビドラマ、アニメ、バラエティーなど約3000作品。近日中に約4500作品まで増やすほか、現在のテレビ向けサービスと同等の約3万9000作品まで順次拡大する方針だという。

ts_tsutayatv02.jpg 専用プレーヤーの再生イメージ

 1つのIDでログインすれば、レンタルリストやお気に入り、Tポイントの管理がどのデバイスでも共有できる「マルチデバイス」対応も特長。1つの作品を購入すれば、PC、テレビ、レコーダー、スマートフォン、タブレットで視聴が可能。途中から別のデバイスに切り替えても、続きから再生できるレジューム機能を備えている。

 あわせて発表した価格改定では、ストリーミングレンタルによるHD画質の新作映画が従来より50円値下げとなる400円、同じくHD画質の旧作についても50円値下げの300円となった(一部対象外のタイトルあり)。月額980円で20作品まで視聴できる「セレクトプラン」やセル(動画販売)の料金は変わらない。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう