ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「ニオイ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ニオイ」に関する情報が集まったページです。

「洋服の青山」の青山商事、抗菌・消臭・抗ウイルス加工の「日本製布マスク」を抽選販売
紳士服販売チェーン「洋服の青山」を展開する青山商事は、特殊加工を施した国産布マスク「TioTioプレミアム 洗える立体マスク」を公式特設サイトで抽選販売することを発表した。サイズは3種類を用意し、1枚590円(税別)で提供する。(2020/5/27)

医療機器ニュース:
マグナがオゾン除菌装置、新型コロナへの効果を立証する協力企業を募集中
マグナ・インターナショナルがオゾンを使用した除菌装置「PURO」の開発を進めている。大きめのクーラーボックスのようなサイズと形状で、洗えない服や靴、カバン、子どものおもちゃなどを中に入れて除菌、消臭する製品だ。(2020/4/2)

伊藤園「お〜いお茶」の茶殻を使用した枕が発売 消臭・抗菌効果と緑茶の香り
リラックスできそう。(2019/12/1)

材料技術:
繊維アパレル業界に、植物由来多孔質炭素材料のライセンスを開始
ソニーは、繊維・アパレル業界に対し、植物由来多孔質炭素材料「Triporous」のライセンスを開始した。「Triporous FIBER」の商標名で展開される繊維アパレル製品は、優れた消臭力が長時間持続し、洗濯することで機能が回復する。(2019/11/11)

CEATEC 2019:
スマホに挿すと“鼻の代わり”に ガス漏れ、食品の腐敗、体臭の強さなど測定 小型センサー「noseStick」
第一精工と凸版印刷が、においの種類と強さを計測できる小型センサー「noseStick」を「CEATEC 2019」に初出展。スマートフォンとUSB Type-Cで接続することで動作するセンサー。ガス漏れの検知、食品の鮮度管理、体臭やアルコールチェックなどの用途を見込む。(2019/10/15)

医療機器ニュース:
高濃度臭気を安全、効果的に除去する次亜塩素酸水溶液脱臭システム
キヤノンマーケティングジャパンは、畜産業向けの「次亜塩素酸水溶液脱臭システム」を発表した。炭酸ガスを混合した次亜塩素酸水溶液を高濃度臭気に接触させることで、臭気を安全、安価に除去できる。(2019/7/26)

PR:外国人の約半分が感じた日本人への衝撃の事実 切ない現実をシュールに描いた動画「FEEL JAPAN」
うわっ……私の口臭きつすぎ……?(提供:サンスター株式会社)(2019/6/21)

新工法:
賃貸住宅の臭気対策に利用可能な室内臭気低減工法を開発
室内臭気を短期間で効果的に低減する業界最先端の工法を、都市再生機構、日本総合住生活、ナオス・テックが共同開発。測定・分析、消臭、封じ込めの3ステップからなる。(2019/6/3)

これには審神者もメロメロ 西川貴教、消臭“刀”装備した姿にファン「大太刀レベル以上なカッコ良さ」
主命とあらば!!(2019/5/24)

口臭が気になることを匿名で代わりに伝えてくれる Webサービス「くちくさえもん」登場
伝え方も「やんわり」「軽蔑する様に」と選択可能。(2019/4/19)

消臭スプレーを銃のように構え「行くぞ相棒!!」「ええ!!」 掃除を“アメリカンなノリ”で楽しむ夫婦の漫画がほほえましい
Twitterで人気の「アメリカンなノリにも付き合ってくれる人と結婚したいっていう漫画」シリーズ。(2019/3/14)

AI導入には「最低6カ月、1000万円」を覚悟せよ:
ライオンの「口臭リスク判定アプリ」 ユーザー、ベンダーが語るAI開発の裏側
舌の画像を解析し、口臭のリスクを判定するというアプリ「RePERO」。東京・虎ノ門で行われたイベント「THE AI 3rd」では、そのAI開発の舞台裏をライオンと富士通クラウドテクノロジーズが語った。(2019/2/25)

スプレー缶の「ガス抜き」で爆発? 捨てるとき注意すべきこと
札幌市豊平区で12月16日夜、爆発が発生。「廃棄処分する除菌消臭用のスプレーを室内で大量にまいた」ことが原因とみられる。(2018/12/17)

CEATEC JAPAN 2018:
あなたの口臭は大丈夫? スマホで舌を撮影、口臭リスクを判定 ライオンが開発
自分の舌をスマホカメラで撮影すると、口臭リスクを3段階で判断してくれるアプリを、ライオンが「CEATEC JAPAN 2018」に出展する。(2018/10/15)

100段階で表示:
体臭測定デバイス「クンクンボディ」が進化 口臭レベルの可視化に対応
コニカミノルタは10月3日、体臭を測定できるデバイス「Kunkun body」のアップデートを順次開始。測定対象に「口臭」を追加した。(2018/10/4)

