ニュース
» 2016年12月07日 19時38分 UPDATE

ソニー、カードゲームの可能性を広げる「Project FIELD」発表――第1弾は「妖怪ウォッチ」

ソニーがスマートフォンやタブレットを活用してカードゲームを体験を豊かにする新しいプラットフォーム「Project FIELD」を発表した。パッドの上にカードをのせると、カードの種類はもちろん、位置や向き、動きを読み取り、ゲームアプリへリアルタイムに反映する。

[ITmedia]

 ソニーは12月7日、スマートフォンやタブレットを活用してカードゲームを体験を豊かにする新しいプラットフォーム「Project FIELD」を発表した。コンテンツ第1弾として、フォワードワークス、レベルファイブ、バンダイとの協業で「妖怪ウォッチ」シリーズのタイトルを開発中だ。

プレイイメージ

 Project FIELDは、モバイル端末とBluetooth接続の専用パッド、ゲームアプリ、そしてIC内蔵のカードで構成される。パッドの上にカードをのせると、カードの種類はもちろん、位置や向き、動きを読み取り、ゲームアプリへリアルタイムに反映する仕組み。ゲームの進行やキャラクターの進化など、さまざまな情報をカードに書き込むこともできる。

Bluetooth接続の専用パッド
ICカードのためデータの書き替えが可能

 例えば対戦ゲームなら、カードをスライドさせたり、向きを変えるといった操作でキャラクターを操作。育成ゲームでは、キャラクターの進化をカードに記録しておけば、場所を変えてゲームをする場合でも進化したキャラクターが登場する。「カードゲームの可能性を広げ、新しい遊びの提案ができる」(同社)。ソニーでは、開発者向けにSDK(Software Development Kit:開発キット)を提供する計画だ。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう