ニュース
» 2014年09月25日 22時53分 UPDATE

ロングセラーの後継機、ソニーからプレミアムヘッドフォン「MDR-1A」「MDR-1ADAC」

ソニーは、ロングセラーモデル「MDR-1R」の後継機として、「MDR-1A」を発表した。合わせてUSB-DAC機能とヘッドフォンアンプを内蔵した「MDR-1ADAC」も発売。

[ITmedia]

 ソニーは9月25日、ロングセラーモデル「MDR-1R」の後継機として、「MDR-1A」を発表した。合わせてUSB-DAC機能とヘッドフォンアンプを内蔵したバリエーションモデル「MDR-1ADAC」もリリース。「手軽にハイレゾを楽しめるモデル」(同社)として訴求する。

ts_mdr01.jpg 「MDR-1A」。今回はシルバーがイメージカラーだ(ブラックもある)

 「MDR-1A」は、新開発の40ミリ径ダイナミックドライバーを搭載した密閉型ヘッドフォン。液晶ポリマーフィルムの表面にアルミニウムをコーティングした新開発の振動板は、同時発表のフラグシップモデル「MDR-Z7」などと同じアプローチだ。可聴帯域を超える100kHzまでの高域再生が可能になっている。

 また「ビートレスポンスコントロール」や銅線に銀をコーティングした「銀コートOFC線」なども、この秋の新製品に共通する仕様。同時に発表されたヘッドフォンアンプ「PHA-3」にバランス接続するためのリケーブル(別売)も用意される。

 発売日は10月24日で、価格はオープン。実売想定価格は2万8000円前後となっている。

DACとヘッドフォンアンプを内蔵したモデルも

ts_mdr02.jpg 「MDR-1ADAC」

 一方の「MDR-1ADAC」は、「MDR-1A」のハウジングに最大192kHz/24bit対応のUSB-DAC機能とフルデジタルアンプ「S-Master HX」を内蔵した製品。DSDのネイティブ再生には対応していないが、PCM変換による再生は可能だ。内蔵バッテリーで約7.5時間の連続再生が行える。

ts_mdr03.jpg

 PCとのUSB接続に加え、ウォークマンやXperia、iOSデバイスとのデジタル接続をサポート。iOSデバイス以外では非同期通信方式が有効になるという。

 本体重量は300グラム。ブラックとシルバーの2色展開で、実売想定価格は3万7000円前後。10月24日に発売予定だ。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう