ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「値下げ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「値下げ」に関する情報が集まったページです。

ドコモ、iPhone 14(128GB)を値下げ 14/14 Plusの割引額変更も
NTTドコモは、2月22日以降に「iPhone 14」「iPhone 14 Plus」の価格や割引額を変更。これに伴い「いつでもカエドキプログラム」の実質負担やオンラインショップの価格をはじめ「5G WELCOME割」などの割引額が変更になる。(2024/2/23)

ゆうちょ銀行、硬貨取扱料金を値下げ 100枚まで無料に 4月1日から
ゆうちょ銀行は、各種手続きで硬貨を持ち込んだ際、枚数に応じて発生する「硬貨取扱料金」を改定すると発表した。現在は1〜50枚までが無料、51枚以降は有料としているが、4月1日からは100枚まで無料にする。(2024/2/22)

楽天モバイル、iPhone 15シリーズやiPhone 13を最大1万7000円値下げ 最大3万3000円相当の還元も
楽天モバイルは、iPhone 15シリーズやiPhone 13を最大1万7000円値下げ。キャンペーンやプログラムを更新し「Rakuten最強プラン」と対象「iPhone」をセットで購入すると最大3万3000円相当の割引やポイント還元を行う。(2024/2/21)

ドコモ、中古「iPhone 11/12」「iPhone XR/XS」を値下げ 割引増額も
NTTドコモは、2月22日以降以降に「docomo Certified(ドコモ認定リユース品)」の「iPhone 11」「iPhone 12」「iPhone XR」「iPhone XS」を値下げし、「5G WELCOME割」「端末購入割引」でも割引額を増額する。(2024/2/21)

ドミノ・ピザが「アメリカン」などピザ3種値下げ! 持ち帰りで790円〜に
追加料金でモッツァレラチーズとトッピングの一部が1.5〜2倍になる新商品「もっとシリーズ」も登場。(2024/2/19)

石野純也のMobile Eye:
楽天モバイルの家族割引で感じた2つの不安要素 「解約抑止」と「黒字化」を両立できるか
家族や複数回線、光回線の契約といった条件付きの割引は提供してこなかった楽天モバイルが、「最強家族プログラム」を提供する。もとの料金が安いため、そこからさらに値下げになるインパクトは大きい。ただし解約抑止効果があるかは未知数だ。(2024/2/17)

auがオンラインショップ限定の「Galaxy S23 Ultra(512GB/1TB)」を3.3万円値下げ au PAY 残高還元キャンペーンも開催
KDDIが運営する「au Online Shop」において、「Galaxy S23 Ultra(512GB/1TB)」の販売価格が3万3000円値下げされる。また、同ショップでは本機種を含む対象モデルを機種変更で購入すると3500円相当のau PAY残高を還元するキャンペーンも行う。(2024/2/16)

PS5、10〜12月期に過去最高820万台を販売 今後、廉価版や値下げの可能性は?
「PlayStation 5」の販売台数が、2023年10〜12月期に四半期としては過去最高となる820万台に達した。ソニーグループが14日の第3四半期決算説明会で明らかにした。(2024/2/14)

法令改正で「Pixel 8」の価格はどれだけ変わった? ドコモ、au、ソフトバンクの最安値【2月10日最新版】
「電気通信事業法第27条の3」の省令が改正されて、Pixel 8の価格はどう変わったか。ドコモは実質負担額をやや値上げ。auとソフトバンクは一括価格を値下げし、実質負担額もMNPなら100円を切っておりお得だ。(2024/2/10)

ドコモ販売ランキング:盤石のiPhone 15、実質値下げのiPhone 14が猛追【1月29日〜2月4日】
ドコモオンラインショップの「売れ筋ランキング」。1月29日〜2月4日の期間は、「iPhone 15(128GB)」が1位を獲得した。(2024/2/10)

ソフトバンクが「Pixel 8(128GB)」「Xiaomi 13T Pro」を値下げ MNPなら2年で実質24円に
ソフトバンクが2月9日、「Pixel 8(128GB)」「Xiaomi 13T Pro」を値下げした。11万4480円から9万4320円に一括価格を変更。MNPで契約して2年後に端末を返却すると、実質負担額は24円になる。(2024/2/9)

