ニュース
» 2014年03月06日 14時15分 UPDATE

“帰宅前にエアコンON”、東芝が「REGZA Tablet」向けにホームゲートウェイ機能を提供

東芝は、「REGZA Tablet AT503」向けに「ECHONET Lite」のゲートウェイ機能を追加するアプリ「家電コンシェルジュ for REGZA Tablet」を提供する。外出先でiPhoneなどを使い、対応エアコンをリモート操作することができる。

[ITmedia]

 東芝は3月6日、同社のAndroidタブレット「REGZA Tablet AT503」に、ホームゲートウェイ機能を追加するアプリ「家電コンシェルジュ for REGZA Tablet」を提供すると発表した。同時にiOS向けのエアコン操作アプリ「RZ家電リモ」も配信。外出先でiPhoneなどを使い、対応エアコンをリモート操作することができる。

ts_regtab01.jpg 「家電コンシェルジュ for REGZA Tablet」利用イメージ

 「家電コンシェルジュ for REGZA Tablet」は、HEMSの標準プロトコル「ECHONET Lite」のゲートウェイ機能を提供するアプリだ。対応するエアコンは、2013年秋に発売した「RAS-GDRシリーズ」で、別売のHA端子用Bluetoothアダプター「HNW-ADB1」を接続しておく必要がある。また、遠隔操作時にはゲートウェイとなる「REGZA Tablet」が起動(電源オン待機)していなければならない。

 ユーザーは、iPhoneでレグザクラウドサービス「TimeOn」のアカウントを使い、クラウド経由で自宅へアクセス。宅内の「REGZA Tablet」を介してエアコンをリモート操作する仕組み。例えば、外出先からエアコンの電源を入れ、温度設定を行うことで、帰宅時には室内が快適な温度になっているという寸法だ。逆にエアコンの電源を切り忘れて外出してしまった場合でも、外出先から電源を切ることが可能だ。

ts_regtab02.jpg ネットワーク構成図

 このほか「家電コンシェルジュ for REGZA Tablet」では、同社製のスマート機能対応冷蔵庫やLEDシーリングライトとBluetooth接続し、運転状況の確認や温度設定、明かりの設定などが行える。例えば、リビングルームにいながら寝室にあるエアコンの温度調節や冷蔵庫の庫内確認、洗濯の残り時間確認なども行えるという。

ts_regtab03.jpgts_regtab04.jpg 冷蔵庫の庫内確認(左)と洗濯の残り時間確認(右)

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.