ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「値下げ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「値下げ」に関する情報が集まったページです。

Google、サブスクと書籍・音楽のアプリストア手数料を実質値下げ
GoogleはAndroidアプリストア「Google Playストア」の有料アプリ登録手数料をまた変更する。サブスクリプションベースのアプリの手数料は初年度から15%になる。電子書籍とオンデマンド音楽ストリーミングサービスは最低10%になる。(2021/10/22)

Apple、「AirPods (2nd generation) 」値下げ 第3世代登場で
AirPods新モデル登場で、旧世代のAirPodsが値下げされた。(2021/10/19)

MVNOに聞く:
「新料金プランの220円値下げ」や「キャリアの端末販売」の狙いは? イオンモバイルに聞く
イオンモバイルが10月1日から、新料金プランをさらに220円値下げした。ドコモ回線に関してはオートプレフィックスも導入して、標準の電話アプリ経由での通話が原則として「イオン電話」と同じ扱いになった。10月1日にSIMロックが原則として禁止になることを見越して、キャリア端末とイオンモバイルの回線のセット販売を店頭で訴求していくという。(2021/10/14)

B2Cに本格参入:
メルカリ内にネットショップを開設できる「メルカリShops」、全事業者に提供開始 値下げ交渉に応じる必要なし
メルカリ子会社のソウゾウは、事業者向けネットショップ開設支援サービス「メルカリShops」(メルカリショップス)の本格提供を始めた。期間限定で、通常10%の販売手数料を無料にするキャンペーンの実施も併せて発表した。(2021/10/7)

メルカリ内でショップを開ける「メルカリShops」開始 値下げ交渉なしで販売可
メルカリ子会社のソウゾウが、フリマアプリ「メルカリ」内でネットショップを開設できるサービス「メルカリShops」の提供を、全ユーザー向けに始めた。開設は無料で、販売手数料は売上金の10%。個人間取引と違って値下げ交渉に応じる必要がない点が特徴という。(2021/10/7)

メガネ型デバイス「JINS MEME」に新モデル 小型軽量化で価格は半分 「テック好きでなくてもかけられるように」
ジンズが、メガネ型デバイス「JINS MEME」(ジンズミーム)の新モデルを10月14日に発売する。「テック好きでなくてもかけられるように」として小型軽量化した他、デザインを一新。価格も旧モデルから値下げし、1万9800円で提供する。(2021/10/6)

ドコモの完全子会社化は携帯値下げの代償とは認められず 総務省が会食問題で最終報告
2016年から2020年にわたってNTTグループ幹部と総務省職員の間で開かれたとされる会食問題について、総務省が最終報告書を公開した。多くの資料が文書、データともに提出され、慣行となっていた両者の会食や総務省職員の認識についても報告されている。(2021/10/4)

auとUQ mobile、iPhone 12シリーズを値下げ
auとUQ mobileは、iPhone 12シリーズの販売価格を改定。auでは「スマホトクするプログラム」対象機種となり、iPhone 12(64GB)をauでMNP契約した場合は実質負担額が2万9405円(税込み)になる。(2021/10/1)

違約金廃止も:
携帯プラン、大手各社が大幅値下げで競争激化
約1年の菅義偉政権が残した成果の一つが携帯電話料金の引き下げだ。大手各社が大幅に値下げした料金プランを発表後も、「2年縛り」の違約金廃止や、割安プランの「基本料金0円」など、競争は激化している(2021/10/1)

振込手数料競争勃発、GMOあおぞら、住信SBI銀が追加値下げ 最安は75円に
10月に全国銀行資金決済ネットワーク(全銀ネット)が銀行間手数料を引き下げることを受けて、各銀行で振込手数料引き下げの動きが進んでいる。特にネット銀行においては、「最安」の座を巡って最後まで値下げ競争が続いている。(2021/9/30)

Y!mobileがiPhone 12/12 miniを値下げ ヤフー店の特典もリニューアル
Y!mobile公式オンラインストアは、新規/MNPでのiPhone 12/12 mini機種代金を6万4800円〜7万7040円(税込み)に値下げ。ヤフー店ではPayPayボーナスが貰える特典をリニューアルする。(2021/9/30)

楽天モバイル、iPhone 12 ProとiPhone 12 Pro Maxを値下げ 4キャリアで最安に
iPhone 12 Proシリーズを販売する4キャリアの中で最も安く。(2021/9/28)

正式決定する見込み:
千葉県の北総鉄道、来年秋ごろ運賃値下げへ
北総鉄道は、他社と比べて割高とされる運賃を来年秋ごろにも値下げする方針を示した。(2021/9/26)

