ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「値下げ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「値下げ」に関する情報が集まったページです。

菅長官「携帯料金値下げが期待外れ」と主張の東京新聞記者に「そういう考え方が期待外れ」
菅義偉官房長官は18日の記者会見で、携帯電話会社に競争を促す改正電気通信事業法が10月に施行されるのを踏まえ、携帯料金について東京新聞の女性記者に「値下げが期待外れにみえる」と指摘されたのに対し「そういう考え方は期待外れだと思う」と反論した。政府高官は「これからどんどん下がっていく」と自信をのぞかせた。(2019/9/20)

ドコモ、“2年縛り”の違約金を1000円に値下げ 3大キャリアの対応出そろう
NTTドコモが、2年定期契約を途中解約した場合の違約金や、契約期間なしのプランの利用料を値下げすると発表した。(2019/9/17)

ドコモ、10月1日から解約金を1000円に値下げ dカードで携帯料金を払えば解約金なしに
NTTドコモが、2019年10月1日から2年契約プランの解約金を値下げする。対象は「ギガホ」「ギガライト」「ケータイプラン」。dカードで携帯料金を支払うと、2年契約プランの割引を受けつつ、解約金がなしになる。(2019/9/17)

期間限定のイベント:
日高屋が「155円ギョーザ」を投入 リニューアルに合わせて無料イベントも
日高屋がギョーザをリニューアルする。新ギョーザ発売に合わせ、期間限定で155円(税抜き)に値下げする。リニューアルの詳細は10月1日に明らかになる。(2019/9/17)

auは“2年縛り撤廃”には至らず 新料金プランは全12パターンに
auの新料金プランは、現行プランの料金は据え置きで、解約金を1000円に値下げした。改正電気通信事業法のルールにピッタリ合わせてきたが、解約金の撤廃には至らなかった。新料金プランは6種類あり、2年契約あり/なしを含めると、全部で12パターンが存在する。(2019/9/12)

UQ mobile、縛り・違約金なしの「スマホプラン」10月から提供
「UQ mobile」運営元が、契約期間と契約解除料を廃止した新料金プラン「スマホプラン」を発表。9月24日に予約受付を開始し、10月1日から提供を始める予定。契約解除料の値下げを求める総務省の要請に応じた形。(2019/9/12)

新iPhone発表で消えたモデル、残ったモデルの新価格
Appleが新iPhone、「iPhone 11」「iPhone 11 Pro」「iPhone 11 Pro Max」を発表した。残された2モデルはそれぞれ1万円以上値下げになった。(2019/9/11)

S・M・Rの3本立て:
Y!mobileのスマホ向け“分離プラン”は「スマホベーシックプラン」のリニューアル 10月1日提供開始
Y!mobileが、改正電気通信事業法とそれに伴う改正省令に対応するプランが新たに登場する。2年契約のない「スマホベーシックプラン」を値下げする形で対応するが、「L」プランについては「R」プランにリニューアルされるという。(2019/9/9)

デニーズ主力7商品、税抜き価格値下げで消費税率変更に対応
 ファミリーレストランチェーン「デニーズ」を展開するセブン&アイ・フードシステムズは6日、10月1日の消費税率引き上げに伴う商品戦略を発表した。人気の高い7品目は税込み価格を据え置くために本体価格(税抜き価格)を2%値下げするほか、新商品やリニューアルで全メニューの6割強を刷新して、値頃感と潜在ニーズの掘り起こしを進める。他社との協業で宅配や持ち帰り対応店舗も拡大し、中食市場への浸透も図る方針だ。(2019/9/6)

ソフトバンク、“2年縛り”廃止 新料金プランを発表
ソフトバンクが、契約期間と契約解除料を廃止した新料金プランを発表した。解約金の値下げを求める総務省の要請に応じた形。(2019/9/6)

KDDI、9月に料金プラン改定へ 「多くのお客さまにご納得いただけるものを出す」
KDDIが、改正事業法に合わせ、9月に料金プランを改定する。2年契約プランの割引額が170円までに抑えられるが、大幅な値下げはなさそう。「auデータMAXプラン Netflixパック」と同様、解約金は1000円で統一される見通し。(2019/8/28)

