ニュース
» 2014年05月19日 11時44分 UPDATE

サイバーフォート、ハイレゾ対応プレーヤーアプリ「KaiserTone」

サイバーフォートの「KaiserTone」はハイレゾ音源再生に対応した音楽プレイヤーだ。単純に再生するだけでなく、グラフィックイコライザーを利用して音質を調節することもできる。

[ITmedia]

 サイバーフォートの「KaiserTone」はハイレゾ音源再生に対応した音楽プレイヤーだ。iPhone本体のイヤフォン出力では最大48KHzに制限されてしまうが、Lightningコネクターなどを介して外部DACと接続すれば、ハイレゾデータの出力も可能だという。iOS 7.0以降に対応する。価格は1000円(税込)。

 対応するファイル形式はDSD(2.8MHz〜5.6MHz/1bit)、FLAC(8k〜192kHz/8〜32bit)、WAV(8k〜192kHz/8〜32bit)、Apple Lossless(8k〜192kHz)、AIFF(8k〜192kHz/8〜32bit)、AAC(8〜320kbps)、MP3(8〜320kbps)。このほか、一般的なMP3やAACなど、iPhoneが標準で再生できる形式にも対応する。

 単純に再生するだけでなく、グラフィックイコライザーを利用して音質を調節することもできる。グラフィック・イコライザーは5バンド、10バンド、20バンド、30バンドの4種類を用意しており、このほかに曲線を使って各周波数帯の出力を設定する機能も持つ。

hs_KaiserTone.jpg 「KaiserTone」の画面。再生だけでなく、グラフィックイコライザーを使った音質調整も可能

 出力はヘッドフォン端子に加えて内蔵スピーカー、Bluetooth、Dock出力、AirPlayに対応する。

関連キーワード

ハイレゾリューション | iOS | AAC | MP3 | Bluetooth | DSD | FLAC | 音楽


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう