ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「進化」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「進化」に関する情報が集まったページです。

クセになる愛らしさ……! ファービーを修理して作った「エビフライファービー」のインパクトがすごい
愛を受けて進化したファービー!(2020/1/25)

FAメルマガ 編集後記:
2020年こそ期待したいロボットの“手”の進化
“眼”と“脳”と“手”が柔軟性の三種の神器です。(2020/1/24)

ET&IoT Technology 2019:
EVも蓄電池の1つ、総合エネルギー企業へと進化するテスラ
組み込みおよびIoT(モノのインターネット)関連技術の総合展示会「ET&IoT Technology 2019」(2019年11月20〜22日、パシフィコ横浜)の基調講演にTesla Japan(テスラジャパン)合同会社 エナジープロダクト カントリーマネージャーの浅倉眞司氏が登壇。「持続可能なエネルギーへ、世界の移行を加速する」をテーマに、家庭用蓄電池「Powerwall(パワーウォール)」、業務用蓄電池「Powerpack(パワーパック)」をはじめとしたエネルギー関連製品とその取り組みついて紹介した。(2020/1/24)

モバイル管理システムの進化
「MDM」から「EMM」、そして「UEM」へ 歴史から学ぶデバイス管理の進化
クラウドサービスやモバイルデバイスの普及、セキュリティリスクの増大などが、デバイス管理システムを進化させてきた。「MDM」製品から「UEM」製品への進化の歴史を振り返る。(2020/1/23)

市場の急成長はまだ先でも:
AI技術の進化で注目が高まるReRAM
次世代不揮発メモリの一つである抵抗変化メモリ(ReRAM)は、その大部分がまだ研究開発の段階にあるが、AI(人工知能)技術の進化で、注目が高まっている。(2020/1/20)

ポケモンGO、「交換による進化」の気になるところを「ローブシン」で検証
ポケモンGOに新たに実装された「交換による進化」はアメ投入より前に個体厳選できるのでしょうか。「最強のかくとうポケモン」といわれる「ローブシン」で検証します。(2020/1/19)

ポケモンGOでポッチャマのコミュニティ・デイ、19日開催 タマゴふ化距離が4分の1に
ポケモンGOで「ポッチャマ」が大量発生する「コミュニティ・デイ」実施。タマゴをかえすために必要な距離が通常の4分の1に。午後4時までにエンペルトに進化させると「ハイドロカノン」を覚える。(2020/1/18)

第2世代「Wacom MobileStudio Pro 16」をrefeia先生が徹底チェック!
ワコムのプロ向けタブレット「MobileStudio Pro 16」が生まれ変わり、第2世代に進化を遂げた。その使い勝手を、人気イラストレーターが“実践”視線で確かめた。(2020/1/17)

MONOist 2020年展望:
協働ロボット普及のカギは「用途別パッケージ」、2020年は“第3の道”にも期待
人口減少が加速する中、製造現場でも人手不足が深刻化している。その中で期待を集めているのがロボットの活用だ。特に協働ロボットの普及により人と同一空間を活用し新たな用途開拓が進んでいる。2020年はこれらの技術進化による普及が本格的に進む一方で、「人」との親和性をさらに高めた“第3の道”の登場に期待が集まっている。(2020/1/16)

Microsoft 365で実現! Windows 10のモダン管理[実践編](第3回):
PR:インターネット上で利用する端末をあらゆる脅威から守ろう
本稿では「Windows 10のモダン管理」を実際に設定して展開していきます。モダン管理の手法は管理者の負担を軽減できるだけでなく、ユーザーのPCの選択肢も広がる最新の運用管理手法です。また、Windows 10は常に進化しており、このモダン管理を最適化し次々と新しい機能を提供しています。この機会にモダン管理を実現し、Windows 10へとアップグレードしましょう。(2020/1/15)

