ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「値下げ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「値下げ」に関する情報が集まったページです。

カプコン、PSPゲームのダウンロード版を一律500円に値下げ
カプコンは14日、PSP(プレイステーション・ポータブル)向けタイトルのダウンロード版を500円に値下げすると発表した。(2021/7/14)

SBI証券、1日100万円超の手数料値下げ 1日信用の金利も50万円以上で無料に
SBI証券がさらに手数料の削減に乗り出す。7月19日から、1日定額手数料のアクティブプランのさらなる値下げと、返済期限が当日となる「日計り信用」の買方金利、貸株料を値下げする。(2021/7/9)

トヨタ「EV」時代に「水素」で大逆転? バイデン政権が価格の大幅値下げ敢行へ
 二酸化炭素(CO2)削減に向け、大転換期を迎えている自動車業界。各社が電気自動車(EV)に関する長期ビジョンを発表する中、気候変動問題に注力するジョー・バイデン米政権が水素の生産コストを大幅に引き下げる目標を発表した。これまでの流れに一石を投じるものになるのか。(2021/7/9)

石川温のスマホ業界新聞:
武田総務相「今春値下げで年間4300億円の国民負担軽減につながった」――KDDIとソフトバンクは年間6〜700億円の収益減。計算は合うのか?
武田良太総務大臣が「携帯電話の料金値下げで年間4300億円の国民負担軽減につながった」という旨の発言をした。しかし、携帯キャリアの減収予測を積み重ねても、そこまでの額にならない。一体、何を根拠にしたのだろうか?(2021/7/9)

GMOあおぞら銀、振込手数料を145円に値下げ 業界最安値目指す
GMOあおぞらネット銀行は10月1日から、他行宛ての振込手数料を一律値下げする。従来157円〜261円だった手数料を、法人個人ともに一律145円とする。「今後も業界最安値水準を目指す」としている。(2021/7/6)

契約期間は5年短縮:
自動車保険は値下げするのに、火災保険料がどんどん値上げするワケ
損害保険料算出機構が、火災保険の参考純率を全国平均で10.9%引き上げると発表。22年1月から値上げされる見通し。(2021/7/2)

組み立て式の教育向けタブレットPC「Kano PC」が数量限定で値下げ 2000台限定で税込み1万9800円
リンクスインターナショナルは、同社取り扱いの教育向けタブレットPC「Kano PC」の価格改定を発表した。(2021/7/1)

携帯料金、値下げ効果はいくら? 総務省など調査
総務省と消費者庁は29日、携帯電話料金の引き下げに向けてそれぞれの大臣をトップとした会合を開き、政府主導の値下げによる国民負担の軽減効果を公表した。(2021/6/29)

MVNOに聞く:
新料金プラン「マイピタ」が好調のmineo 1.5Mbps使い放題のサービスに踏み切った狙いは?
MVNOの中でいち早く料金値下げに踏み切った「mineo」。6月からはデータ容量超過後の通信速度を1.5Mbpsに高め、以降を使い放題にする「パケット放題Plus」を導入した。新料金プラン「マイピタ」からパケット放題Plusの狙いまで、mineo事業を統括する福留康和氏に聞いた。(2021/6/29)

「Steam」サマーセールが今年も到来! 「SEKIRO」半額ほか、「NieR」「Hades」「Among Us」など話題作をがっつり値下げ
いつものやつ(Portal)は2作セットで180円!(2021/6/25)

NTT東西、固定電話から携帯への通話料金を値下げ 10月1日から
NTT東日本とNTT西日本が、固定電話から携帯電話への通話料金を2021年10月1日から値下げする。通話料金の設定権がNTT東日本とNTT西日本に移行することで、NTT東西が通話料金を設定できるようになった。10月1日以降は1分あたり一律で17.6円となる。(2021/6/22)

楽天モバイルが「AQUOS sense4 lite」「OPPO A73」を2万5001円に値下げ キャンペーンで実質1円に
楽天モバイルは、6月22日に「AQUOS sense4 lite」と「OPPO A73」の本体価格を2万5001円(税込み)に値下げ。キャンペーンを併用すると楽天ポイントが最大2万5000ポイント還元されるため、実質1円で購入できる。(2021/6/22)

NTT東西、固定電話から携帯への通話料金を値下げ 「総務省からの要請に対応」
NTT東日本と西日本は、固定電話とひかり電話から携帯電話への通話料金を2021年10月から値下げする。値下げ後の料金は、メインキャリア3社や楽天モバイル、MVNO全て一律で17.6円/分、公衆電話からも同様に10円/15.5秒となる。(2021/6/22)