10月以降の対応:
H&M、増税後も価格据え置きで「実質値下げ」 ユニクロやしまむらの対応は?
H&Mが、10月の消費増税後も価格を変更しないと発表。「長期的なお客さまへの投資」が理由としている。H&Mは、前回の増税時にも同様の対応を取っている。ユニクロやしまむらなどは、今回の増税にどういった対応を取るのだろうか?(2019/8/28)

au、解約金1000円の「2年契約N」発表 総務省の要請に対応
KDDIは、いわゆる“2年縛り”を途中解約した場合の解約金を1000円に抑える「2年契約N」を発表した。解約金の値下げを求める総務省の要請に応じた。9月13日から提供する新プラン「auデータMAXプラン Netflixパック」に適用する。(2019/8/28)

月額170円引き、解約金は1000円――auが「2年契約N」をスタート auデータMAXプラン Netflixパックから適用
新しい総務省令の制定を見越して、auが新しい2年契約オプションを開始する。期間中の解約金は1000円と大幅値下げとなるが、月額料金の割引は170円と少なくなる。(2019/8/28)

フィリップモリス、加熱式たばこ「IQOS(アイコス)」キットを値下げ 「3」は2000円安く
「IQOS 3 キット」は8980円に。(2019/8/22)

ASUS、ゲーミングスマホ「ROG Phone(ZS600KL)」を2万円値下げ 7万9500円(税別)に
ASUS JAPANは、8月16日にゲーミングスマホ「ROG Phone(ZS600KL)」の価格を改定。従来価格の9万9500円から2万円値下げし、7万9500円(税別)で提供する。(2019/8/16)

8月20日から:
ファミマ新作中華まん発表 人気の「チーズ肉まん」は値下げしてリニューアル
ファミリーマートが2019年度の中華まんを発売する。8月20日から。今年は既存商品のブラッシュアップと新たな定番商品の確立がテーマ。今人気のあの食材に注目した。(2019/8/9)

石野純也のMobile Eye:
2019年度は減収減益スタートのドコモ 新料金プランは順調? 解約金1000円の影響は?
ドコモは料金を最大で4割値下げした「ギガホ」「ギガライト」の影響を受け、2019年度は減収減益スタートとなった。新料金プランの7月23日時点での申し込み件数は375万にのぼる。「違約金1000円」や「割引上限2万円」の影響は、見極められない部分もあるという。(2019/7/27)

NTTドコモ、19年度第1四半期は減収減益 値下げプランや「d払い」20%還元など影響
NTTドコモの19年度第1四半期は減収減益だった。月額料金を最大4割値下げした新プラン「ギガホ・ギガライト」を6月にリリースしたことや、「d払い」の20%還元キャンペーンなどを行ったことが響いた。通期の連結業績予想は据え置く。(2019/7/26)

ドコモが「Pixel 3」と「Pixel 3 XL」を値下げ どちらも6万9984円(税込み)に
NTTドコモが、Googleのスマートフォン「Pixel 3」と「Pixel 3 XL」を7月26日から値下げした。値下げ後の価格は2機種とも6万9984円(税込み)。「スマホおかえしプログラム」適用後の実質価格は、「Pixel 3a」の一括価格と同じ4万6656円になる。(2019/7/26)

ドコモが「iPhone XS/XS Max(512GB)」「Galaxy S9」など5機種を値下げ
NTTドコモが7月19日にスマートフォンを値下げした。「iPhone XS」や「iPhone XS Max」など5機種。iPhone XSとXS Maxは512GBモデルのみが対象。(2019/7/24)

低価格路線のランチメニュー:
リンガーハットが「370円ランチ」を新設 一番人気のセットも値下げ
リンガーハットが新ランチメニューを8月1日から展開する。一番人気のセットを値下げする。新設した370円ランチは牛丼やうどんのチェーンの脅威になるか。(2019/7/24)

ケンタッキー、軽減税率の導入後も「店内・持ち帰りとも同じ価格」に 外食企業の対応はどうなる?
ケンタッキーの場合、店内では実質値下げになります。(2019/7/20)

マネックスが楽天証券に追随 米国株最低手数料を1セントに
米国株取引手数料の引き下げが相次いでいる。手数料率自体は、取引額の0.45%から変わらないが、最低手数料が大きく下がった。マネックスが値下げの先陣を切り、楽天証券がそれを上回る値下げ。マネックスも追随したかっこうだ。(2019/7/8)

米国株の取引手数料で値下げ合戦 マネックス「0.1ドル」発表、翌日に楽天証券「0.01ドル」
米国株取引のハードルが下がりそうです。(2019/7/5)

