ニュース
» 2016年09月28日 14時03分 UPDATE

ハイレゾからBluetoothまで:最新のネットワークオーディオをカジュアルに楽しめるコンパクトコンポ――ヤマハ「WXA-50」

ヤマハからデスクトップサイズのオーディオコンポ「WXA-50」が登場。ハーフサイズにハイレゾ音源からBluetoothまで、多彩な音源を再生する機能を詰め込んだ。パワーアンプのない「WXC-50」もラインアップ。

[芹澤隆徳,ITmedia]

 ヤマハは9月28日、ネットワークオーディオをカジュアルに楽しめるデスクトップサイズのオーディオコンポ「WXA-50」を発表した。10月中旬に6万9000円(税別)で発売する。

「WXA-50」
amazon

 214(幅)×51.5(高さ)×251.4(奥行き)mmのハーフサイズにハイレゾ音源からBluetoothまで、多彩な音源を再生する機能を詰め込んだ。115W+115W(実用最大出力)の2chパワーアンプを内蔵しているため、お気に入りのスピーカーを組み合わせるだけで音楽が楽しめる。またアクティブサブウーファーを追加するための出力端子も備えた。

お気に入りのスピーカーを組み合わせるだけで音楽が楽しめる

 鉄製のボディーは、1枚板の4辺を折り曲げ、ネジ止めなしで箱型の筐体(きょうたい)を製作する新しい手法を採用。丸みを帯びたデザインに仕上げた。本体は横置き/縦置き両対応で、縦置き用のスタンドも付属する。

 DACにはESSの「ES9006AS」を採用し、NASやPCからのネットワーク再生では最大192kHz/24bitのPCM音源(WAV、FLAC、AIFF、Apple Losslessは96kHz/24bitまで)、および5.6MHzまでのDSDダイレクト再生が可能だ。再生中の音の途切れを解消するギャップレス再生もサポートしてた(DSDは除く)。また独自のネットワークコントローラーを搭載して「MusicCast」にも対応。ほかの対応機器があれば、スマートフォンやタブレットからの操作で、マルチルーム再生を行ったり、Bluetoothや機器の外部入力を含む多彩な音楽ソースを共有するといったことが可能になる。

外部入力として光デジタル1系統、アナログ入力1系統を備えている

 回路構成も凝ったもの。アナログ部とデジタル部との電位差を解消し、微小信号の再生品位を高めるD.O.P.G(DAC on Pure Ground)コンセプトやジッターの除去性能を3段階で変更できるウルトラロージッターPLLモード、48bit以上の解像度を持つデジタルボリュームなど、ヤマハ製Hi-Fi機器やAVアンプで培った技術を投入した。

パワーアンプ非搭載の「WXC-50」も

 また同一デザインでパワーアンプを搭載していないネットワークオーディオプレーヤー兼プリアンプの「WXC-50」もラインアップした。手持ちのプリメインアンプやAVレシーバー、アクティブスピーカーなどと組み合わせてネットワークオーディオ再生が楽しめる。

「WXC-50」なら手持ちのプリメインアンプなどにネットワークオーディオ再生機能を手軽に追加できる
amazon

 WXC-50には、プリアンプとして使用するための「プリアンプモード」と単体ネットワークプレーヤーになる「プレーヤーモード」があり、プレーヤーモードにすると音質補正回路をスキップしてよりダイレクトな再生音を実現するという。背面端子は、光/同軸デジタル音声出力とRCAアナログ音声出力、サブウーファー端子となっている。

 WXC-50の価格は5万4000円(税別)。同じく10月中旬に発売する予定だ。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう