ニュース
» 2014年03月13日 18時46分 UPDATE

ヤマハ、初のWi-Fi内蔵モデル「RX-V577」などAVアンプ2機種を発表

ヤマハは、ネットワークオーディオ機能を充実させたAVアンプのミドルレンジ機「RX-V477」および「RX-V577」を4月上旬から順次発売する。

[ITmedia]

 ヤマハは3月13日、ネットワークオーディオ機能を充実させたAVアンプのミドルレンジ機「RX-V477」および「RX-V577」を発表した。「RX-V577」は、同社として初めてWi-Fiを内蔵したモデルだ。4月上旬から順次発売する。

ts_yamaha03.jpg 「RX-V577」の楽曲再生イメージ

型番 RX-V477 RX-V577
概要 5.1ch対応 7.1ch対応
Wi-Fi なし 内蔵
HDMI入力 6
発売時期 4月上旬 4月中旬
価格(税抜き) 5万5000円 6万6000円

 「RX-V577」は、IEEE 802.11b/g準拠の無線LAN機能を内蔵。AirPlayなどによるワイヤレス音楽再生に加え、専用アプリ「AV CONTROLLER」を使ったリモート操作が手軽にできるようになった。また、自宅に無線ルータがない場合でもこれらの機能を使えるよう、スマートフォンなどとAVアンプが直接無線で接続する「Wireless Direct」機能も装備。スマートフォンやタブレットなど2台の端末を接続できるという。

ts_yamaha01.jpg 「RX-V577」

 DLNA 1.5対応のネットワークオーディオ機能も装備。内蔵DACはバーブラウンの192kHz/24bit対応チップで、ハイレゾ音源については最大192kHz/24bitのWAV、FLACに加え、Apple Losslessの96kHz/24bitの再生も可能になった。ライブ演奏やクラシック音源などで気になる曲間の途切れを解消するギャップレス再生もサポート。なお、無線LAN接続の場合は通信環境などの影響により、ハイレゾ音源を安定して再生できないこともある。

 インターネットラジオ機能は使い勝手重視の改善が図られている。例えば、お気に入りのインターネットラジオ局をメモリーして素早く呼び出したり、聴取中にソースの切り替えや電源オン/オフを行っても直前まで聞いていた局を保持する「vTunerブックマーク&オートプレイ」を新たに装備。より快適にネットラジオを利用できるようになったという。

 ディスクリート構成の7チャンネルパワーアンプを搭載しており、定格出力は各チャンネル115ワット。このほか、フロントにコンパクトスピーカーを使用する場合やサブウーファーなしのシステム構成で低域を補完する新「Extra Bass」(エクストラベース)、リアスピーカーをフロントスピーカーと並べて設置した状態でも5.1chサラウンド再生が楽しめるバーチャルサラウンド技術「Virtual CINEMA FRONT」(バーチャルシネマフロント)などを装備。部屋のサイズやニーズに合わせた柔軟なスピーカー設置が可能になっている。

ts_yamaha02.jpg 背面端子。HDMI入力は6系統、出力は1系統

 HDMI入力は6系統で、4Kパススルーや3D映像伝送、オーディオリターンチャンネル(ARC)をサポート。ほかにコンポーネント2系統、コンポジット4系統のアナログ映像入力を備える。音声入力は、光デジタルが1系統、同軸デジタルは2系統、iPhone/iPodデジタル接続対応のUSB、アナログRCA3系統となっている。本体サイズは435(幅)×161(高さ)×315(奥行き)ミリ。重量は8.1キログラム。

手軽な5.1chモデル「RX-V477」

ts_yamaha05.jpg 「RX-V477」

 エントリーモデルの「RX-V477」は、5チャンネルパワーアンプ搭載機だ。無線LANは内蔵していないが、従来通り有線LANを使ったネットワークオーディオ再生が可能となっている。上位モデル同様、最大192kHz/24bitのWAV、FLACやApple Losslessの96kHz/24bitといったハイレゾ音源の再生に対応したほか、ギャップレス再生にも対応する。

 HDMI入力は6系統で、こちらも4Kパススルーや3D映像伝送、オーディオリターンチャンネル(ARC)をサポートした。iPhone/iPodデジタル接続対応のUSB端子も用意している。

 本体サイズは435(幅)×161(高さ)×315(奥行き)ミリ。重量は8キログラム。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.