ニュース
» 2015年10月29日 23時24分 UPDATE

壁掛けにも対応:ヤマハ、「MusicCast」対応のコンパクトなワイヤレススピーカー「WX-030」

ヤマハは、ネットワーク対応のワイヤレススピーカー「WX-030」を11月上旬に発売する。AirPlayやDLNA 1.5、ヤマハの「MusicCast」をサポート。

[ITmedia]

 ヤマハは10月29日、ネットワーク対応のワイヤレススピーカー「WX-030」を発表した。11月上旬発売予定で、価格は4万円(税別)。ホワイトとブラックの2色をラインアップしている。

ts_yamahawx01.jpg 「WX-030」

 BluetoothとWi-Fiを内蔵し、AirPlayやDLNA 1.5(DMR)、ヤマハの「MusicCast」をサポート。スマートフォンやタブレットに保存している音楽コンテンツを再生できるほか、ネットワークのPCやNASに保存した楽曲の再生、インターネットラジオなども聴くことができる。シンプルなデザインも特徴で、壁掛けにも対応。操作は本体のタッチセンサーで行う。

ts_yamahawx02.jpg 操作は本体のタッチセンサーで行う

 専用アプリ「MusicCast」をスマートフォンなどに導入すれば、PC内の楽曲再生などに加え、radiko.jpの放送局選択も行える。また同一ネットワーク内にほかのMusicCast端末(NX-N500、ISX-80など)があれば、音声信号の配信/受信も可能だ。

 スピーカーは9センチウーファーと3センチツィーターの2Way構成。さらにパッシブラジエーターで低域を補強している。再生周波数特性は60〜2万Hzとハイレゾ対応スピーカーの要件を満たしてはいないが、ネットワーク再生ではWAVやFLAC、AIFF(192kHz/24bit)、ALAC(96kHz/24bit)の再生も可能だ。またWX-030を2台用意すれば、それぞれをLチャンネル、Rチャンネルのスピーカーとして使用できるなど、コンパクトさと拡張性をあわせ持つスピーカーとなっている。

 本体サイズは243(幅)×157(高さ)×113(奥行き)ミリ。重量は2.2キログラム。電源コードとケーブルカバー、振動止めクッションが付属する。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.