ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  T

  • 関連の記事

「Tポイント」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Tポイント」に関する情報が集まったページです。

マイナポイントでどの決済サービスを選べばいい? 9月時点の追加特典まとめ
マイナポイントでは、あらかじめ選択したキャッシュレス決済サービス1つに対して、その決済を使った場合に還元が得られるので、まずはその選択が必要となる。マイナポイントの登録に対してキャンペーンを実施しているサービスも多いため、ここでは各社のキャンペーンを紹介したい。一度選択したサービスは変更できないので、慎重に考えたい。(2020/9/10)

人気のポイントサービス1位は「楽天ポイント」 話題の「ポイ活」経験者はどのようにポイントを貯めている?
「普段の買い物をしながらコツコツ」が秘訣のようです。(2020/8/30)

Airペイで「J-Coin Pay」「AlipayHK」などが利用可能に 全35種が対応
リクルートの提供する店舗向け決済サービス「Airペイ」は、8月20日に「J-Coin Pay」「AlipayHK」「Kakao Pay」「Touch'n Go eWallet」「EZ-Link Wallet」を取り扱い開始。対応決済手段の数は全35種となった。(2020/8/20)

電子マネー「Tマネー」、チャージ方法に翌月払いサービス「Paidy」を導入
TマネーとPaidyは、8月20日に電子マネー「Tマネー」のチャージ方法へ翌月払いサービス「Paidy」を導入。メールアドレスと携帯番号などの入力で即座に決済できるため、外出先でも簡単に「Tマネー」へのチャージが可能となる。(2020/8/20)

ポイントや決済サービスの利用者が多い携帯キャリアは? MM総研が調査
MM総研は、8月7日に2020年6月末時点のポイント/決済サービスの携帯キャリア別利用状況の調査結果を発表。ポイントサービス、クレジットカード、ECサイトのクロスユース率は楽天モバイルがトップで、QRコード決済ではソフトバンクが大幅に増加した。(2020/8/7)

ヤマト、Apple Payで宅急便を送ってTポイントがもらえるキャンペーン 最大1000ポイント
ヤマト運輸は、8月3日から「Apple Payで宅急便を送ってTポイントGETキャンペーン」を開催。「宅急便をスマホで送る」サービスを利用し、運賃をApple Payで支払うと1個につきTポイントを100ポイント付与し、さらに抽選で1000人に900ポイントが追加で当たる。(2020/7/27)

マイナポイントでどの決済サービスを選べばいい? 主要サービスの特典まとめ
マイナポイントでは、あらかじめ選択したキャッシュレス決済サービス1つに対して、その決済を使った場合に還元が得られるので、まずはその選択が必要となる。マイナポイントの登録に対してキャンペーンを実施しているサービスも多いため、ここでは各社のキャンペーンを紹介したい。一度選択したサービスは変更できないので、慎重に考えたい。(2020/7/25)

「かわいすぎる」「配達お願いしたい」 黒猫さんによる新人ドライバー教育が目撃される
絵になる2匹の黒猫さんです。(2020/7/13)

共通ポイントの携帯事業者カラー明確に dポイントとPontaの相互交換が終了
複数の店舗やサービスで利用できる、いわゆる共通ポイントサービスにおいて、国内携帯電話事業者ごとの色分けが明確になってきた。dポイントとPontaポイントは、9月30日をもって相互の交換を終了する。(2020/7/1)

「弁当のDX」で企業向け宅配弁当をより安心・便利に:
PR:ウィズコロナ、アフターコロナの時代に老舗宅配弁当メーカーが提案するオフィスの「新しいランチ様式」とは?
企業向けの宅配弁当事業を展開しているあづま給食センター。同社の特長は、創業50年を超える老舗ながら、ITを積極的に取り入れ「弁当のDX(デジタルトランスフォーメーション)」を推進している点にある。6月から新たにNFC決済機能を備えた「OBENTO‐PIT(オベント・ピット)」を展開し、ウィズコロナ、アフターコロナにおける「新しいランチ様式」を提案するという。(2020/7/1)

PR:1年半、チューニングの嵐を越えて──「Tポイント」データ分析基盤を開発した男たち、汗と涙の記録
(2020/6/19)

PR:「Tポイント」7000万人の購買データに挑む──分析を速めた、執念のクラウド導入劇
(2020/6/19)