MVNOに聞く:
石田社長に聞くトーンモバイルの現状 新スマホ「TONE e21」の狙いから、値下げ競争の影響まで
トーンモバイルが4月の新スマホ「TONE e21」を発売した。スペックを向上させつつ、新機能の「Oneメッセンジャー」や「One Drop」に対応している。この新モデルを投入した狙いや、ここ数カ月の料金値下げ競争が同社に与えた影響を中心に、フリービットの石田宏樹社長に聞いた。(2021/6/22)

ファミリーマート、「ポケチキ」を5個200円→4個140円に値下げ 「もっと手軽に食べたい」との要望に応えて
1個あたりの価格は40円→35円に。(2021/6/15)

音声通話、光回線にメス 総務省さらなる料金値下げへ
総務省が、携帯電話市場や、光回線などインターネットの固定通信市場の競争活性化を議論する有識者会議を開き、料金が高止まっている音声通話の値下げを目指す方向性を示した。携帯電話のデータ料金の値下げに続き、通信にかかる費用全体の低廉化につなげる。(2021/6/2)

Mobile Weekly Top10:
「OCN モバイル ONE」新料金プランの狙いは?/「Galaxy S21 Ultra 5G」は望遠カメラに注目
NTTコミュニケーションズが「OCN モバイル ONE」の料金プランを改訂しました。20GB以上のプランの新規申し込みを終了する一方で、10GB以下のプランは値下げするという構図です。(2021/6/1)

総務省、携帯の音声料値下げを検討へ 従量料金は10年以上変化なし
総務省が5月31日に開催した「競争ルールの検証に関するWG(第19回)」にて、携帯電話の音声通話料金の見直しが議題に挙がった。携帯キャリアの音声通話料金は、従量課金だと30秒あたり22円(税込み)で10年以上変化がない。3キャリアは「実質的な音声通話料は下がっている」と説明した。(2021/6/1)

ポケモンGOの夏フェス、色違いポケモン大量追加に「アンノーン」も チケットは610円に値下げ
ポケモンGO恒例の有料イベント「Pokemon GO Fest 2021」が7月17日と18日に開催されます。昨年に続いて誰でもチケットを購入すれば参加できます。(2021/5/29)

SIMロックを原則禁止に 携帯乗り換え促進で総務省が報告書
 総務省は24日、携帯電話会社の乗り換えを促すための有識者会議を開き、自社回線でしか通信ができなくなる機能の原則禁止を求めることなどを盛り込んだ報告書をまとめた。菅義偉(すが・よしひで)政権による値下げ要求で、携帯大手による価格競争は起きたが、料金水準やサービス内容はむしろ均一化している。業界内の競争を活性化し、消費者に質の高い通信環境を安価に提供するという本来の目的を達成するには、より踏み込んだ施策が必要だ。(2021/5/25)

MVNOに聞く:
「OCN モバイル ONE」新料金プランの狙いを聞く ドコモとの連携はどうなる?
大手MVNO各社の値下げする動きに対抗する形で、NTTコミュニケーションズの「OCN モバイル ONE」も、4月1日に新料金を導入した。料金水準は1GB/月コースが770円(税込み、以下同)、3GB/月コースが990円と、他社と比べても見劣りしない金額に抑えられている。満を持して新料金プランを投入したOCN モバイル ONEだが、その狙いはどこにあるのか。(2021/5/25)

石川温のスマホ業界新聞:
KDDI、ソフトバンクは値下げ影響で年間700億円規模の減収予想――新規契約者増、ARPU増で通信料収入の復活は可能か
MNO各社が決算説明会を相次いで開催した。KDDIやソフトバンクでは、携帯電話料金の値下げによって2021年度の1年間で700億円規模の減収を予想している。NTTドコモも含めて、ARPU(1ユーザー当たりの平均収入)を増やすことは可能なのだろうか……?(2021/5/21)

石野純也のMobile Eye:
新料金プランが好調も、値下げの影響をどうカバーする? 4キャリアの決算を振り返る
NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクの2020年度決算と、楽天の第1四半期決算が出そろい、新料金プラン導入後の状況が徐々に見えてきた。中でも、オンライン専用の料金プランは各社とも好調に推移していることがうかがえる。それに伴う減収影響も徐々に拡大していく見込みだが、非通信領域でカバーしていく。(2021/5/15)

povoは「100万契約が見えてきた」とKDDI高橋社長 UQ mobile統合は「やってよかった」
2020年度のKDDIは、金融やコマースなどの非通信領域が好調で増収増益となった。通信サービスはau、povo、UQ mobileのマルチブランドで展開し、いずれも5Gサービスを積極推進していく。携帯料金値下げの影響は600億〜700億円ほどだが、2021年度も非通信領域でカバーしていく。(2021/5/14)

5Gサービスは「309万契約」 ahamoは「100万契約超」――NTTドコモ2020年度通期決算説明会
NTTドコモが2020年度の通期決算を発表した。通信事業は前年度比で減収したものの増益は確保。2021年度は、料金値下げの影響で通信事業で減益予想となっているが、5Gへの投資は強化するという。(2021/5/12)