組み込み開発ニュース:
ソラコムが通信料を値下げ、100万回線達成のスケールメリットをユーザーに還元
ソラコムは携帯電話回線を用いたIoT向けデータ通信サービス「SORACOM Air for セルラー」のうち「グローバルSIM」の名称を「SORACOM IoT SIM」に変更する。これに合わせて、IoT SIMのデータ通信料金の値下げを実施。国内におけるIoT SIMの通信容量1MB当たりの料金は0.2米ドルだったが、10分の1の0.02米ドルで利用できるようになる。(2019/7/2)

週末アキバ速報:
500GB級SSDの特価が続々! 5000円を切るモデルも
今週末のアキバは、複数のショップで480〜512GB SSDの特価が目立っている。台数限定で税込み5000円を切るモデルもあるが、「全体的に値下がりしている」とのコメントも。(2019/6/22)

解約金の値下げ、端末割引と長期利用割引の規制――総務省の新政策は何が問題なのか?
総務省が研究会で提案した「解約金1000円」「端末割引2万円まで」「長期利用割引の規制」は、寝耳に水という印象。「1000円」「2万円」という数字はいずれも根拠に乏しく、構成員からも疑問の声が多く挙がった。総務省が提示した制度案の問題点を整理する。(2019/6/20)

フィーチャーフォンからの乗り換え意向、格安SIMが3キャリアを上回る MMD研究所調べ
MMD研究所が「2019年5月FPユーザーのスマートフォン乗り換え検討調査」の結果を発表。フィーチャーフォンからスマホへの乗り換え経験者に良かったことを聞いたところ「コミュニケーションツールが簡単に楽しめる」がトップ。スマホへの乗り換え意向は格安SIMが3キャリアを上回り、情報の認知は「菅官房長官の4割値下げ」が最も高くなった。(2019/6/18)

石野純也のMobile Eye:
「解約金値下げ」と「端末割引の制限」、キャリアはどう考える? ドコモ料金制度室長に聞く
総務省の有識者会議で、2年契約に関する話題が議論されている。この会議で、端末購入補助について踏み込んだ提案をしたのが、NTTドコモだ。同社は上限を3万円までと明記し、その根拠も明かした。なぜ3万円なのか? 解約料の値下げも含め、ドコモの料金制度室長の田畑智也氏に話を聞いた。(2019/6/15)

イオンモバイルが30GB以上の大容量プランを最大1820円値下げ 7月1日から
イオンモバイルは、7月1日から30GB以上の大容量プランを値下げする。最大値下げ幅は月額1820円で、既存ユーザーにも自動適用される。値引きに先駆けて「納得!夏得!キャンペーン2019」も実施する。(2019/6/12)

携帯2年契約の解約料が1000円に値下げ? 総務省「決まった事実はない」
ドコモ、au、ソフトバンクの2年契約プランの解約料を、9500円から1000円に値下げすると新聞各社が報じた。これは電気通信事業法の改正に基づくもの。実現したら、ユーザーは他キャリアやMVNOへ移行しやすくなるが、現時点では「決まったことはない」とのこと。(2019/6/10)

新規契約が条件:
楽天モバイル、「楽天スーパーSALE」で10機種を最大約89%値下げ 一部機種は「タイムセール」で登場
楽天モバイルが「楽天スーパーSALE」に合わせて、スマホやケータイ計10機種を値下げ。ドコモ回線の通話SIMの新規契約者を対象に「AQUOS R compact SH-M06」「ZenFone 5(ZE620KL)」などを最大約89%引きで提供する。「LG Q Stylus」「Find X」「R17 Pro」については、最大約70%オフにするタイムセールを行う。(2019/6/4)

石川温のスマホ業界新聞:
キャリアの在庫端末処分には「総務省へのお伺い」が必要――日本のスマホ市場に自由競争は存在するのか
分離プランの徹底に伴い「型落ち端末の在庫処分をどうするのか」という課題が浮上している。何と、現状では総務省に対して「お伺い」を立ててから値下げすることになっているという。総務省がそこまで口出しをする必要はあるのだろうか。(2019/5/31)

COMPUTEX TAIPEI 2019:
HPの「VR Backpack」、新モデルは30%性能アップ、少し値下げで今夏登場
HPがVRヘッドセットと接続して背負うバックパック型ウェアラブルワークステーション「HP VR Backpack G2」を発表した。日本でも販売しているBackpack G1の後継モデルで、性能は30%アップし、米国での販売価格は500ドル安くなった。今夏登場予定。(2019/5/29)