ソフトバンクが「iPhone 12」シリーズを値下げ 9月24日から
ソフトバンクが、9月24日から「iPhone 12」シリーズを値下げする。iPhone 12は9万5040円から、iPhone 12 Proは11万8080円からになる。いずれも「トクするサポート+」の対象。(2021/9/24)

auとUQ mobileがオンラインショップでの「iPhone 12 mini」「iPhone 11」の販売価格を一部値下げ auなら「スマホトクするプログラム」も適用可
au Online ShopとUQ mobileオンラインショップにおける「iPhone 12 mini」「iPhone 11」の販売価格が一部値下げされた。au Online Shopであれば、残価設定型の分割払いにも対応する。(2021/9/17)

楽天モバイル、iPhone 12シリーズやiPhone SEを値下げ
楽天モバイル公式サイトと楽天モバイルショップが「iPhone 12 mini」「iPhone 12」「iPhone 12 Pro」「iPhone 12 Pro Max」「iPhone SE」の販売価格を改定した。(2021/9/16)

Apple、iPhone 11を再び値下げ、256GBモデルの販売を終了 iPhone 13発表で価格改定
iPhone 12発売時に値下げしたiPhone 11。iPhone 13発売の今回も値下げされた。(2021/9/15)

Apple、iPhone 12 miniとiPhone 12を値下げ iPhone 13発表で
iPhone 13発表に合わせ、旧モデルのiPhone 12と12 miniが値下げされた。(2021/9/15)

新iPhone登場で残ったモデルの容量構成と新価格は?
Appleは製品発表イベントで「iPhone 13」シリーズを発表した。同時にWebサイトのiPhoneラインアップが変わり、3モデルが販売終了。残ったモデルはすべて値下げされた。(2021/9/15)

携帯料金競争再び KDDIは楽天より安く
KDDIが携帯電話のオンライン手続き専用のブランド「povo」(ポヴォ)について、楽天モバイルと同様に月額基本料金が無料となる新たな料金プランを発表したことで、携帯各社の値下げ競争は再び熱を帯びてきた。新プランでは、基本料金を0円として事実上撤廃し、90日間でデータ通信量60GBまで利用できるサービス(税込み6490円)などを追加購入する。9月下旬から始める。(2021/9/15)

y.u mobile、5GBのシングルプランを月額1070円に値下げ
Y.U-mobileは、10月1日にMVNOサービス「y.u mobile」でシングルプランの月額料金を1639円(税込み、以下同)から1070円へ改定。同時に10GBチャージを1650円から1200円へ値下げする。(2021/9/14)

値下げ競争:
携帯料金競争再び KDDIは楽天より安く
KDDIが13日、携帯電話のオンライン手続き専用のブランド「povo(ポヴォ)」について、楽天モバイルと同様に月額基本料金が無料となる新たな料金プランを発表したことで、携帯各社の値下げ競争は再び熱を帯びてきた。(2021/9/14)

IIJ、国内通話料金を半額に アプリ通話と同額に値下げ
IIJが、個人向けのMVNOサービス「IIJmio」で、専用アプリなどを使わない国内通話の料金を値下げする。これまでは30秒22円だったが、11日から11円に改訂する。総務省が主導する、音声卸料金値下げとの関係についてはコメントを控えた。(2021/9/9)

IIJmioの音声通話料金、みおふぉんダイアルなしで11円/30秒に
9月11日から、IIJmioの音声通話料金を30秒あたり22円から11円に値下げする。「みおふぉんダイアル」アプリを使用しなくても11円になる。タイプD(ドコモ回線)とタイプA(au回線)のどちらも値下げの対象。(2021/9/9)

中国の不動産市場、過熱抑制策で「バブル崩壊」か
 中国の不動産市場は、政府の過熱抑制策を受けて調整局面に入った。政府は昨年夏頃から不動産企業の過剰投資・過剰債務、住宅価格の高騰を警戒し、住宅ローン総量規制や住宅購入規制、不動産企業の資金調達条件の厳格化などの対策を講じてきた。この結果、住宅の売れ行きは本年春頃に鈍化し始め、夏には落ち込みが鮮明となった。不動産企業による値下げの動きも増えている。一部では、政府の抑制策が不動産バブルの崩壊を招くという見方もある。しかし以下の3点を背景に、今のところ、不動産価格の急落や不動産開発投資の急減といった深刻な調整が起こる状況にはないと考えられる。(日本総合研究所調査部主任研究員 関辰一)(2021/9/9)