「5G」の期待と現実【前編】
「5G」は「4G」と比べてどこが進化しているのか?
「5G」は「4G」と比較して飛躍的に性能が向上すると期待されているが、企業のネットワークとして使うなら期待感だけで導入はできない。4Gとのどのような違いが、5Gの期待感を生み出しているのか。(2020/1/14)

「イーサネット」の歴史と進化【後編】
10Mbpsから1Tbps超えへ 歴史から読み解く「イーサネット」の進化
10Mbpsで始まったイーサネットの伝送速度。IEEEは400Gbpsまでの規格を標準化し、さらに1Tbpsやそれを上回る規格の標準化を視野に入れている。イーサネットはどのように進化してきたのか。その過程を追う。(2020/1/11)

福田昭のデバイス通信(222) 2019年度版実装技術ロードマップ(32):
電源回路の進化を支えるインダクタ
今回は、第4章「電子部品」からインダクタについて説明する。インダクタの構造の他、電源用インダクタの用途と特性を紹介する。(2020/1/10)

CES 2020:
ソニーはクルマで何をしたいのか?
完成度の高いコンセプトカーを披露したソニーは、クルマを作ろうとしているのか? 実は既存のセンサーや技術を用い、クルマを安全面やエンターテインメントの分野で進化させるのが狙い。(2020/1/8)

BricsCADカンファレンス レポート:
PR:2D−3D−BIMをワンプラットフォームで .dwg互換CAD「BricsCAD」がもたらす価値
デジタルトランスフォーメーションへの取り組みが加速し、業務改革が急務となっている製造業、建築・土木業界において、今選ばれているのが.dwg互換CADの「BricsCAD」だ。2019年11月27日開催の「“挑進化CAD”BricsCADカンファレンス 〜BricsCAD V20 新機能発表〜」から、BricsCADの強みを象徴する“ワンプラットフォーム”がもたらす価値、そして最新のユーザー活用事例を取り上げ、BricsCADの魅力をお伝えする。(2020/1/14)

CES2020:
サンバイザーが「100年ぶり」に進化、顔認識で目元だけ陰に
Robert Bosch(ボッシュ)は消費者向けエレクトロニクス展示会「CES 2020」(2020年1月7〜10日、米国ネバダ州ラスベガス)において、従来のサンバイザーとの置き換えを狙う「バーチャルバイザー」を展示する。(2020/1/7)

CES 2020:
Dellの「XPS 13」が4辺狭額縁に進化 CES Unveiledレポート
CES 2020に先だって、Dellが発表した新型「XPS 13」と、新しい15.6型プレミアムノートPC「Inspiron 9510」。CESの開幕前イベントで展示された実機をレポートする。(2020/1/7)

MONOist 2020年展望:
3Dプリンタの可能性を引き上げる材料×構造、メカニカル・メタマテリアルに注目
単なる試作やパーツ製作の範囲を超えたさらなる3Dプリンタ活用のためには、「造形方式」「材料」「構造」の3つの進化が不可欠。これら要素が掛け合わさることで、一体どのようなことが実現可能となるのか。本稿では“材料×構造”の視点から、2020年以降で見えてくるであろう景色を想像してみたい。(2020/1/6)

小魚4匹の脳を並列接続した「生体ストレージ」登場 現実味のあるSF設定にロマンを感じる
煮干し×レジンの発想がさらに進化したアートプロダクトです。(2020/1/6)

第4回 スマートビルディング EXPO:
デルタ電子のLOYTEC最新コントローラーは、“顔認証”などIoTへ対応
デルタ電子のビルオートメーションシステムは、日本のビル建て替え需要をターゲットに、基幹となるLOYTECのコントローラーを多様な機器に応じられる“オープン通信プロトコル”としている。現在は、スマート照明や顔認証など進化するIoTデバイスも、BAS上での一元的な制御を目指し、クラウドと連携する目的でプラットフォームにJavaScriptを採用。同時に将来的な遠隔でのビル多棟管理を見据え、Webインタフェースの開発も進めている。(2020/1/6)