ソフトバンク、モバイル事業は前倒しで黒字化 宮川社長は“楽天モバイルの支援”にも言及
ソフトバンクは2月7日、2024年3月期第3四半期決算を発表した。国の要請による「携帯4割値下げ」以降、赤字続きだったモバイルの売上高がこの第3四半期に反転して増収に。質疑応答では、プラチナバンドを獲得した楽天モバイルを支援する意向を宮川社長が示した。(2024/2/7)

auが「Pixel 8(128GB)」を値下げ MNPで実質47円に
auの「Pixel 8(128GB)」が値下げに。一括価格が9万3600円になる。MNPやUQ mobileからの番号移行だと2万2000円の割引が受けられ、2年間の実質負担額は47円になる。(2024/2/7)

IIJmio、折りたたみスマホ「Mode1 RETRO II」と中古美品「iPhone SE(第3世代)」を販売 一部値下げも
IIJmioサプライサービスが、P-UP製スマートフォン「Mode1 RETRO II」と中古美品「iPhone SE(第3世代)」を販売開始。HTC製スマートフォン「HTC Desire 22 pro」、中古美品「iPhone 11」を値下げする。(2024/2/1)

ドコモ販売ランキング:iPhone 15が1位をキープ、値下げのXperia Ace IIIが7位に【1月15日〜1月21日】
ドコモオンラインショップの「売れ筋ランキング」。1月15日〜1月21日の期間は、iPhone 15(128GB)が1位を獲得した。(2024/1/27)

OpenAI、“怠けにくい”「GPT-4 Turbo」プレビューリリースや値下げを発表
OpenAIは、11月に発表した「GPT-4 Turbo」のプレビュー版をリリースすると発表した。「GPT-4」が怠け者になってきたという苦情を受け、怠けにくくしたという。公式版は数カ月中にリリースする計画だ。(2024/1/26)

IIJが「moto g52j 5G SPECIAL」と中古美品「iPhone 12」を販売開始 「iPhone 12 mini」の値下げも
IIJmioサプライサービスは、モトローラ製スマートフォン「moto g52j 5G SPECIAL」と中古美品「iPhone 12」を販売開始。あわせて、「OPPO A77」「AQUOS sense6 」と中古美品「iPhone 12 mini」を値下げする。(2024/1/18)

楽天モバイル契約で「iPhone 14(128GB)」を2万円値引き 「Xperia 10 V」「AQUOS sense7」なども値下げ
楽天モバイルの「Rakuten最強プラン」とセットで「iPhone 14(128GB)」を購入すると2万円値引きするキャンペーンを実施。「Xperia 10 V」「OPPO Reno9 A」などAndroidスマホも値下げする。(2024/1/17)

スピン経済の歩き方:
「値下げで過去最高益」のイオンが、賃金を上げなければ非常にマズいワケ
「値下げ」は消費者にとって喜ばしい話のようだが、実は日本全体の視点で考えると、あまり喜ばしい話ともいえない。その理由は……。(2024/1/17)

イケアが130点以上の商品を値下げ ソファやシェルフ、キッチン雑貨など
例えばソーデルハムン 3人掛けソファセクションは5000円値下げに。(2024/1/9)

古田雄介の週末アキバ速報:
4万円切りのGeForce RTX 3060カードや1万円切りの105Wソーラーパネルが買える3連休
年が明けて流通が動き出しつつも、成人式までは年末年始セールも続く。今週買えるグラフィックスカードの特価品や、年初から注目度が格段にアップした値下げ品に注目したい。(2024/1/6)

MetaのVRゴーグル「Meta Quest 2」が価格改定 128GBモデルは税込み3万9600円から
Metaは2023年12月31日(米国時間)、Meta Quest 2を値下げすると発表した。2024年1月1日(日本時間)より、128GBモデルが3万9600円、また256GBモデルが4万6200円となる(いずれも税込み)。(2024/1/1)

auの一部スマートフォンで価格改定 Xperia 1 IVは約7万4000円の値下げ【更新】
12月27日から、auの一部スマートフォンの価格や実質負担額を改定した。「スマホトクするプログラム」適用時の実質負担額を、一部機種で上げている。Pixel 8(128GB)、Xperia 1 IV、Redmi 12 5G、Galaxy A54などは一括価格を下げている。(2023/12/27)

ドコモ、iPhone 13とarrows Weを値下げ 割引施策の終了も
ドコモオンラインショップは、12月27日以降に価格などを変更。「いつでもカエドキプログラム」適用時の負担総額や早期利用特典金額の変更、「5G WELCOME割」「オンライン限定 機種購入割引」の内容変更を行う。(2023/12/27)