今あらためて割高な高速バイク料金値下げを求める!!【五輪上乗せで判明=料金システム改修は実現可能だ】
東京オリンピックの実施期間中、首都高速でバイクを含む乗用車に通常から+1000円の値上げが行われた。さらに今後こうした「ロードプライシング」を普段から行う方針が明らかに。値上げは即実行するのに、一方で「システム改修が困難」として割高な2輪料金の値下げは後回しにされてきた…。怒りも込めつつ関係者を直撃した!(2021/9/5)

楽天モバイル、公式 楽天市場店でiPhoneを値下げ ポイント20倍も
楽天モバイル公式 楽天市場店が、9月3日10時からiPhoneシリーズを値下げ。「Rakuten UN-LIMIT VI」とのセット購入で、楽天ポイントが抽選で最大20倍になるキャンペーンも行う。(2021/9/3)

無印“人をダメにするソファ”値下げ、7990円に 登場から19年、200万個販売
“人をダメにするソファ”値下げ。従来、9990円で販売していたが、7990円に。他にも多数の商品を随時値下げしている。(2021/9/1)

無印良品が値下げ 「素材を生かしたカレー」など約200品目が対象
約50%のプライスダウンになる商品も。(2021/9/1)

GMOあおぞら銀、振込手数料さらに値下げ86円に スタートアップ企業向け特典も
GMOあおぞら銀行は8月31日、他行宛ての振込手数料をさらに値下げし、個人の場合で86円とすると発表した。これまでの発表の中では、住信SBIネット銀行の88円を抜いて最安値となると見られる。(2021/8/31)

最大50%の値下げも:
無印良品、約200品目の大規模な値下げ おうち時間の充実消費を狙う
良品計画が約200品目の大幅な値下げを発表した。コロナ禍でのおうち時間の充実させるための消費を取り込む狙いだ。どのような商品が値下げ対象になるのだろうか?(2021/8/31)

Y!mobileの「Redmi 9T」、MNPなら360円に 「iPhone 11」の値下げも
ソフトバンクが8月26日、Xiaomi製のスマートフォン「Redmi 9T」を発売した。価格は2万1960円(税込み、以下同)だが、Y!mobileオンラインストアではMNPや新規契約を対象とした割引施策を実施している。MNPだと360円、新規契約だと4680円になる。(2021/8/27)

MVNOに聞く:
「どうしても最安値を取りに行きたかった」 HISモバイル「格安ステップ」の狙いを聞く
HISモバイルの新料金プラン「格安ステップ」では、1GBと3GBが特に安価に設定されている。卸価格が値下げされたことで、通話料金も30秒あたり11円に抑えた。「ステップ」と言いながらも、実は段階制プランではない。同プランの狙いを猪腰英知社長に聞いた。(2021/8/27)

8月27日から:
KEYUCA、キッチンツールやソファなど100品以上を値下げ 幅広い層へ訴求を図る
河淳(東京都中央区)が展開するライフスタイルショップ「KEYUCA(ケユカ)」は8月25日、キッチングッズやバスアイテムなど、100アイテム以上を値下げすると発表した。(2021/8/25)

ゆうちょ銀行、振込手数料一律165円に値下げ ただし11月1日から
ゆうちょ銀行は11月1日から、インターネットバンキングに限り振込手数料を一律165円に値下げする。従来は、5万円未満が220円、5万円以上が440円だった。(2021/8/24)

auじぶん銀行、10月から振込手数料を99円に
auじぶん銀行は8月19日、10月1日から他行宛ての振込手数料を改定し、99円に値下げする。auじぶん銀行宛て、三菱UFJ銀行宛ては従来通り無料とする。また、同社の利用状況に応じて、振込手数料が月間1〜15回まで無料になる優遇措置も提供する。(2021/8/19)

グーグル、廉価版5Gスマホ「Pixel5a」発表 前機種から2万円値下げ
グーグルは8月18日、新型の5Gスマートフォン「Pixel5a」を日本と米国で発売すると発表した。グーグルの5Gスマホは3機種あるが、Pixel5aは最も安い5万1700円。本日からグーグルストアのほかソフトバンクで予約を受け付け、8月26日に発売する。(2021/8/18)

Googleの完全ワイヤレスイヤフォン「Pixel Buds」に廉価版 音質を維持しつつも直販価格は1万1900円に
Googleの完全ワイヤレスイヤフォン「Pixel Buds」に、廉価版「Pixel Buds A-Series」が登場する。基本スペックは維持しつつ、ウィンドノイズの低減機能などを省くことで8800円(直販価格ベース)の値下げを実現した。(2021/8/18)