「Google Glass」新モデル、大幅アップデートし999ドルで発売へ
Googleが、企業向けAR機能搭載のメガネ型コンピュータ「Google Glass Enterprise Edition」の新モデルを発表した。プロセッサなどのスペックが強化され、価格は1500ドルから999ドルに値下げされた。チームはXを卒業し、Google VRチームに統合される。(2019/5/21)

Mobile Weekly Top10:
ドコモの新料金が親に「言いづらい」理由とは?/auとドコモが夏モデル発表
ドコモの新料金プランへの移行をシミュレーションすると、多くのユーザーには何らかの「値下げ」効果があります。しかし、料金の安い・高い“ではない”面における課題もあります。(2019/5/20)

“値下げ”しても業績伸ばす――KDDI、19年度は増収増益予想 ドコモと真逆の展開に
KDDIの19年3月期の連結業績は増収増益だった。20年3月期は値下げした新プランをリリースするが、すでに利益への影響があったとしてさらなる増収増益を予想。値下げの影響で減収減益を予想するNTTドコモとは対照的な展開が見込まれる。(2019/5/16)

スマホ料金、分かりにくい「最大4割値下げ」表記 元Mobile記者が検証する
スマホ料金の「最大4割値下げ」は本当か、これまでも料金プランの解説記事を編集・執筆してきた記者が検証する。(2019/5/15)

KDDI、“4割値下げ”新プランでドコモに対抗 「容量上限なし」のプランも
KDDIは、新料金プラン「新auピタットプラン」「auフラットプラン 7プラス」を6月1日から提供する。いずれも各種割引を併用すると、従来プランよりも4割安くなる。(2019/5/13)

「意地悪な条件は付けていない」 NTTドコモに聞く、新料金プランの疑問点
ドコモは6月1日に導入する新料金プラン「ギガホ」「ギガライト」を発表した。シンプル化と同時に、料金水準を最大で4割値下げし、競争力を強化するのがプラン改定の狙いだ。一方で値下げが実感できないという声もある。ドコモ担当者に疑問をぶつけた。(2019/5/10)

石野純也のMobile Eye:
ドコモの新料金プランは本当にお得なのか? 業界に与える影響は?
ドコモの新料金プランは、単に金額が上下しただけでなく、料金体系そのものが抜本的に変わっている。キーワードは「シンプル化」と「最大4割の値下げ」。改めて新料金プランの中身を振り返るとともに、ドコモの戦略や今後予想される業界の動きを予測する。(2019/4/20)

ドコモ、新料金プラン発表 “月サポ”廃止
ドコモは新料金プラン「ギガホ」「ギガライト」を発表。回線料金を従来から最大4割値下げしたという。6月1日から提供を開始する。(2019/4/15)

ドコモ、4月15日15時に新料金プランを発表 Twitterで中継も
ドコモの新料金プランが、4月15日15時に発表される。Twitterで告知しており、中継も行う。同社はかねて、新プランで2〜4割値下げすることを予告していた。(2019/4/15)

auの「Xperia XZ3」が値下げ 一括7万円台半ばに
KDDIが、3月30日からauのスマートフォン「Xperia XZ3 SOV39」を値下げ。税込で7万5600円に。3キャリアでは最も安い。(2019/4/10)

Apple、HomePodを50ドル値下げ
中国でも発売された、日本未発売のHomePodが値下げされた。(2019/4/5)

Apple、中国でiPhone値下げ Macも
Appleの中国での値下げは、為替レートの変化に応じた価格改定と考えられる。(2019/4/1)

不当に値下げを求められても「自分を安売りするな!」 ハンドメイド作家へ喝を入れる漫画に「その通り」と支持の声
「原価はたかがしれているから」と言われても、いろんな対価が詰まっているのです。(2019/3/31)

モバイルフォーラム2019:
分離プランで“端末割引”はどうなる?/接続料によらない仕組みとは?
テレコムサービス協会のMVNO委員会が主催した「モバイルフォーラム2019」では、「激動のモバイル業界 MVNOの発展に必要な競争環境とは?」と題して関係者によるパネルディスカッションが行われた。前編では、ドコモの値下げや分離プラン、接続料の話題を紹介する。(2019/3/15)

MacBookが期間限定で約2万6000円値下げ
Appleの12型Retinaディスプレイ搭載ノートPC「Macbook」が期間限定で値下げされている。ショップによって異なるが、2万6000円ほど安く購入可能だ。(2019/3/9)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。