ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  T

  • 関連の記事

「Tポイント」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Tポイント」に関する情報が集まったページです。

コロナ禍で減る消費者と商品の出合いを創出:
「ロッカー」を通じて企業が試供品を提供 凸版とCCCが開発
コロナ禍で消費者が新しい商品を知る機会が減少している。「目的買い」が推奨され、商品との偶発的な出合いが生まれにくくなった。そんな中、試供品を「ロッカー」で提供するサービスを凸版とCCCが始めた。コロナ禍で減った消費者と商品をつなぐきっかけになるか。(2021/6/9)

45%〜50%還元のお得な施策を見逃すな スマホ決済6月のキャンペーンまとめ
6月は5月に比べてお得なキャンペーンが増えた。特にメルペイの「はじめての定額払いで50%還元」や「au PAY マーケットで最大45%ポイント還元」に注目。ファミペイ、Tポイント、Amazonのキャンペーンも見逃せない。(2021/6/7)

6月8日より「FamiPayギフト」開始、ポイントからFamiPayチャージ可能に
ファミリーマートは6月8日より、電子マネー「FamiPay」の新サービス「FamiPayギフト」を開始すると発表した。利用者が増加傾向にある「ポイ活」とよばれるポイントを貯める活動、「ポイ活」で貯めたポイントを「FamiPay」に交換可能となる。(2021/6/4)

ファミペイ、最大75%割引の「お試しクーポン」提供 ポイントで購入
スマホ決済機能付きアプリ「ファミペイ」は、6月1日から「お試しクーポン」を提供開始。手持ちのポイントやFamiPay残高(FamiPayボーナス含む)を使用してクーポンがもらえる仕組みで、全60商品が最大75%割引となる。(2021/5/28)

TマネーがAndroidスマホのiDに対応 Tポイント10倍キャンペーンも
電子マネー「Tマネー」が、Android搭載スマートフォンのiDに対応。「Tポイントアプリ」上から「iD」と連携すれば利用でき、6月1日から7月31日まで「Tマネーかざして支払い」を利用するとTポイントが10倍になるキャンペーンを行う。(2021/5/26)

SBI損保の自動車保険、「Tポイント」が利用可能に 業界初
「SBI損保の自動車保険」の保険料支払時に「Tポイント」が利用できるサービスを開始した。保険料支払においてTポイントが利用できるサービスは、損害保険業界初となる。(2021/5/26)

PayPay、au PAY、d払い以外でも10〜20%還元が充実 スマホ決済5月のキャンペーンまとめ
スマホ決済5月のキャンペーンまとめ。PayPayでは5月のクーポンを配信しており、セブン-イレブンアプリと連動した施策も。au PAYではローソン生活応援企画を継続している。JCB、J-Coin Pay、三井住友カードのキャンペーンも見逃せない。(2021/5/8)

プロ野球中継に“投げ銭”機能 ヤフーとパ・リーグ 「無観客でも気持ち伝わる」
ヤフーのパ・リーグ公式試合ライブ配信でコメント欄に有料の応援機能。ファンは球団を応援するコメントと一緒に“投げ銭”ができる。(2021/4/23)

TマネーがApple Payに対応 決済時にTポイントがたまる
カルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)のグループ会社Tマネー(東京都渋谷区)が同社が手掛ける電子マネー「Tマネー」がApple Payに対応したと発表した。iPhoneやApple Watchで決済するとTポイントがたまる。(2021/4/21)

「Tマネー」がApple Payに対応 Tポイントもたまる
電子マネー「Tマネー」が4月21日に「Apple Pay」に対応。iPhoneやApple Watchを使って決済でき、Tポイントもたまるようになる。(2021/4/21)

Tマネー、Apple Payに対応 利用でTポイント付与
4月21日からTマネーをApple Payに対応。iDおよびMastercardコンタクトレス(タッチ決済)加盟店で支払いに使うことができる。従来は、主にTポイントに対応した店舗だけで利用できた。(2021/4/21)

PayPayが高還元率のキャンペーンを継続 スマホ決済4月のキャンペーンまとめ
2021年4月のスマホ決済キャンペーンは、還元率が高いPayPayが目立つ。「たぬきの大恩返しキャンペーン」が3月で終了したこともあり、au PAYのキャンペーンが少ない。メルペイ、LINE Pay、楽天ペイなどのキャンペーンも見逃せない。(2021/4/12)

