ニュース
» 2015年11月10日 16時39分 UPDATE

40ミリウッドドームユニットを搭載:木の振動板を採用したハイレゾ対応ヘッドフォン――JVC「WOOD 01/02」登場

JVCブランドから、新開発のウッドドーム振動板を搭載した密閉型ヘッドフォン「WOOD 01」(HA-SW01)、「WOOD 02」(HA-SW02)が登場。木の自然な響きと大口径ならではの余裕のあるサウンドを実現したという。

[フォレスト・ヒーロー,ITmedia]

 JVCケンウッドは11月10日、JVCブランドの密閉型ヘッドフォン2機種を発表した。同社が提案する”上質なライフスタイル”を提案する「CLASS-S」シリーズ第2弾の製品。価格はどちらもオープンプライス。市場想定価格は、上位モデル「WOOD 01(ウッド ゼロワン)」(HA-SW01)が7万円前後、「WOOD 02(ウッド ゼロツー)」(HA-SW02)が5万円前後(いずれも税別)。12月上旬に発売する予定だ。

hm_JV01.jpg

 独自の薄膜加工技術を進化させ、40ミリ径という大口径のウッドドーム振動板を新開発。1T(テスラ)を超える高い磁束密度を実現した専用設計の「ハイエナジー磁気回路」を組みあわせ、木の自然な響きとハイレゾ音源の持つ繊細な音表現、そして大口径ならではの余裕のあるサウンドを実現したという。

 その他共通仕様として、ユニット内部に採用したウッドプレート、リング状の「ブラスリング制振構造」、無垢の木材を数十層にわたって積層した「ウッドオンハウジング」などがある。ケーブルは着脱式で、L/R独立グランドプラグ&OFCケーブル(1.2メートル)を採用した。

 プレミアムモデルに位置付けられる「WOOD 01」ではさらに、木製パーツとして、ウッドバッフル、響棒、制振ウッドプラグを用いたほか、音響用ハンダを使用している。同社は「厳選した音響ウッドパーツを投入し、クリアで繊細な音表現を実現。音のにごりを抑制し、繊細な表現を実現する」としている。

hm_JV02.jpg

 主な仕様は2機種共通で、再生周波数帯域は8〜4万5000Hz。インピーダンスは56オーム、出力音圧レベルは105db/1mW、最大許容入力は1500ミリワット。なお、重量はWOOD 01が約330グラム、WOOD 02が約320グラムとなっている。付属品は共通で、着脱ケーブルとキャリングケースとなっている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.