携帯料金値下げで−700億円の影響も、増益を目指すソフトバンク PayPayの収益化も近い?
ソフトバンクが5月11日、2021年3月期の決算説明会を開催した。今回は宮川潤一氏が4月1日に社長に就任してから初の決算会見となり、同氏が今後10年の中長期ビジョンを語った。2021年度は携帯料金値下げの影響で約700億円の減益も、他の領域でカバーして増益を目指す。(2021/5/12)

ソフトバンク、決算は好調も携帯値下げは約700億円の悪影響 宮川社長「マイナスは他で打ち消す」
ソフトバンクの宮川潤一社長が、決算会見で携帯料金の値下げについてコメント。通期の営業利益に約700億円の悪影響が出る可能性があるという。他事業の業績は好調で「損失は他の事業で必ず打ち消していく」としている。(2021/5/11)

MVNOに聞く:
なぜ10GBまで1GB刻みに? 「イオンモバイル」新料金プランの狙いを聞く
4月1日に料金プランを改定したイオンモバイルは、値下げするのと同時に、10GBまでのデータ容量を1GB刻みにした「さいてきプラン」を導入。値下げの反響は大きかったというイオンモバイルだが、1GB刻みのデータ容量を、本当にユーザーが選べるのか。そこには、データの繰り越しと、プラン変更のしやすさが関係していた。(2021/5/11)

Steamでゴールデンウィークセールが開催中! 「日本発のゲームを祝おう」
Steamが5月7日午前2時(日本時間)まで、「ゴールデンウィークセール」を実施している。新旧のゲームがセール対象となるイベントで、今回は“日本発”のタイトルが数多く値下げされている。(2021/5/2)

サードウェーブ、Core i5搭載スタンダードデスクトップ「Magnate IM」を仕様改定で値下げ
サードウェーブは、同社製スタンダードデスクトップPC「Magnate IM」のリニューアルを発表した。(2021/4/23)

新たな需要に対応:
無印良品、衣料品と生活雑貨を値下げ コロナ禍で強まる生活防衛意識
無印良品が衣料品と生活雑貨を値下げする。コロナ禍をきっかけに、日常的に利用する商品が売れるようになった。価格改定する商品もそうした分野に集中している。(2021/4/9)

ヤフオク!が「値下げ交渉」機能を終了 7月1日に
ヤフーが「ヤフオク!」で、入札希望者が出品者に値引きを提案できる機能を終了すると発表。(2021/4/1)

古田拓也「今更聞けないお金とビジネス」:
4月1日から違法「税別表記」、ahamoは値下げで“2000円代”死守
スーパーでもよく見かける「298円(+税)」といった値札は、4月1日から違法となった。このような税々表示は、そもそも安倍政権下で実行された二度の消費税増税の際、増税するごとに必要な、値札の貼り替えやシステムを改修する事業者負担を軽減するための措置だ。その特例措置が、3月31日をもって期限を迎えたため、4月1日から税別表記は違法となる。(2021/4/1)

PR:1人でも、家族でもお得! IIJmioの新料金「ギガプラン」の魅力を徹底解説
IIJが、MVNOサービス「IIJmio」向けの新料金プラン「ギガプラン」を、2021年4月1日から提供する。料金は音声SIMが2GBで月額780円(税別、以下同)〜20GBで月額1880円となり、旧プランから大幅な値下げをしている。ギガプランは単に安いだけでなく、ライフスタイルに合わせてさまざまなユーザーにオススメできる。(提供:株式会社インターネットイニシアティブ)(2021/3/29)

発売から約5カ月で400ドル値下げ
2画面スマホ「Surface Duo」が約10万円に大幅値下げ これで売れるのか?
Microsoftは2画面スマートフォン「Surface Duo」の米国での価格を大幅に引き下げた。その背景には何があるのか。値下げによる効果は。(2021/3/28)

一風堂、主要ラーメンを値下げ 4月1日から
「白丸元味」は現行の825円から790円に。一方、替え玉は110円から150円に値上げする。(2021/3/25)

音声SIMは月額770円(税込み)から――「OCN モバイル ONE」が4月から料金改定 「gooSimseller」でセット端末のセールも
NTTコミュニケーションズのMVNOサービス「OCN モバイル ONE」が、4月1日に値下げする。値下げ対象となる現行プランのユーザーは、手続きをすることなく同日から新料金が適用される。(2021/3/25)

一風堂が主要ラーメン値下げ 替玉は値上げに
4月1日から総額表示に。(2021/3/24)