マルエツ、店舗が混雑する時間帯をグラフ表示 前週のTカード利用データで
マルエツが店舗の混雑する時間帯を知らせるサービスを開始した。前週の同じ曜日に利用されたTカードのデータを利用、時間帯別のグラフを表示する。(2020/6/10)

Mobile Weekly Top10:
au版「Xperia 1 II」発売 ドコモ版は?/auのポイントが「Ponta」に
au 5G対応端末として「Xperia 1 II SOG01」が登場しました。Xperia 1 IIは、NTTドコモからも「Xperia 1 II SO-51A」として発売を予定していますが、いつの間にか発売予定が「6月以降」に変更されていました。一体何があったのでしょうか……?(2020/5/27)

大和証券がスマホ証券参入 Pontaポイントの利用も
大和証券子会社のCONNECTは、5月25日、日本証券業協会加入を発表した。7月初旬からサービス開始を予定している。1株単位で、リアルタイム取引が行える「ひな株」サービスを特徴とする。(2020/5/25)

ファミペイ、「auじぶん銀行」「三菱UFJ銀行」からチャージ可能に
バーコード決済「FamiPay」は、5月26日から「auじぶん銀行」「三菱UFJ銀行」の銀行口座チャージが可能となる。従来のみずほ銀行、三井住友銀行と合わせ、対応金融機関は合計4行となった。(2020/5/22)

HIKAKIN、ヤフーと連携し医療従事者支援募金を立ち上げ 最初に自ら1億円を寄付
医療現場への物資提供や、感染防止活動を行うNPOへの支援に活用されます。(2020/5/21)

Tカードデータ活用のマッチングサービス「D-AI」、Zoom婚活などで利用可能に
TカードのデータとAIを活用したマッチングサービス「D-AI」(デアイ)が、婚活イベント運営会社向けサービスの提供を始めた。エクシオジャパンが5月17日に実施するオンライン婚活イベントでサービスを使ってもらい、参加者同士の相性をAIで予測する。(2020/5/12)

PR:これが超大手メディアの本気! ヤフーが新型コロナ対策支援に全力を出している理由とは
最新ニュース、検索、混雑情報に新型コロナ対策支援オークションまで充実。(2020/4/28)

最低証拠金1円のFX登場 Tポイントも使える「ネオモバFX」
SBIネオモバイル証券は、少額かつTポイントを使ったFX取引が行える「ネオモバFX」を、4月27日から提供する。Tポイントを証拠金として使えるほか、1通貨から取引が可能。米ドル/円の売買価格の差であるスプレッドは、500通貨まで0銭とした。(2020/4/22)

視点:
情報銀行がもたらす生活者主権エコノミー〜個人データ駆動型「推測ゼロ」社会の実現〜
なぜ今「情報銀行」なのか。情報銀行の存在意義とは?(2020/4/20)

出前館がキャッシュレス決済キャンペーン、1注文につき100ポイント追加
出前館は、4月3日〜4月9日に「非接触デリバリー促進 キャッシュレス決済キャンペーン」開催。エントリーした上でキャッシュレス決済で注文すると、1注文につき100ポイントを追加でプレゼントされる。(2020/4/3)

日興証券、dポイントで日本株が買える「日興フロッギー+ docomo」開始【更新】
日興証券は3月24日から、NTTドコモの「dポイント」を使って日本株式が購入できる「日興フロッギー+ docomo」を開始した。dポイントを使って実際の株式を購入できるサービスは初めて。(2020/3/24)

今日のリサーチ:
「Tポイント」を「楽天スーパーポイント」「LINEポイント」他が猛追――ネットエイジアがポイント利用実態調査
20〜49歳の男女2000人を対象に実施した「日本人のポイント活用に関する調査2020」の結果です。(2020/3/5)

利用しているポイントサービスは? 昨年の調査結果と比べ
ネットエイジアは「日本人のポイント活用に関する調査」を実施し、その結果を公表した。20〜40代の男女に、利用しているポイントサービスを聞いたところ……。(2020/2/28)

トーンモバイル、「TONE e20」を増産対応 「TONE e19」も追加販売で3000ポイント付与
トーンモバイルは、2月20日発売の新端末「TONE e20」の予約好調を受け増産対応を実施。自画撮り被害の抑止を目的としたAIフィルター搭載「TONEカメラ」を備え、「TONE見守り」とも連携する。(2020/2/19)

Mobile Weekly Top10:
スマホ決済アプリ、目指すは「スーパーアプリ」化?/「Rakuten Mini」の実力をチェック
KDDIが、決済に関連するサービス(一部を除く)とeコマースサービスのブランドを「au PAY」に統一します。ヤフーとソフトバンクの合弁企業が展開する決済サービス「PayPay(ペイペイ)」への対抗のためと思われます。(2020/2/3)

PayPayボーナスライトがもらえる! Yahoo!ショッピングの「ワイ!ワイ!SALE」が2月1日〜5日に開催
Yahoo!ショッピングが「ワイ!ワイ!SALE」を開催。対象ストアでの購入や注文金額に応じて「PayPayボーナスライト」が付与される。(2020/1/30)

Pontaポイントは「選択制」に:
ドコモとリクルートが業務提携 リクルートグループのサービスで「dポイント」がたまる(2020年度第3四半期から)
NTTドコモとリクルートが、Webサービスに関する業務提携契約と、中小個店向けの業務・経営支援サービスの展開に関する基本合意書を締結。リクルートグループのWebサービスにおいて、2020年度第3四半期をめどに「dポイント」がたまるようになる他、一部の「Airペイ」加盟店でも2020年4月をめどにdポイントに対応する。(2020/1/30)

太陽光:
卒FIT太陽光を「Tマネー」で買取、JXTGが新サービス
JXTGエネルギーは、固定価格買取期間(FIT)の満了を迎える住宅用太陽光発電設備(卒FIT太陽光)の余剰電力をTマネーで買い取る新サービスを開始すると発表した。(2020/1/30)

Yahoo!ショッピング、5〜10%のPayPayボーナスが付与されるセールを実施
ヤフーは、1月11日〜1月15日に「ワイ!ワイ!SALE」を開催。期間中に「Yahoo!ショッピング」などの対象店舗で買い物をすると、対象金額の5〜10%のPayPayボーナスライトが付与される。(2020/1/10)

YJFX! FX取引でPayPayがもらえるサービス開始
ヤフーグループのFX取引業者YJFX!は、FX取引のたびにPayPayボーナスライトまたは現金が受け取れるサービスを2月1日から開始する。取引量に応じてランクが変わり、ランクが上がるほど受け取れるボーナスが増える。(2020/1/10)

MONOist IoT Forum 東京2019(前編):
「データ2.0」時代は製造業の時代、東芝が描くCPSの意義と勝ち筋とは
MONOist、EE Times Japan、EDN Japan、スマートジャパン、TechFactoryの、アイティメディアにおける産業向け5メディアは2019年12月12日、東京都内でセミナー「MONOist IoT Forum in 東京」を開催した。前編で東芝 執行役常務 最高デジタル責任者(Chief Digital Officer)の島田太郎氏による基調講演「東芝のデジタル戦略、CPSテクノロジー企業への道」の内容を紹介する。(2020/1/10)

東京都の独自ポイント「東京ユアコイン」実験開始 時差通勤・レジ袋不使用で付与、Tポイントなどと交換可能
三菱総合研究所が、独自ポイント「東京ユアコイン」を付与する実証実験を始める。大手町・丸の内・有楽町地区のオフィスワーカーや通勤時間をずらしたり、来街者がレジ袋を使わなかったりすると、ポイントを獲得できる。(2020/1/8)

Mobile Weekly Top10:
「au WALLET ポイント」は「Pontaポイント」へ/2019年を代表するスマホ
今回の「Mobile Weekly Top10」は、年末年始を挟んだため2週間分のアクセス数を集計。年越しを挟んだ14日間において、どのような記事が多く読まれたのでしょうか……?(2020/1/8)

ファミペイ提示でTポイントが10倍たまるキャンペーン 1月7日から
全国のファミリーマートでTポイントがもらえる「ファミペイ×Tポイント」キャンペーンが1月7日〜1月27日に開催。条件を満たすとTポイント50ポイントがもらえるほか、Tポイントが10倍になる。(2020/1/6)

ファミペイをTポイント連携すると特典付与 全国のファミマで新キャンペーン
ファミペイとTポイントを連携させ、全国のファミマで提示した顧客などに、Tポイントを付与するキャンペーンが始まる。実施期間は1月7日〜27日。(2020/1/6)

Mobile Monthly Top10:
2019年を振り返る(12月編):auが「Pontaポイント」に合流へ/スマホに1.08億画素カメラは必要?
キャッシュレスでは先行していたものの、ポイントプログラムではある意味で遅れを取っていた「au WALLET」。それを挽回すべくKDDIが下した選択は、「Pontaポイント」への合流でした。(2020/1/6)