イオンモバイル、音声プランの月額基本料金と音声SIMカード追加料金を220円値下げ 10月から
イオンモバイルは、10月1日から音声プランとシェア音声プランの月額基本料金、音声SIMカード追加料金をそれぞれ220円値下げする。合わせてアプリを利用しない国内通話料金の値下げ、イオン限定「AQUOS sense4やさしいスマホ2」の販売も発表した。(2021/8/16)

石野純也のMobile Eye:
“キャリア端末”のセット販売を仕掛けるイオンモバイル SIMロック禁止で変わる端末販売の在り方
イオンモバイルが10月から料金プランの値下げをするが、それ以上に衝撃的だったのが、端末販売の新戦術だ。イオンリテールは、大手キャリア3社の販売するスマートフォンと、イオンモバイルのSIMカードをセットで販売していく方針。同様の方法で販売を行うMVNOが増えてくると、キャリアとメーカーの在り方に与えるインパクトも大きくなる。(2021/8/14)

マネックス、信用取引手数料を100万円超で値下げ ネット証券横並びに
マネックス証券は8月23日約定分から、信用取引手数料を値下げする。1注文あたり100万円超の手数料を最大で65%引き下げ、385円に統一する。(2021/8/13)

イオンモバイルが料金改定 音声/シェア音声を220円値下げで“業界最安級”に 「フルかけ放題」も
イオンリテールが、MVNOサービス「イオンモバイル」の料金改定を発表した。2021年10月1日から、音声プランと音声シェアプランの月額料金と音声SIM追加料金を、を現行の440円から220円に値下げする。10月1日から、国内通話料金を現行の30秒あたり22円から11円の半額に値下げし、120分のかけ放題も提供する。(2021/8/12)

値下げの影響で「iPhone 8」がランクアップ ゲオの中古スマホ7月ランキング
ゲオは、8月10日に「ゲオ中古スマートフォン7月月間ランキング」を発表。販売ランキングはゲオでの販売価格が下がった影響により、ドコモやソフトバンクの「iPhone 8」が大きくランクアップしている。(2021/8/11)

IIJmioは純増に転ずるも減収 LINEMOのミニプランは「現時点で影響なし」――IIJが2021年度第1四半期決算を発表
IIJ(インターネットイニシアティブ)が2021年度第1四半期の連結決算を発表した。個人向けの「IIJmio」は契約者数が純増に転じたものの、料金の値下げによって減収となった。一方で、法人向け事業は一部を除き順調に推移し、全体としては「増収増益」の決算となった。(2021/8/10)

石野純也のMobile Eye:
ソフトバンクとドコモの決算を振り返る ahamoやLINEMOなど新料金の影響は?
ソフトバンクは8月4日、ドコモは8月6日に第1四半期の決算を発表した。業績自体は好調ながら、どちらも2月、3月以降の料金値下げや新料金プランの導入が響き、通信料収入は減収に見舞われている。一方で、ソフトバンクとドコモを比較すると、中身には少々違いがある。(2021/8/7)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
“日本一高い”北総鉄道は値下げできるのか 「やはり難しい」これだけの理由
千葉ニュータウンを走る北総鉄道は日本一運賃が高い鉄道の1つ。理由は膨大な建設費が運賃に乗っていたから。しかし6月23日発表の決算には、2022年に累積損失を解消、値下げを検討するとある。値下げされても残念ながら相場より高い運賃が続く懸念がある。そこで筆者が、確実に値下げする方法を考えてみた。(2021/8/6)

auの「Speed Wi-Fi HOME 5G L11」は8月6日発売 専用プランは提供条件を一部変更
発売が延期されていたauの5Gホームルーターが、8月6日に発売されることになった。ただし、専用プランに仕様変更があり、月額料金が値下げされた代わりに契約住所以外での利用が制限される。(2021/8/5)

9月1日から:
良品計画、イデーの商品12アイテムを値下げ 巣ごもり需要拡大でインテリア市場は好調
良品計画は、展開するインテリアブランド「イデー(IDÉE)」の商品12アイテムの価格を9月1日から見直すと発表した。(2021/8/4)

21年4〜6月期:
KDDI、通信料値下げでも増収増益 金融事業が成長ドライバー
KDDIは2022年第1四半期の連結業績を発表した。MVNOの台頭やサブブランドUQ mobile、povoへのユーザーの移行が進み、通信料が下がったにもかかわらず、増益増収を達成した。成長を支えたのは金融事業だという。決算の詳細を見ていこう。(2021/7/31)

高品質で低価格を目指す:
IKEA、ワゴンやベッドフレームなど200点以上を値下げ
イケア・ジャパンが、人気商品など200点以上の商品を値下げすると発表した。(2021/7/29)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。