ドコモ、12月27日以降に中古端末を価格改定 iPhoneは値下げ
NTTドコモは、12月27日以降にdocomo Certified(ドコモ認定リユース品)の価格を改定。「端末購入割引」ではiPhone XSで実施していた割引を終了する。(2023/12/26)

楽天モバイルが「Galaxy Z Flip4」「AQUOS sense6s」を値下げ キャンペーンでさらに1万2000円相当分還元
楽天モバイルは、楽天モバイル公式 楽天市場店で対象端末を値下げ。「Galaxy Z Flip4」は13万9800円(税込み、以下同)から9万9000円、「AQUOS sense6s」は3万9800円から3万2989円となる。(2023/12/22)

値上げラッシュでもなぜ「値下げ」? 幸楽苑・ガスト・なか卯、それぞれの戦略
値上げラッシュが続く中でも値下げに踏み切る外食チェーンは少なくない。なか卯・幸楽苑・ガスト、それぞれの懐事情と狙いを分析する。(2023/12/21)

ミニストップ、おにぎり5種を値下げ 12月19日から「紅しゃけ」「辛子明太子」など
10円から20円ほど安くなる。(2023/12/18)

イオン「値下げ」第2弾を発表 9月に続き、必需品や季節品など29品目が対象
イオンが9月に続き、一部商品の値下げを発表した。対象は29品目で、前回発表したものと合わせて60品目が値下げとなる。(2023/12/15)

ガスト、30品目「値下げ」の衝撃 売り上げや利益に影響はないの? 狙いを聞いた
大手ファミリーレストラン「ガスト」は、11月16日からアルコール類やサイドメニューなど30品目を値下げした。値上げラッシュなのに、勝算はあるのだろうか。すかいらーくの広報に聞いた。(2023/11/26)

ドンキの「着るこたつ」が「動けるこたつ」に進化! 物価高なのに、2000円値下げできた意外なワケ
ユーザーからの“ダメ出し”をもとに改良したところ、結果的に値下げにも成功した商品がある。ドン・キホーテで今年10月から発売している“着るこたつ”こと「動けるこたつウェア」だ。(2023/11/25)

Steamで大型セール「オータムセール」開始! 「Steamアワード」のノミネートも
Steamが11月29日午前3時(日本時間)まで「オータムセール」を実施している。新旧のゲームがセール対象となるイベントで、幅広いタイトルが値下げされている。(2023/11/22)

ニップン、オリーブオイルなど19品目最大27%値上げ 小麦粉は値下げ
2024年2月1日の納品分から反映される。(2023/11/21)

楽天モバイル、iPhone 13/14などで最大20%割引キャンペーン Apple Watchも値下げ
楽天モバイルは、楽天モバイル公式 楽天市場店でブラックフライデーと連動した対象iPhoneの最大20%割引キャンペーンを開催。「Apple Watch Series9」なども値下げする。(2023/11/21)

今日のリサーチ:
酒税改正後のビール類の売り上げ 「新ジャンル」は6割減――カタリナ マーケティング ジャパン調べ
2023年10月の酒税改正により、ビールカテゴリーでは「値下げになるビール」と「値上げになる新ジャンル」の売り上げ動向が注目されています。実売データに基づきビール類の情勢変化を見てみると……。(2023/11/21)

IIJmioで未使用品「Pixel 7a」販売開始 「moto g52j 5G II」の値下げも
IIJmioサプライサービスは、モトローラ製「motorola razr 40」と未使用品「Google Pixel 7a」を販売開始。「moto g52j 5G II」は税込み一括3万5800円から2万3800円へ値下げする。(2023/11/20)

石野純也のMobile Eye:
auとソフトバンクは“金融連携”プランが好調、ドコモはどう出る? 料金競争は新たな局面へ
ドコモ、KDDI、ソフトバンクの上期決算が出そろった。2021年に始まった官製値下げの影響を受け、売り上げと収益ともに落ち込んでいたが、コロナ明けでトラフィックが増加したことに伴い、比較的料金が高い無制限/大容量プランに加入するユーザーが増加。一方で、ユーザー数やARPUが急増する可能性は低く、各社とも非通信領域の開拓を行っている。(2023/11/18)

iPhone 7/8が値下げもiPhone SE(第2世代)が1位に ニューズドテックの10月中古スマホランキング
ニューズドテックは、2023年10月度の中古スマホ販売数ランキングを発表。iPhone 7/8が前月から値下げ傾向にあったが、1位はiPhone SE(第2世代)が獲得した。一方、圏外から5機種がランクインした。(2023/11/16)