石川温のスマホ業界新聞:
au WALLETポイントが消滅し、Pontaポイントに――ソフトバンクはTポイントを見捨てるつもりなのか
KDDIが自社の「au WALLET ポイント」を「Pontaポイント」に統合することになった。それで気になるのは、ポイントで強みを持っていた「Tポイント」の存在感が薄れていることだ。ソフトバンクはどうするのだろうか。(2019/12/27)

ヤフーカード、PayPay・nanacoにチャージした際のTポイント付与を終了へ 「費用対効果を総合的に判断」
ヤフーが、クレジットカード「Yahoo! JAPANカード」の特典を2020年2月1日に変更すると発表。モバイル決済サービス「PayPay」と電子マネー「nanaco」のユーザーに向けた「Tポイント」の付与を終了する。「費用対効果を総合的に判断したため」という。(2019/12/24)

石野純也のMobile Eye:
互いの弱点を解消するau WALLET ポイントとPontaの統合 “キャリアのポイント競争”が変わる
KDDIが、Pontaを運営するロイヤリティ マーケティングと業務提携を結び、au WALLET ポイントをPontaへ統合する。その狙いは、お互いの弱点をカバーすることにある。この提携で、“キャリアのポイント競争”の構図が大きく変わりそうだ。(2019/12/21)

KDDIとローソンが提携 「au WALLET ポイント」は「Pontaポイント」に、1億人超の会員基盤が誕生
KDDIとローソンが資本業務提携契約を発表。2020年5月以降に両社のポイントサービスを「Ponta」に統一する考えを明らかにした。オンラインとオフラインを融合した「次世代型コンビニ」向けのサービス開発にも取り組む。(2019/12/16)

au WALLETポイントが「Pontaポイント」に統合 Pontaアプリとローソンアプリには「au PAY」機能を搭載
KDDIとローソンなど4社が協業で合意。KDDIの「au WALLET ポイント」が2020年5月をめどに「Pontaポイント」に統合される他、ローソンアプリとモバイルPontaアプリに「au PAY」機能が統合される。【更新】(2019/12/16)

「ファミペイ」が400万ダウンロード達成、回数券サービスも提供へ
ファミリーマートのバーコード決済機能付きアプリ「ファミペイ」が、累計400万ダウンロードを達成。2020年1月中旬からは、さらに買い物がお得になる「回数券」サービスを行い、第1弾はファミマカフェでの展開を予定している。(2019/12/9)

4キャリアの「ポイント/決済サービスのクロスユース率」調査 楽天モバイルが上位に
MM総研は、キャリア4社がそれぞれ自社グループで提供するポイント/決済サービスの「クロスユース率」について調査結果を発表。ポイントサービス・クレジットカード決済は楽天モバイル、QRコード決済はソフトバンクがクロスユース率トップとなった。(2019/11/21)

Mobile Weekly Top10:
新しいファーウェイスマホに「Google」は載せられるのか/料金だけが焦点ではない楽天モバイル
米商務省による制裁で、新しく開発されたスマートフォンにGoogleアプリをプリインストールできない状況にあるファーウェイ。今後、どうなるのでしょうか……。(2019/11/21)

「Tポイント」アプリがリニューアル、PayPay連携や事前注文に対応
Tポイント・ジャパンは、11月11日に「Tポイント」アプリをリニューアル。ワンタップで「PayPay」を起動できる機能を追加し、11月18日から飲食店へ事前に注文予約ができるモバイルオーダーのサービスも開始する。(2019/11/12)

ファミリーマートで「dポイント」「楽天スーパーポイント」が11月26日から利用可能に 「Tポイント」と合わせて「ファミペイ」との連携サービスも開始
ファミリーマートで、11月26日から「dポイント」「楽天スーパーポイント」が利用可能となる。合わせて、既存の「Tポイント」を含む3つのポイントプログラムと「ファミペイ」を連携する「マルチポイントサービス」も開始する。(2019/11/11)

ファミマ、「dポイント」「楽天ポイント」導入へ ファミペイ連携も
全国のファミリマートで、11月26日から「dポイント」「楽天ポイント」が導入される。同店舗では「Tポイント」を導入済。同日から、各ポイントサービスとモバイル決済サービス「ファミペイ」の連携機能を提供する。(2019/11/11)

「Tポイントのみ」から脱却:
ファミマが「dポイント」と「楽天スーパーポイント」導入 ファミペイとも連携可能に
(2019/11/11)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。