ニュース
» 2016年03月10日 13時48分 UPDATE

シャープ、部屋干しのニオイを抑えるプラズマクラスター除湿機

シャープは高濃度の「プラズマクラスター7000」を搭載した除湿機2機種を発表した。3月15日から順次発売する。

[フォレスト・ヒーロー,ITmedia]

 シャープは3月9日、プラズマクラスター除湿機を2機種発表した。価格はどちらもオープン。市場想定価格と発売日は、大容量タイプの「CV-F120-W」5万8000円前後で3月15日発売、コンパクトタイプの「CV-F71-W」が3万9000円前後で4月15日発売予定。カラーはどちらもホワイト系のみとなる。

hm_shp01.jpg
hm_shp02.jpg

 除湿方式には低消費電力のコンプレッサー方式を採用。高濃度の「プラズマクラスター7000」を搭載し、室内に付着したカビ菌の増殖を抑制する。部屋全体の除湿だけでなく、集中的にプラズマクラスターを当てる「スポット消臭」機能も備え、部屋干し衣類の生乾き臭やたばこの付着臭なども抑制できるという。

 CV-F120は、1日約12リットルの除湿能力があり、広いリビングでの衣類乾燥や除湿が可能。天井から床付近まで広範囲に送風する「180°広角自動スイングルーバー」を搭載し、上下2段の衣類部屋干しにも対応する。本体サイズは360(幅)×260(奥行き)×565(高さ)mm、重量は約12.1kg。除湿可能面積の目安は最大30畳、排水タンク容量は約3.1リットル。

 CV-F71は、設置面積がほぼA4サイズというコンパクトモデルだ。小型ながら1日約7.1リットルの除湿能力を持っている。本体サイズは304(幅)×203(奥行き)×480(高さ)mm、重量は約9kg。除湿可能面積の目安は最大18畳、排水タンク容量は約2.5リットル。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.