「AR」の理想と現実【前編】
「AR」の主戦場はスマートフォンからHMDへ その前提条件とは?
「AR」(拡張現実)技術はまだ成熟途上段階だが、間もなく急成長を迎えそうだと専門家は予測している。AR技術はどう進化し、どう普及するのか。(2020/1/6)

HDR+夜景が進化、複眼カメラは超広角か望遠か――2019年のスマホカメラを振り返る
2019年のスマートフォンカメラは面白かった。大ざっぱにいうと、着目点は2つ。1つは「ナイトモードを含むHDR」の強さ。もう1つは「2つ目、3つ目のカメラに何を持ってくるか問題」だ。動くカメラや超高画素センサーも気になった。(2019/12/31)

動画の世紀:
普及する「AIカメラ」 動画はAIが見てくれる時代に
AIの進化によって、監視カメラで判断するのは人ではなくなりつつある。(2019/12/27)

新旧「HCI」の違い【後編】
「分離型HCI」とは何か? HCIの原型から進化したポイントは?
最近のHCIは従来型のHCIとは異なる存在のように見える。その意味するところは何か、従来型と最近のHCIの違いを説明する。(2019/12/27)

CES2020:
ロードノイズ遮音で4分の1の軽量化、次世代e-POWERを静かにする新技術
日産自動車は次世代の遮音材「音響メタマテリアル」の開発を進めている。シリーズハイブリッドシステム「e-POWER」の搭載車を進化させる方法の1つという位置付けで、静粛性を高めることで電気自動車(EV)の乗り心地に近づける。(2019/12/26)

気になるニュース&ネット記事:
2020年の「AI/機械学習」界わいはこうなる! 10大予測
MLOps/AutoMLなどの自動化に、自然言語処理(BERTなど)、倫理問題/信頼と、2019年の「AI/機械学習」界わいの変化は止まらなかった。2020年はどう進化していくのか? 英語での情報を参考に、10個の大胆予測を行う。(2019/12/26)

安全システム:
スズキとしては「2回目」の全車速ACCの開発、新型「ハスラー」で採用
スズキは2019年12月24日、東京都内で記者会見を開き、軽乗用車「ハスラー」を全面改良し、2020年1月20日に発売すると発表した。デザイン、パッケージング、先進運転支援システム(ADAS)、走行性能、ナビゲーションシステムを全方位で進化させたという。装備を充実させたが、価格の上昇は先代モデルのGクラス比で「1万7000円」(スズキ)に抑えた。(2019/12/25)

ベンダーごとに異なるハードウェアの管理も統合できる:
PR:増え続ける管理ツール地獄を劇的に改善――無料で、軽くて、操作がシンプルで、そしてハイブリッドクラウドの管理もできる新しいWindows Server管理ツール「Windows Admin Center」
2019年11月に米国フロリダ州オーランドで開催されたテクニカルカンファレンス「Microsoft Ignite 2019」では「Windows Admin Center」の最新版が発表された。華々しい最新機能がラインアップされたクラウドの発表の陰に隠れているようにも見えるが、Windows Server管理者にとっての大きな進化がそこにはあったといわれている。そこで、Windows Admin Centerとはそもそも何か、どのようなメリットをユーザーにもたらすのか。日本マイクロソフトの高添修氏に話を聞いた。(2019/12/24)

サプライチェーンの新潮流「Logistics 4.0」と新たな事業機会(5):
鎖から蜘蛛の巣へ、「サプライウェブ」の世界が見えてきた
物流の第4次産業革命ともいえる「Logistics 4.0」の動向解説に加え、製造業などで生み出される新たな事業機会について紹介する本連載。第5回は、サプライチェーンマネジメントの進化の方向性となる「チェーン=鎖」から「ウェブ=クモの巣」へのトランスフォーメーションを取り上げる。「サプライウェブ」の世界とはどのようなものなのだろうか。(2019/12/23)