部屋干しのニオイを抑える扇風機型のオゾン発生器、マクセルが発売
マクセルが部屋干しの洗濯物を低濃度オゾンで除菌する扇風機型のオゾン発生器「部屋干し用オゾネオ」を発売する。湿気がこもりがちな室内やクローゼット、押し入れの除菌と消臭にも利用できる。(2018/9/19)

「女性の甘い香りの正体は?」「加齢臭は○○の香りに似ている」 体臭トリビア3選
体臭を指摘されたときこそウンチクを浴びせよう。(2018/8/2)

タニタ、気になる体臭をセルフチェックできる「においチェッカー」を発売 強さを11段階で見える化
気づかない自分のニオイをチェックする。(2018/6/20)

体臭に香水も ニオイの強さを“見える化”する「においチェッカー」、タニタが発売
タニタが「においチェッカー」を7月に発売する。首の周囲や脇など気になる部分にセンサーをあてるだけでニオイの強さを「見える化」してくれる。(2018/6/18)

体臭、加齢臭、柔軟剤も:
「くさい!」を数値化 タニタ、“スメハラ”対策に「においチェッカー」
タニタは7月1日、体臭や加齢臭、強すぎる柔軟剤のにおいなどを自分でチェックできる機器「においチェッカー ES-100」を発売。ビジネスシーンなどで身だしなみを整えるのに役立ててもらう。(2018/6/18)

あのミゲルくん!? 「消臭力」の男の子が19歳の青年に、エステー新CMに7年ぶり登場
めっちゃ大人になってる。(2018/3/20)

シャチは虫歯と口臭がひどい 生き物の“ざんねん”な部分に迫るシリーズ第3弾「ざんねんないきもの事典」が登場
まだまだ“ざんねん”な生き物がたくさん。(2018/3/10)

これは熱い勝負! パナソニックの最新脱臭機 VS 新宿駅の公衆トイレ 4月1日まで実施中
効果の大きさが身をもって体験できそう。(2018/3/6)

医療技術ニュース:
脱臭と消臭の違いとは、パナソニックの「ニオフ」は“消臭”のオンリーワン
パナソニックは、エコソリューションズ社のグループ会社であるパナソニック エコソリューションズ化研の消臭技術を用いたニオイケア製品について説明。2016年7月から商品展開を始めたプロユース消臭剤「nioff(ニオフ)」は、「国内消臭剤市場の中でもオンリーワンのポジションにある」(同社)という。(2018/2/28)

池袋PARCOで開催:
「におい展」で、どんなモノを嗅げるの? 吐いてしまった人も
カメムシ、加齢臭、腐豆腐、シュールストレミングなど不快な臭いに加え、さわやかな気分になれる香料も体験できるイベントが池袋PARCOで開催される。(2018/1/10)

2017国際ロボット展:
“足がクサイ”と気絶、犬型ロボ「はなちゃん」 新型は「お尻から消臭剤」噴射
足が臭うと気絶する犬型ロボット「はなちゃん」が、2017国際ロボット展に登場。臭うとお尻から消臭剤を噴射する新型も披露された。(2017/11/29)

石けんを使わず1年半“湯シャン”だけで過ごしたおっさんの「匂いを嗅げる権」を買ってみた
筆者の体臭とどっちが気になるか、実際に嗅ぎ比べてもらいました。(2017/11/21)

スピン経済の歩き方:
体臭ビジネスが盛り上がると日本人がおかしくなるのは本当か
臭いで周囲を不快にさせてしまう「スメルハラスメント」への関心が高まり、「体臭ビジネス」が盛り上がっている。しかし、「不快な臭い」が全て排除される環境には危険性もあるのではないか。なぜかというと……。(2017/9/26)

「蓄膿だからかな?」 指原莉乃、ファンの“体臭問題”に見解「ほぼない」
誰も傷つかない優しい世界。(2017/8/30)

SKE48松村香織の“ファン体臭問題”直訴に「マンダム」が出陣 「かおたん効果スゴい」
広がるもんだなあ。(2017/8/28)

SKE48松村香織、握手会での “体臭問題”に神対応! ファン「対策します!」「気を付けないと!」
夏場は特に気を付けないと。(2017/8/20)

パナソニックの型破りな家電! 「脱臭ハンガー」誕生の秘密
パナソニックの「脱臭ハンガー」は、衣類を掛けておくだけで臭いをとってくれる画期的な家電だ。その開発者に経緯を聞くと、驚きのこだわりエピソードがいくつもあった。(2017/8/18)

業務用の技術を家庭に、パナソニックが次亜塩素酸除菌脱臭機「ジアイーノ」発売
パナソニックが次亜塩素酸を使用する空間除菌脱臭機「ジアイーノ」2機種を発売する。業務用として医療や介護の分野で活用されている技術を家庭向けに改良した。(2017/8/8)

