ニュース
» 2015年05月15日 20時28分 UPDATE

「TSUTAYA」に「e☆イヤホン」プロデュースのイヤフォン/ヘッドフォン売り場が登場――桜新町店から順次拡大

「e☆イヤホン」を運営するタイムマシが「TSUTAYAモバイルパッケージストア」に参画。「TSUTAYA桜新町店」内にオープンした「TSUTAYA mobile」のイヤフォン/ヘッドフォンコーナーをプロデュースした。

[ITmedia]

 「e☆イヤホン」を運営するタイムマシンは5月14日、CCCモバイルが運営する「TSUTAYAモバイルパッケージストア」に参画すると発表した。同日「TSUTAYA桜新町店」内にオープンした「TSUTAYA mobile」のイヤフォン/ヘッドフォンコーナーをプロデュースしている。

ts_tsutaya02.jpg 「TUTAYA桜新町店」

 「TSUTAYAモバイルパッケージストア」は、トーンモバイルが4月末に発表したスマートフォン「TONE」を中心に、周辺機器販売やサポートを含めた形で展開する新しいフランチャイズパッケージだ。「e☆イヤホン」が担当するイヤフォン/ヘッドフォンコーナー以外に、「UNiCASE」のエム・フロンティアが提供するスマートフォンケース、イオシスによる中古端末買い取りサービスなども同時に展開する。

ts_tsutaya03.jpg ヘッドフォン、イヤフォンがずらり

 タイムマシン(e☆イヤホン)は、4月中旬に発表したCCCモバイルとの資本業務提携の一環として参画した。ただし、提携時に明らかにしたTSUTAYA店舗内での「e☆イヤホン」インショップ展開とは別のスキームであり、今回は「e☆イヤホン」がチョイスした製品を「TSUTAYA mobile」側が販売する形式になっている。このため商品の値札以外に「e☆イヤホン」の文字は見られない。

ts_tsutaya04.jpg 商品の値札に「produced by e☆イヤホン」の文字が入っている

 店内に並ぶ商品はスマートフォンに適したイヤフォン/ヘッドフォンおよびポータブルスピーカーなど。スポーツに特化したモデルやワイヤレスタイプなども充実させ、価格帯は5000円以下を中心とした。店頭ではユーザーの環境に合った製品の提案、分かりやすい視聴デモなども実施する。なお、店員は「e☆イヤホン」のスタッフではないが、「e☆イヤホン」店舗での研修などを通じて商品知識や提案力を養ったという。

ts_tsutaya06.jpg スポーツタイプやワイヤレスタイプも充実

 「TSUTAYA mobile」は、5月21日に「TSUTAYA 中目黒店」でもスタートする予定。CCCモバイルでは、全国のTSUTAYA1440店舗への出店を視野に入れており、7月末までに全国12店舗に拡大する計画だ。

ts_tsutaya01.jpg 「TONE」はシンプルな料金体系などで注目を集める新しいスマホ

ts_tsutaya05.jpg 「TONE」

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.