Tポイントがたまるスマホ銀行「T NEOBANK」開始
Tマネーは、3月31日にT会員向け銀行サービス「T NEOBANK」を提供開始。アプリで預金、振込や借入などが利用できる他、取引に応じてTポイントをためたり、Tポイントを使ってスポーツくじの購入などが行えたりする。(2021/3/31)

非接触の買い物:
ファミマ、無人決済の店舗をオープン 天井で“密”になっているカメラの役割とは
ファミリーマートは無人決済の店舗をオープンした。店にあるカメラとセンサーで、お客が手に取った商品をリアルタイムで確認する。入店してから店を出るまで、店員と接触することはない。(2021/3/31)

CCCが銀行参入、サービス利用でTポイント付与
住信SBIネット銀行と、CCC傘下のTマネーは3月31日、T会員専用の銀行サービス「T NEOBANK」の提供を開始した。預金、決済、融資などの銀行機能を備え、セブン銀行やローソン銀行のATMで入出金が行える。サービスの利用によってTポイントを付与することが特徴。(2021/3/31)

SBI証券、eMAXIS Slimなどの投信マイレージ付与率引き上げ SBI取り分を投資家に還元
SBI証券は4月1日から、eMAXIS Slimシリーズや楽天・バンガードファンドなど、26本の低コストファンドについて、「投信マイレージ」の付与率を引き上げる。投信マイレージは、対象の投信保有金額に応じてTポイントが貯まるサービス。SBI証券は、これにより、信託報酬のうちSBI証券に支払われる手数料と同率程度を顧客に還元するという。(2021/3/15)

20〜30%還元の大型施策がめじろ押し スマホ決済3月のキャンペーンまとめ
2021年3月はPayPayやd払いで開催する飲食店やスーパーなどを対象としたキャンペーンが目立つ。特に最大30%還元や全額還元の「超PayPay祭」は見逃せない。今回もPayPay、au PAY、d払いを中心に2021年3月開催のキャンペーンをまとめた。(2021/3/8)

PR:ファミマで使うなら「ファミペイ」が絶対おトク! 今だけもらえる500円分のFamiPayボーナスで実際に買い物してみた
クーポンやポイント利用もこれ1つでOK。今なら新規会員登録で500円分のFamiPayボーナスがもらえます。(2021/2/22)

d払い、au PAY、PayPay以外でも10〜20%還元 スマホ決済2月のキャンペーンまとめ
2021年2月はPayPayやdカードのキャンペーンが1月よりも少なくなる一方、三井住友カードやモバイルSuicaのキャンペーンも見逃せない。今回もPayPay、au PAY、d払いを中心に2021年2月開催のキャンペーンをまとめた。(2021/2/9)

50万口座超 SBIネオモバイル社長、「総合証券化は一切目指さない。徹底して初心者、若年層向け」
投資初心者をターゲットとしたスマホ証券の勢いが強まっている。中でも、いち早く50万口座に到達したSBIネオモバイル証券の社長に、その狙いと、今後の方針について聞いた。(2021/2/4)

ポイントは“おまけ”か“資産”か? 2兆円超える市場が活性化
年々拡大するポイント市場はすでに2兆円を超えたと見られる。このポイント市場で次の波になってきているのが、ポイントを投資に使う「ポイント投資」や「ポイント運用」と呼ばれるものだ。(2021/1/20)

PR:2.5GbE×2と「WD Red Plus」でNASはここまで速くなる! ASUSTOR「LOCKERSTOR 4」を試す
NASは1世代進むと性能面で大きな進歩を遂げることが少なくない。それは、ストレージを自分で用意するNASキットも例外ではない。ASUSTORのNASキット「LOCKERSTOR 4」と、ウエスタンデジタルのNAS用HDD「WD Red Plus」を組み合わせてその実力をチェックしてみよう。(2021/1/20)

SBIネオモバイル証券が50万口座達成 9億Tポイントが投資に
SBIホールディングス傘下のスマホ証券、SBIネオモバイル証券は1月14日に50万口座を達成した。2019年4月の開業から1年9カ月となる。(2021/1/15)

買い物需要を喚起:
モバイルTカードでポイントが2倍に Tポイント・ジャパンがコロナ禍の買い物需要を喚起
Tポイント・ジャパンは1月12日、全国の対象店舗で、モバイルTカードを提示して買い物をすると、ポイントが2倍になるキャンペーンを実施すると発表した。コロナ禍で人との接触を控えた買い物が求められる中、キャンペーンを実施し加入者増を狙う。(2021/1/12)

コロナがマーケティングを変えた:
2020年、ITmedia マーケティングで最も読まれた記事は? 年間アクセスランキングベスト10
マーケ×ITの最新潮流を伝えるITmedia マーケティング。2020年、読者はどんな記事に注目したのか。ランキング形式で振り返ります。(2020/12/30)

Mobile Monthly Top10:
2020年を振り返る(1月編):ドコモショップの不適切メモ/au PAYで毎週10億円還元
2020年1月のアクセスランキングトップ10を紹介。1位はスマホ決済の1月キャンペーンまとめ。au PAYをPontaを統合する発表もありました。ドコモショップでの「不適切メモ」は、業界に驚きを与えました。(2020/12/18)

PR:キャッシュレス決済で「ポイント強者」が誕生!? これからのポイントカードはアプリを活用する時代へ
お得な貯め方&上手な使い方を紹介します。(提供:株式会社Tポイント・ジャパン)(2020/12/15)

福岡ソフトバンクホークスの日本一記念キャンペーン 最大31.5万円相当のPayPayボーナスなど
ソフトバンクらは、福岡ソフトバンクホークスのSMBC日本シリーズ2020の優勝を記念した「ソフトバンクホークス 日本一キャンペーン」を順次開催。PayPayボーナスやTポイント、クーポンのプレゼントや割引セールなどを行う。(2020/11/26)

食べログのGo To Eatポイント「座席のみの予約に利用ポイント制限」「Webサイトに記載もない」利用者から指摘 運営元は上限変更へ
「予約のみだと1人1000円分しかポイントを使えない」という制限があり、Webサイトに記載されていないと指摘されていました。(2020/10/30)

PayPayボーナスなどが当たる「ソフトバンクホークス 優勝キャンペーン」開催
ソフトバンクらは、福岡ソフトバンクホークスの2020年度パ・リーグのペナントレース優勝を記念した「ソフトバンクホークス 優勝キャンペーン」を順次開催。PayPayボーナスが当たるキャンペーンやセール・クーポン配布などを行う(2020/10/28)

Airbnb、10月20日から「Go To トラベル」割引開始 Tポイント最大5倍のキャンペーンも
Airbnbが10月20日から「Go Toトラベルキャンペーン」の割引を開始している。22日からは割引対象のリスティングに[GO TO]マークが表示されるようになり、予約の段階で自動的に割引が適用される。対象でないリスティングでも期間限定でTポイント最大5倍のキャンペーンも開始した。(2020/10/23)

PR:企業のデータ活用を「守り」から「攻め」に変える――“クラウド時代のDX”をサポートする日本マイクロソフトの取り組みとは?
(2020/10/19)

ヤマト運輸、「Tポイント」の取り扱いを21年3月に終了へ
ヤマト運輸が、Tポイントの利用や付与を2021年3月31日に終了する。「より便利にサービスを使っていただくために検討を重ね、終了を決定した」という。(2020/10/5)

auカブコム証券、Pontaポイントで投信買付 au PAYからも購入可能に
KDDIとauカブコム証券は9月24日、Pontaポイントを使って投資信託を買付できる「ポイント投資」の提供を9月26日から開始すると発表した。1ポイントを1円として、100円以上1円単位で、auカブコム証券が取り扱う投資信託すべてを購入できる。(2020/9/24)

マイナポイントでどの決済サービスを選べばいい? 9月時点の追加特典まとめ
マイナポイントでは、あらかじめ選択したキャッシュレス決済サービス1つに対して、その決済を使った場合に還元が得られるので、まずはその選択が必要となる。マイナポイントの登録に対してキャンペーンを実施しているサービスも多いため、ここでは各社のキャンペーンを紹介したい。一度選択したサービスは変更できないので、慎重に考えたい。(2020/9/10)

人気のポイントサービス1位は「楽天ポイント」 話題の「ポイ活」経験者はどのようにポイントを貯めている?
「普段の買い物をしながらコツコツ」が秘訣のようです。(2020/8/30)

Airペイで「J-Coin Pay」「AlipayHK」などが利用可能に 全35種が対応
リクルートの提供する店舗向け決済サービス「Airペイ」は、8月20日に「J-Coin Pay」「AlipayHK」「Kakao Pay」「Touch'n Go eWallet」「EZ-Link Wallet」を取り扱い開始。対応決済手段の数は全35種となった。(2020/8/20)