「Pixel 4」のカメラ技術から見える、スマホカメラの進化
Googleがメディア向けに「Pixel 4」のカメラ技術に関する説明会を開いた。この1年のスマートフォンカメラの進化はどこにあったのかを伝える内容だった。テーマはGoogleのスマートフォンにおけるコンピュテーショナルフォトグラフィーと機械学習。(2019/12/20)

新旧「HCI」の違い【前編】
“歴史と進化”で知る「ハイパーコンバージドインフラ」(HCI)とは何か
ハイパーコンバージドインフラ(HCI)はその誕生からこれまでにどのような進化を経てきたのか。最新のHCIを知る上で重要な“HCIの根幹”を説明する。(2019/12/20)

山口真弘のスマートスピーカー暮らし:
画面が大きいだけじゃない! 進化しまくりの「Google Nest Hub Max」を使ってみた
スマートスピーカーやその関連デバイスについて、試行錯誤を繰り返しつつ、機能をバリバリ使えるようになる(予定)までの過程を、時系列でお届けする本連載。今回は、国内販売が開始された「Google Nest Hub Max」を紹介する。(2019/12/19)

Mac Pro (2019) ベンチマーク 旧世代Mac Pro、iMac Proよりどのくらい強力?
2013年版Mac Proからどれだけ進化したか、プロ向けiMacと比べてどうか。(2019/12/19)

荻窪圭の携帯カメラでこう遊べ:
発色が鮮やかでHDRも見事 「Galaxy Note10+」のカメラは“印象派”だ
「Galaxy Note10+」は、超広角+広角+望遠カメラを搭載。Galaxy S10+と同等かと思いきや、微妙に進化していたのである。特に肌色の発色やHDRの効きが見事。印象に残る写真を撮れる。(2019/12/19)

2019国際ロボット展:
スクエニのメタAIでオムロンの卓球ロボがさらに進化、モチベーションを高めて人の成長を促す
オムロンとスクウェア・エニックスは、「2019国際ロボット展(iREX2019)」(2019年12月18〜21日、東京ビッグサイト)の開催に併せ、両社共同研究による「人のモチベーションを高めるAI」に関する記者説明会を開催した。(2019/12/19)

「何もかも変わった」――AIで若手棋士が超進化、いま囲碁界で何が起きているのか
若手棋士の快進撃が続く日本の囲碁界。その裏にはAIの存在があるという。普段からAIをよく使うというプロ棋士に聞いた。(2019/12/17)

「Wi-Fi 6」「5G」共存の可能性を探る【後編】
「Wi-Fi 6」と「5G」が本当に必要なのは「ネットワークエッジ」だった?
近年、ネットワーク分野で技術が大きく進化しているのはネットワークエッジの分野だ。それを「Wi-Fi 6」と「5G」が後押している。(2019/12/17)

「バラドーゾ」←進化前っぽい? 進化後っぽい? 慶応大の言語文化研究所が「ポケモンの名前」に関するWeb調査
架空のポケモンの名前が「進化前」or「進化後」どちらにふさわしいか回答します。(2019/12/13)

ドラクエウォーク開発秘話 愛されるゲームはどう作る? ニューヨークで堀井雄二さんら語る
Appleから「進化した名作ゲームたち」としてNYCで紹介されたドラクエウォーク。堀井雄二さんとスクエニのキーパースンに話を聞いた。(2019/12/13)

AWS re:Invent 2019リポート(2):
AWS、「今の機械学習に必要なのは、開発者が急速な進化を取り込み、安定的に生産性を発揮できる基盤」
Amazon Web Services(AWS)が2019年12月第1週に開催した「AWS re:Invent 2019」における、機械学習/AI関連の発表に共通するテーマをまとめると、「開発者/データサイエンティストが、まだ初期段階にある機械学習/AIの活用で、高い生産性を発揮し続けるのを支援する」ということだという。(2019/12/12)