ユニクロ調査:
9割の人が「冬コミより夏コミの方がつらい」何がつらい?
ユニクロが同人誌即売会「コミックマーケット」に関する調査を実施。約9割が「冬コミより夏コミの方がつらい」と回答。暑さや体臭に困っているという。(2017/8/4)

イノベーションのレシピ:
見える、見えるぞ、私の体臭が! ニオイの見える化はオープンイノベーションから
コニカミノルタは「世界初」(同社)とするニオイ見える化チェッカー「Kunkun body」を発表。頭、耳の後ろ、脇、足の4カ所について、3大体臭といわれる汗臭、加齢臭、ミドル脂臭を数値として測定できるデバイスだ。オープンイノベーションにより、アイデア出しから約2年という短期間で商用化した点にも注目だ。(2017/7/18)

クラウドファンディングで人気:
人の体臭を測定できるデバイス「クンクンボディ」登場
コニカミノルタが、人の体臭を測定できるデバイス「Kunkun body(クンクンボディ)」を発売した。汗臭・加齢臭・ミドル脂臭の3大体臭を測定し、専用アプリ上に数値とアドバイスを表示する。(2017/7/13)

「スメハラ」してませんか? 体臭が“見える”スマホ連携デバイス 開発の裏側
臭いの種類を判別できる体臭チェッカー、その名も「kunkun body」(クンクンボディー)をコニカミノルタが開発した。【訂正】(2017/7/13)

パナソニックから「脱臭ハンガー」登場――かけるだけでニオイを除去、花粉も抑制
(2017/6/26)

セブン、“コーヒーかす”を消臭剤に 全店舗に導入
「セブンカフェ」でコーヒー豆をひくと出る“かす”をリサイクル。店舗内の清掃に使う消臭除菌剤に作り変える。(2017/5/29)

加齢臭に「コエンザイムQ10」が効く? 資生堂研究
コエンザイムQ10を4週間摂取したところ、加齢臭の原因物質「ノネナール」の濃度が2〜3割減少したという。(2017/4/6)

エステー、「紙」タイプの消臭剤 「包む、かぶせる、丸めて詰める」など自在
好きな長さにカットして利用できる脱臭剤を発売する。(2017/3/24)

“加齢臭”を減らせばダニも減る!? 枕をまるごと脱臭する「レイコップRX」登場
レイコップ・ジャパンが、ふとんクリーナーの最上位モデル「レイコップRX」を2月下旬に発売する。「ドライエアブロー」と独自の「ホメスタイオン」を組み合わせ、まくらの除菌と消臭が可能になった。これでダニが寄りつかない?(2017/2/7)

ニオイを抑える“くつ乾燥機”、アイリスオーヤマから
アイリスオーヤマが「脱臭くつ乾燥機 カラリエ」を発表。温風で靴を乾かすという本来の機能に加え、くつのニオイを抑えるオゾン脱臭機能を搭載している。(2016/12/19)

にんにく料理が集結する「ガーリックパラダイス2016」が新宿で開催 ブレスケア無料配布など口臭対策も万全
にんにく料理専門店が気になる。(2016/8/4)

ハンドルとキャスター付き:
除菌消臭もできる除湿機、カドー「DH-C7000」登場
カドーは、同社初の除湿機「DH-C7000」を6月30日に発売する。ユニークかつ実用的なデザインに加え、嫌なニオイの元を分解する「除菌消臭モード」を搭載している。(2016/6/16)

光触媒使用:
“GLAPS”の新作はアルミで作られた6角柱のエアクリーナー「A1」
REVSONICが家電ブランド“GLAPS”の新製品「A1」を発売した。6角柱のアルミボディーを採用した省スペースな除菌・消臭エアクリーナーだ。(2016/5/31)

あの「消臭力」の美少年・ミゲルくん、すっかり成長してクールガイに エステー新CMで再び歌声を披露
「カワイイ」から「カッコイイ」に。(2016/4/4)

REVSONICが新家電ブランド「GLAPS」を立ち上げ――第1弾は除菌&消臭に特化したエアクリーナー
REVSONICが家電ブランド「GLAPS」を立ち上げ、第1弾製品となる「V1」を発表した。ミニマリズムを追求したデザインの除菌・消臭エアクリーナーだ。(2016/3/28)

シャープ、部屋干しのニオイを抑えるプラズマクラスター除湿機
シャープは高濃度の「プラズマクラスター7000」を搭載した除湿機2機種を発表した。3月15日から順次発売する。(2016/3/10)

加齢による口臭! 改善のポイントは○○な食事
臭いは年齢を重ねるほど増すといわれていますが、中でも加齢による口臭はどのように予防すればいいのでしょうか?(2016/2/8)



にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。