ニュース
» 2015年07月24日 19時26分 UPDATE

2015年上半期に最も売ったメーカーは? BCNがデジタル家電の販売数量No.1メーカーをまとめる

集計した主要120カテゴリのうち最も伸びたのは4Kテレビで501.5%を記録。No.1メーカーは……。

[ITmedia]

 BCNは7月24日、デジタル家電の実売データを集計する「BCNランキング」に基づき、2015年上半期(1〜6月)に最も販売数量が多かった「上半期No.1メーカー」を発表した。

ts_bcn01.jpg

ts_bcn02.jpg 2015年上半期No.1メーカーのハードウェア編(出典はBCN)

 集計したのは主要120カテゴリ。このうち最も伸びたのは4Kテレビで501.5%を記録したほか、ワイヤレススピーカーも140.5%と好調だった。BCNでは、「50型前後で4Kとしては比較的小型で手頃なモデルが販売を加速させた」と分析。4Kテレビ、ワイヤレススピーカーともにNo.1メーカーはソニーだった。ほかにもソニーは、ホームシアターシステムやシアターラック、携帯オーディオといった分野でもNo.1メーカーになっている。

ts_bcn03.jpg ソニーの4Kテレビ「KJ-75X9400C」

 一方、4Kを除く液晶テレビでは、40インチ未満/以上の両方でシャープがNo.1メーカーとなった。このほか、Blu-ray Discレコーダーはパナソニック、スピーカーシステムがオンキヨー&パイオニア、AVアンプはヤマハ、ヘッドフォン&イヤフォンはオーディオテクニカとなっている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.