HHKBがラインアップを一新:
PFUの「Happy Hacking Keyboard Professional」がUSB Type-CとBluetooth両対応に進化、シンプルな有線モデルも用意
PFUが、「Happy Hacking Keyboard Professional」シリーズのラインアップを一新した。何を残して何を新しくしたのか、発表会の模様をお届けする。(2019/12/11)

PR:ウコンの力の語彙力がさらに消失 キャッチコピーが「いい感じの力のやつ」から「超いい感じの力のやつ」に進化
力こそパワー。(2019/12/11)

アナログ回路設計講座(29):
PR:小型・高効率で“コールドクランク”に強い車載情報機器電源を設計するために
日々、進化を続ける車載インフォテインメントシステム。進化に従い車載インフォテインメントシステムが電源に求める要件も厳しさが増している。小型、高効率で、かつ、安定的に出力し続ける――。これからの車載インフォテインメントシステムの電源要件を満たす新しいソリューションを紹介する。(2019/12/11)

Happy Hacking Keyboardがラインアップを刷新 Type-C接続対応などインタフェースを進化
PFUは、同社製キーボード「Happy Hacking Keyboard」シリーズのラインアップ一新を発表、計3タイプの販売を開始する。(2019/12/10)

デジタルとアナログの“最先端”は違う:
米ADIで働く日本人技術者に聞く、オペアンプの地道な進化
AI(人工知能)や5G(第5世代移動通信)といったトレンドに後押しされ、技術の進化や競争の激化が著しいデジタルICの分野に比べ、アナログICは比較的ゆっくりと、だが着実に成長を続けている分野だ。ここ数年で、アナログ技術にはどのような進化があったのか。Analog Devices(ADI) でシニアスタッフデザインエンジニアを務める楠田義憲氏に、オペアンプの技術動向や、旧Linear Technologyとの合併後の開発体制などを聞いた。(2019/12/10)

ポケモンGO「進化ウィーク」開催中、特別な進化をするポケモンをおさらい
スマートフォンゲーム「Pokemon GO」(ポケモンGO)で、特別な進化をするポケモンをテーマにした初のイベント「進化ウィーク」を12月12日(木)まで開催している。レアな進化アイテムが手に入りやすくなっている今が、ポケモン進化のチャンスだ。(2019/12/10)

写真からテキストを抽出:
35周年迎えても“進化”続けるワープロソフト「一太郎」 スマホアプリ発表
ワープロソフト「一太郎」が新バージョン「一太郎2020」を発表した。PDFや画像ファイルからテキスト抽出できる機能を新設する。また、発売と同日にOCR機能を有したアプリの無償提供も発表した。一太郎は2019年で35周年を迎える。(2019/12/9)

クラウド対テープ【前編】
テープの無視できないメリットと残念なデメリット
テープも進化を続けており、他のメディアにはない無視できない利点も多い。一方で解決し難い弱点もあり、テープでは不適切な用途も出てきた。まずはテープのメリット/デメリットを再確認しよう。(2019/12/9)

「イッシュのいし」も手に入る「進化ウィーク」、ポケモンGOで初開催 無料レイドパスが5枚もらえる「レイドバトル・デイ」も
ポケモンGOで、12月6日の早朝に新イベント「進化ウィーク」が始まった。「イッシュのいし」が手に入るフィールドリサーチも登場。7日には無料レイドパスが5枚もらえる「レイドバトル・デイ」も実施。(2019/12/6)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
長さ10メートルの“鉄道向け印刷”から未来の自動改札まで 鉄道技術の進化を探る
「鉄道技術展」に出展されたものを見ると、未来を感じさせる最新の技術や、鉄道業界を長年支えてきた技術に触れることができる。展示物から、鉄道の“進化”について考える。(2019/12/6)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。