電子マネー「Tマネー」、チャージ方法に翌月払いサービス「Paidy」を導入
TマネーとPaidyは、8月20日に電子マネー「Tマネー」のチャージ方法へ翌月払いサービス「Paidy」を導入。メールアドレスと携帯番号などの入力で即座に決済できるため、外出先でも簡単に「Tマネー」へのチャージが可能となる。(2020/8/20)

ポイントや決済サービスの利用者が多い携帯キャリアは? MM総研が調査
MM総研は、8月7日に2020年6月末時点のポイント/決済サービスの携帯キャリア別利用状況の調査結果を発表。ポイントサービス、クレジットカード、ECサイトのクロスユース率は楽天モバイルがトップで、QRコード決済ではソフトバンクが大幅に増加した。(2020/8/7)

ヤマト、Apple Payで宅急便を送ってTポイントがもらえるキャンペーン 最大1000ポイント
ヤマト運輸は、8月3日から「Apple Payで宅急便を送ってTポイントGETキャンペーン」を開催。「宅急便をスマホで送る」サービスを利用し、運賃をApple Payで支払うと1個につきTポイントを100ポイント付与し、さらに抽選で1000人に900ポイントが追加で当たる。(2020/7/27)

マイナポイントでどの決済サービスを選べばいい? 主要サービスの特典まとめ
マイナポイントでは、あらかじめ選択したキャッシュレス決済サービス1つに対して、その決済を使った場合に還元が得られるので、まずはその選択が必要となる。マイナポイントの登録に対してキャンペーンを実施しているサービスも多いため、ここでは各社のキャンペーンを紹介したい。一度選択したサービスは変更できないので、慎重に考えたい。(2020/7/25)

「かわいすぎる」「配達お願いしたい」 黒猫さんによる新人ドライバー教育が目撃される
絵になる2匹の黒猫さんです。(2020/7/13)

共通ポイントの携帯事業者カラー明確に dポイントとPontaの相互交換が終了
複数の店舗やサービスで利用できる、いわゆる共通ポイントサービスにおいて、国内携帯電話事業者ごとの色分けが明確になってきた。dポイントとPontaポイントは、9月30日をもって相互の交換を終了する。(2020/7/1)

「弁当のDX」で企業向け宅配弁当をより安心・便利に:
PR:ウィズコロナ、アフターコロナの時代に老舗宅配弁当メーカーが提案するオフィスの「新しいランチ様式」とは?
企業向けの宅配弁当事業を展開しているあづま給食センター。同社の特長は、創業50年を超える老舗ながら、ITを積極的に取り入れ「弁当のDX(デジタルトランスフォーメーション)」を推進している点にある。6月から新たにNFC決済機能を備えた「OBENTO‐PIT(オベント・ピット)」を展開し、ウィズコロナ、アフターコロナにおける「新しいランチ様式」を提案するという。(2020/7/1)

PR:1年半、チューニングの嵐を越えて──「Tポイント」データ分析基盤を開発した男たち、汗と涙の記録
(2020/6/19)

PR:「Tポイント」7000万人の購買データに挑む──分析を速めた、執念のクラウド導入劇
(2020/6/19)

マルエツ、店舗が混雑する時間帯をグラフ表示 前週のTカード利用データで
マルエツが店舗の混雑する時間帯を知らせるサービスを開始した。前週の同じ曜日に利用されたTカードのデータを利用、時間帯別のグラフを表示する。(2020/6/10)

Mobile Weekly Top10:
au版「Xperia 1 II」発売 ドコモ版は?/auのポイントが「Ponta」に
au 5G対応端末として「Xperia 1 II SOG01」が登場しました。Xperia 1 IIは、NTTドコモからも「Xperia 1 II SO-51A」として発売を予定していますが、いつの間にか発売予定が「6月以降」に変更されていました。一体何があったのでしょうか……?(2020/5/27)

大和証券がスマホ証券参入 Pontaポイントの利用も
大和証券子会社のCONNECTは、5月25日、日本証券業協会加入を発表した。7月初旬からサービス開始を予定している。1株単位で、リアルタイム取引が行える「ひな株」サービスを特徴とする。(2020/5/25)

ファミペイ、「auじぶん銀行」「三菱UFJ銀行」からチャージ可能に
バーコード決済「FamiPay」は、5月26日から「auじぶん銀行」「三菱UFJ銀行」の銀行口座チャージが可能となる。従来のみずほ銀行、三井住友銀行と合わせ、対応金融機関は合計4行となった。(2020/5/22)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。