ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  T

  • 関連の記事

「TONE」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

MVNOに聞く:
自撮り被害を防ぐカメラの反響、トーンモバイルがフリービット傘下に戻った理由は? 石田社長に聞く
子どもの「自画撮り被害」を防止する機能を搭載したトーンモバイルの「TONE e20」は、そのキャッチーさもあって、大きな反響を呼んだ。好調のTONE e20だが、MVNOを取り巻く事業環境も大きく変化している。トーンモバイル自身も、2019年12月にCCCを離れ、フリービット傘下のDTIに移管されている。こうした変化は、トーンモバイルの事業にどういった影響を与えたのか。(2020/6/22)

PR:自画撮り被害から守る「TONEカメラ」搭載 子どものスマホデビューはトーンモバイルが安心
中学生と高校生を中心に、スマホの「自画撮り被害」に遭うケースが増えていることをご存じだろうか。SNSで知り合った相手にだまされたり脅されたりして、子どもがポルノ画像を送付してしまうというもの。この自画撮り被害を防ぐスマホを提供しているのが、トーンモバイルだ。(2020/4/8)

“裸写真”流出にスカート盗撮も――中高生のスマホトラブル、解決の糸口はどこにあるのか
中高生のスマホトラブルが後を絶たない。解決の糸口はどこにあるのか。携帯事情に詳しく、学生向けのスマホ講演会なども行うフリーライター・モバイルプリンスが考える。(2020/3/3)

裸体の撮影をAIが検知、「自画撮り」被害を防止 トーンモバイルが新型スマホ
トーンモバイルが、AIを活用して裸体などの撮影を防止できるスマホ「TONE e20」を発表。被写体にかざすとAIが分析し、不適切と判定した場合はアラートを発する他、撮影データを保存しない。子どもが面識の無い大人にだまされ、自分の裸を撮影して送ってしまう「自画撮り」の被害を防ぐ。(2020/2/14)

AIで子どもを自撮り被害から守る――新生トーンモバイルの新型スマホ「TONE e20」登場 1万9800円
ドリーム・トレイン・インターネット(DTI)のサービスとなった新生「トーンモバイル」から、新しいTONEスマートフォンが登場。目玉は、AIで不適切な被写体の撮影をブロックするカメラ機能だ。(2020/2/14)

トーンモバイルの「TONE e19」、microSDの内部ストレージ化が可能に
トーンモバイルの「TONE e19」が、microSDを内部ストレージとして利用できる機能に正式対応し、最大256GB分を内部ストレージとして増量することが可能となった。また、抽選で256GB分のmicro SDカードを100人にプレゼントするイベントも実施する。(2019/8/9)

あんしんAI機能もアップデート:
トーンモバイルの新スマホ「TONE e19」登場 石田社長「iPhone1台分の価格で3世代使える」
トーンモバイルが新スマホ「TONE e19」を3月1日に発売する。前モデル「m17」から性能を向上させながら、価格は1万9800円に抑えた。AIが子どもを守る機能「TONEあんしんAI」もアップデートした。(2019/2/14)

トーンモバイルが5周年記念キャンペーン 第1弾は「スマホ本体5000円引き」か「基本料金6カ月無料」
トーンモバイルは、まもなくMVNO参入から5周年を迎える。それを記念するキャンペーンの第1弾として、新規契約者を対象にスマートフォン「TONE m17」をその場で5000円引き、または基本プランの月額料金(月額1000円)を6カ月間無料とするキャンペーンを実施する(条件あり)。(2018/10/1)

トーンモバイルが「TONE Factory」を開発 カスタマイズスマホの小ロット提供が可能に
キッズ(子供)やシニア(中高年層)向けのサービス開発に注力してきたトーンモバイル。今度は「法人」「団体」をターゲットにカスタマイズスマホを小ロットで提供するサービスを提供する。(2018/1/24)

MVNOに聞く:
子どもとシニアでナンバー1を目指すトーンモバイル 石田社長「iPhoneの市場も狙う」
トーンモバイルが展開するMVNOサービス「TONE」は現在、子どもとシニア世代にターゲットを絞っている。直近では雑誌「VERY」と共同開発したスマートフォン「TONE m17」も発売した。そんな同社の戦略について、石田宏樹社長に話を聞いた。(2017/8/21)

トーンモバイル、「TONE(m15)」の販売を再開 「不具合ではない」と判断
トーンモバイルが、スマートフォン「TONE(m15)」の販売を再開した。不具合の可能性があったため、8月1日から販売を一時停止していた。調査により、不具合ではないことが分かった。(2017/8/4)

格安SIMでもたくさん通話したい! MVNOの通話定額オプションを整理する
今や大手キャリアでは通話定額が当たり前だが、格安のMVNOでもオプションを追加することで通話定額が利用できるようになってきた。ライトな1回数分のオプションから、長電話派にうれしい24時間通話定額まで、MVNOの通話定額オプションをまとめた。(2017/5/9)

トーンモバイルが「TONE」のサービスを拡充 新規契約キャンペーンも
トーンモバイルの垂直統合型MVNOサービス「TONE」が、3月から順次サービスを拡充する。また、春商戦を見据えて19歳以下または複数回線の新規契約者を対象とするキャンペーンを2月24日から実施する。(2017/2/22)

SIM通:
子どもに安心・安全を 保護者視点で検証する「TONEモバイル」
基本料金に050のIP電話もついて月額1,080円のプランなど、独自の存在感を放つTONEモバイル。最大の売りは「子どもから大人まで安心して使える」さまざまな機能です。今回は、最新端末「TONE m15」を子どもと一緒に使用してみた感想をお伝えします。(2017/1/31)

トーンモバイル、IP電話かけ放題やフィルタリングサービスを発表――新機種はどうなる?
トーンモバイルは11月30日、スマートフォン「TONE」向けの新サービスを発表。石田社長が直近の戦略を語った。格安SIMのレッドオーシャンの中で、同社はどのように生き残りを図っていくのか。(2016/11/30)

ソフト更新で「TONE」のバッテリー持ちが約2倍に――「Pokemon GOに最適な“進化”するスマホ」(石田社長)
「TONE(m15)」に大幅アップデート「TONE software 2.0」配信開始。ファームウェアやアプリなど、さまざまな改善でバッテリー持ちが2倍に。そしてPokemon GOに最適な理由とは?(2016/7/25)

CCCの大型百貨店「T-SITE 枚方」がオープン、店舗とネットを結ぶ「T-SITE Passport」アプリも提供
CCCが、5月16日に大阪府の枚方市駅駅前に生活提案型デパートメント「枚方 T-SITE」をオープン。これに合わせ、枚方T-SITEのショップ・イベント情報を入手したり、TSUTAYA携帯会員証として使ったりできる「T-SITE Passport」アプリも提供する。(2016/5/16)

健康を増進して、Tポイントももらえる トーンモバイルの「持っているだけで健康になるスマホ」とは
トーンモバイルが、同社のスマートフォンを「持っているだけで健康になるスマホ」に変える取り組みを発表。中強度の運動20分と1日8000歩の歩行を継続して行うことでTポイントがもらえる新しい仕組みを「ライフログ」アプリに組み込みました。(2016/2/18)

R25スマホ情報局:
ツタヤの格安スマホに期待と不安
激しい競争が続くスマホ業界にツタヤが格安路線で参入。その価格やうたい文句に対して、ツイッター上では期待と不安の声が上がっています。(2015/11/24)

“Tのスマホ”に最新機種「TONE m15」 LTE対応、料金体系はシンプルに
“Tのスマホ”「TONE」の最新モデル「m15」が発売。LTEに対応したほか、シンプルな料金体系で、誰もが使える「安心品質のサービス」を提供するという。(2015/11/17)

トーンモバイル、LTE対応の新端末「TONE(m15)」発売――11月17日から先行販売スタート
トーンモバイルは、LTE対応のAndroidスマートフォン「TONE(m15)」を発売。二子玉川蔦屋家電、代官山蔦屋書店で先行販売する。(2015/11/17)

店舗の待ち時間も短い:
3Gだけど96%が通信速度に“満足” トーンモバイル利用者の声とは?
トーンモバイル石田社長がTのスマホ「TONE」の現状を報告。店舗、端末、通信速度に対する満足度の高さをアピールした。(2015/11/16)

唐津にあります:
Tのスマホはアフターが違う トーンモバイルが“垂直統合”型サポート拠点「SiLK Hotlines」を公開
唐津にあるトーンモバイルのサポート拠点「SiLK Hotlines」は、9割近い正社員が対応することでユーザーの満足度を向上させている。施設を集約することでコストも削減できるという。(2015/11/13)

トーンモバイルの「TONE」がアップデート――「TONEフォトプリント」を提供開始
トーンモバイルのスマートフォン「TONE」をアップデートすることで、「TONEフォトプリント」が利用可能になる。(2015/9/28)

スマホで地域活性化目指す「ふるさとスマホ」、CCCグループが設立 社長に前武雄市長の樋渡氏
スマートフォンを利用した地域活性化事業を展開する「ふるさとスマホ株式会社」をCCCモバイルが設立。前佐賀県武雄市長の樋渡啓祐氏が社長に就任する。(2015/7/29)

「TSUTAYA」に「e☆イヤホン」プロデュースのイヤフォン/ヘッドフォン売り場が登場――桜新町店から順次拡大
「e☆イヤホン」を運営するタイムマシが「TSUTAYAモバイルパッケージストア」に参画。「TSUTAYA桜新町店」内にオープンした「TSUTAYA mobile」のイヤフォン/ヘッドフォンコーナーをプロデュースした。(2015/5/15)

安いだけではダメ:
freebit×CCC――トーンモバイルが「TONE」で変える5つのこと
5月5日、「Tのスマホ」こと「TONE」が始動する。安さばかりに目を向けられがちなMVNO市場だが、TONEは日本のスマホ環境を取り巻く5つのことを“変える”ことで、差別化を図る。(2015/5/1)

TSUTAYA店頭で買える“Tのスマホ”「TONE」発売 月額1000円から、利用でTポイント
CCCグループとフリービットが共同開発した“Tのスマホ”「TONE」が5月5日に発売される。(2015/4/30)

Tのスマホ、ついに登場:
トーンモバイル、新スマホ「TONE」を発表
トーンモバイルが、新しいスマートフォン「TONE」を発表。「安心できないところがないスマホ」を目指し、端末からサービスまで垂直統合スタイルで提供する。(2015/4/30)



にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。