レビュー
» 2015年08月31日 17時00分 UPDATE

オンライン動画サービス特集:音楽プレーヤーとしても便利! ソフトバンクの「UULA」ならワンコインで映画と音楽を楽しめる (1/2)

ソフトバンクが提供する定額制動画配信サービス「UULA」は、月額500円以下の安さが魅力。その実力はいかに?

[今西絢美,ITmedia]

 キャリア主導の動画配信サービスはNTTドコモの「dTV」、au(KDDI)の「ビデオパス」、ソフトバンクの「UULA」がある。いずれも「Hulu」や「U-NEXT」に比べてリーズナブルな料金設定が魅力だが、中でもUULAは低料金だ。とはいえ、“安かろう悪かろう”では意味がない。そこで、今回はUULAのサービス内容をチェックしていきたい。

月額467円で使えて、iOS端末ならソフトバンクユーザー以外も利用可能

 「UULA」は、エイベックス・エンタテインメントとソフトバンクの合弁会社であるUULAが2013年2月から提供するサービスで、10万本以上のコンテンツが月額467円(税別)で利用できる。

photo 1カ月無料だが、支払い方法によっては無料期間がないので注意しよう

 ソフトバンクのユーザーはもちろん、他キャリアのユーザーも利用できる。ただし、他キャリアの場合、利用できるのはiPhoneとiPadに限られる。ソフトバンクユーザーの場合は携帯電話料金と一緒に支払えるが、他キャリアのユーザーの場合は、クレジットカード、Yahoo!ウォレットでの支払いになる。

photo ソフトバンクユーザーの場合は「かんたん登録」を選択し、My SoftBank認証を行う

 ソフトバンクの携帯電話料金と一緒に支払う場合は、初回登録時は1カ月無料になる。ほかの支払い方法の場合は適用されないので注意しよう。一度IDを登録すれば、最大3台のデバイスから同じIDでログインできる。

映画やドラマよりも音楽コンテンツが充実

 10万本以上のコンテンツといえば「さぞラインアップが豊富なのでは?」と思うだろうが、実は大半をカラオケコンテンツが占める。いわゆる“カラオケビデオ”が流れる仕様で、頻繁にカラオケボックスに行く人には役立つコンテンツになる。

photo 本サービスはJOYSOUNDから供給を受けている。ランキングではやりの曲をチェックしよう
photo 曲を再生するとカラオケビデオが流れる。1人カラオケもしやすい

 ミュージックビデオやライブビデオのラインアップも、ほかのサービスよりも充実している。J-POP、歌謡曲、ロック/ポップス、R&B/ソウル、ラップ/ヒップホップ、クラブ/ディスコなど、カテゴリは多岐にわたる。

photo ライブビデオの配信数の多さはさすがエイベックスが関わっているだけあり、ほかのサービスよりも充実している

 音楽プレーヤー感覚で使いたい人にオススメなのが「AUTO PLAY」という機能。これは、オススメのミュージックビデオを連続再生する機能で、ヒットソングを手早くチェックできる。視聴履歴がたまることで好みに合った楽曲が出てくるので、使えば使うほど便利になる。

photophoto 「ミュージック」タブの「AUTO PLAY」はラジオ感覚で楽しめる(左)。再生を開始すると、ミュージックビデオが流れる(右)

 もちろん、邦画、洋画、国内/海外ドラマ、バラエティなども配信されている。中でも注目は、「UULAオリジナル」のカテゴリだ。40作ほどではあるが、UULAでしか見られないドラマやアニメを配信する。BIGBANGの未公開ドキュメンタリー映像など、コアなファンには気になる映像もある。とはいえ、作品数はまだまだ少ないので、コンテンツの拡充に期待したい。

photo 安野モヨコの「バッファロー5人娘」はムービーコミックとして登場。また、蜷川実花が監督、倖田來未が主演を務めたミュージックビデオ「ピンク スパイダー inspired by バッファロー5人娘」もUULA限定配信のコンテンツだ
       1|2 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.