“俺の嫁召喚装置”Gatebox、4万円以上の値下げ 購入希望者の要望受け
LINE傘下のGateboxが、ディスプレイ装置「Gatebox」の量産モデルを、これまでの16万5000円(税込、以下同)から12万円に値下げ。展示会などで値下げを望む声が多かったことから価格変更を決めたという。(2021/3/22)

いきなり!ステーキ、10店舗で3商品を値下げしたテスト販売を実施 狙いは?
ペッパーフードサービスは、「いきなり!ステーキ」での3商品「リブロースステーキ」「サーロインステーキ」「ヒレステーキ」を値下げしたテスト販売を実施する。10店舗限定で、3月22日から4月30日までの約1カ月間、値下げ販売する。(2021/3/19)

銀行振り込み手数料値下げへ 10月から銀行間で半減
銀行間の資金決済を担う全国銀行資金決済ネットワーク(全銀ネット)は3月18日に、銀行間の送金手数料を10月1日から一律62円に引き下げると発表した。従来は、3万円未満が117円、3万円以上が162年で、長期間据え置かれていた。(2021/3/19)

MVNOに聞く:
IIJmio「ギガプラン」の狙いを聞く 通信品質はどうなる? eSIMの音声サービスは?
大手キャリアの値下げに対抗する形で導入されたIIJmioの「ギガプラン」は、その安さが衝撃を与えた。先行して新料金プランを導入していた他社を大きく下回り、MVNOとしての“意地”を見せた格好だ。IIJはなぜここまで大胆な値下げに踏み切ることができたのか。同社のキーパーソンに聞いた。(2021/3/19)

いきなり!ステーキがいきなり値下げ 10店舗限定で「サーロインステーキ」などが割引に
いきなり! 値下げです。(2021/3/19)

大手キャリアの料金プランはどう選ぶといい? 「データ通信」の使い方から考えてみよう
大手キャリアがリリースするオンライン専用料金プラン(ブランド)に注目が集まっていますが、実は大容量プランや格安ブランドのプランも値下げされており、使い方次第ではオンライン専用料金プランよりも有利に使える可能性があります。楽天モバイルを含む4キャリアのプランは同選ぶべきなのか、「データ通信」の使い方から確認してみましょう。(2021/3/17)

ahamo契約でspモードコンテンツ強制解約、20以上のサービスで手動変更・解約必須に
3月26日に提供開始予定のドコモのahamo。音声定額はそのままに料金を2700円に値下げしたこともあり、ユーザーからの支持は強いようだ。しかし、「ネットのみで契約」ということ以外にもさまざまな制約があり、ユーザーの混乱も招きかねない。(2021/3/17)

積極的な価格競争にはならず:
ユニクロ「9%値下げ」に、ライバル静観の理由
「ユニクロ」や「GU(ジーユー)」を展開するファーストリテイリングは12日、「本体価格」をそのまま「税込み価格」にする実質約9%の値下げを始めた。圧倒的勝ち組の思い切った戦略だが、同業他社はどうするのか。(2021/3/15)

モバイルフォーラム2021:
政府主導による料金値下げの功罪 MVNOが戦うために必要な競争環境とは?
テレコムサービス協会 MVNO委員会は、3月5日に「モバイルフォーラム2021」をオンラインで開催。「激動のモバイル市場 MVNOに安心して乗り換えるために必要なものとは?」と題してパネルディスカッションを行った。2020年12月からキャリアが発表した新ブランドや値下げに対して、MVNOはどのような戦略を取ればいいのか? またあるべき競争環境とは?(2021/3/12)

石川温のスマホ業界新聞:
NTTと総務省幹部による会食報道の波紋――携帯料金値下げ政策に影響を及ぼしていないのか
文芸春秋が、NTT(日本電信電話)と総務省との会食報道を相次いで行っている。会食を行っていたとされる時期を振り返ると、NTTドコモの完全子会社化、そして同社の新料金プラン「ahamo(アハモ)」の実現に何らかの影響を与えている可能性を否定しきれない。(2021/3/12)

携帯電話の格安プラン、一番お得なのはどこ? 「ahamo」がリード 楽天は2台目以降の選択肢
携帯電話会社の新料金プランが出そろいつつある。菅義偉首相の意向を受けた形で大幅に値下げされたが、最も賢くプランを選ぶにはどうすればいいのか。現時点では2700円に値下げしたドコモの「ahamo」が一歩リードしている。(2021/3/9)

石野純也のMobile Eye:
2700円に値下げをした「ahamo」の戦略 “サービスの簡略化”による混乱も?
ドコモは3月1日に、ahamoの料金を2700円(税別)に値下げすることを発表した。値下げ幅は280円と少額だが、総額表示が義務化される4月以降、3000円を下回る2970円でアピールできるのは大きな差になりそうだ。一方で、ahamoのサービス内容は既存の料金プランから大幅に簡略化されているため、混乱も予想される。(2021/3/6)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。