11月16日から:
「ガスト」が値下げ、ピザやアルコール類など30品目
すかいらーくレストランツは、「ガスト」のグランドメニューを大幅リニューアル。11月16日より、30品目を値下げする。(2023/11/15)

ガストが30品を値下げ! 「チーズINハンバーグ」や「マヨコーンピザ」など、グランドメニューの大幅リニューアルで
「チーズINハンバーグ」や「山盛りポテトフライ」も値下げに。(2023/11/15)

OpenAI、改良版生成AIモデル「GPT-4 Turbo」を「GPT-4」より安価に提供へ
OpenAIは開発者会議DevDayで生成AIモデル「GPT-4 Turbo」を発表した。パフォーマンス最適化でGPT-4と比較してトークンの価格を大幅に値下げした。また、トレーニングデータを2023年4月までにした。(2023/11/7)

ASUS、「ROG Phone 6」の一部製品を2万円値下げ 7万9800円からに
ASUS JAPANは、11月1日にゲーミングスマートフォン「ROG Phone 6」シリーズの一部製品を値下げ。16GB/512GBモデルは9万9800円(税込み、以下同)、12GB/256GBモデルは7万9800円になる。(2023/11/1)

auの「Galaxy S23/S23 Ultra」を最大約3.2万円値下げ 「スマホトクするプログラム」適用なら約6.4万円に
サムスン電子は、auの「Galaxy S23」「Galaxy S23 Ultra」を値下げ。Galaxy S23は2万1530円値下げの11万4800円(税込み、以下同)、Galaxy S23 Ultraは3万2850円値下げの16万4800円となる。(2023/11/1)

auオンラインショップ、「TORQUE 5G」を8万8885円→6万6800円に値下げ
auオンラインショップが京セラ製の高耐久スマートフォン「TORQUE 5G KYG01」の価格を改定した。一括価格は8万8885円(税込み、以下同)だったが、2万2085円の値下げされ、6万6800円となった。au直営店でも同様の価格案内となっている。(2023/10/23)

ドコモが「Pixel 8」の実質負担額を値下げ、2年後返却で約2.3万円 10月20日から
NTTドコモは、10月20日以降に「Google Pixel 8」のいつでもカエドキプログラム+負担額を変更。23カ月目に端末を返却した場合、3万3638円が2万3309円(税込み)になる。(2023/10/19)

auとUQ mobileの「Galaxy S22」、約3万円値下げで5.8万円に
KDDIはauとUQ mobileの「Galaxy S22」を約3万円値下げし、機種代金を8万9140円から5万8400円(税込み)へ変更する。対象は全国のau取扱店、au Online Shop、UQ mobile、Galaxy Harajuku。(2023/10/18)

ドコモが中古iPhone/Androidを値下げ 「iPhone 11 Pro」「iPhone 12 mini」「Galaxy S21 5G」ほか
NTTドコモは、10月13日以降に「docomo Certified(ドコモ認定リユース品)」の対象端末を値下げ。「iPhone 11 Pro」「iPhone 12 mini」「Galaxy S21 5G」「Xperia 5 II」などが対象となる。(2023/10/13)

このご時世に値下げだと!? 幸楽苑が一部ラーメンやチャーシューなど11品の価格を見直し
その他商品は据え置き。(2023/10/11)

楽天モバイルが「Galaxy Z Flip4」を5万300円値下げ 最大9000ポイント還元も
楽天モバイルが、10月11日に折りたたみスマートフォン「Galaxy Z Flip4」を5万300円値下げ。「Galaxy Harajuku」でも同日から同価格で取り扱う。(2023/10/11)

ソフトバンクが「iPhone 14(128GB)」を値下げ 新トクするサポート適用なら約4.2万円
ソフトバンクは、9月29日に「iPhone 14(128GB)」を値下げ。14万400円(税込み、以下同)から13万7520円になり、新トクするサポートを適用して端末を返却した場合は実質4万1784円で購入できる。(2023/10/4)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。