ニュース
» 2017年02月02日 18時11分 UPDATE

エルゴノミックに進化したワイヤレススポーツイヤフォン、デノン「AH-C160W」登場

デノンは、ワイヤレス・スポーツイヤフォンの新製品「AH-C160W」を2月上旬に発売する。11.5mm径という大きめのドライバーを従来機から継承しつつ、防水性能やBluetooth、装着性といった基本性能を大幅にブラッシュアップ。

[ITmedia]

 デノンは2月2日、ワイヤレス・スポーツイヤフォンの新製品「AH-C160W」を発表した。2012年に発売した「AH-W150」の後継機。ブラック、ブルー、ホワイトの3色を2月上旬に発売する。価格はオープンプライスで、店頭では1万5000円前後になる見込みだ。

「AH-C160W」
amazon

 11.5mm径という大きめのドライバーを従来機から継承しつつ、防水性能やBluetooth、装着性といった基本性能を大幅にブラッシュアップしたモデル。例えば防水性能は従来機のIPX4(防沫形)からIPX 5/7(防浸形、防噴流形)にグレードアップ。またBluetoothは送信出力をハイパワーのClass 1に強化し、接続安定性を向上させた。有効範囲は約100mと従来の10倍だ。その代わり、バッテリー駆動時間は4時間(従来機は7時間)と短くなった。

 音質面では、大きめのドライバーが生み出す迫力の低音が特徴。またジムなどでのトレーニング中でも周囲の騒音にボーカルやビートが埋もれずクリアに聞こえるようにDSPで独自のチューニングを行っているという。BluetooehのA2DP接続時に使用できるコーデックは、SBCとAAC。

付属品

 もう1つの注目点は、オーダーメイド補聴器を手がけるスターキーと協力してデザインし直したというイヤーフックだ。イヤフォン全体で約20%の軽量化(23g)を実現しながら、ハードなトレーニング中にもずれにくいエルゴノミック形状になった。イヤーチップは4サイズ、イヤーリングは3サイズを同梱(どうこん)。耳の形状に合わせてフィット感をカスタマイズすることができる。さらにComplyの「TX-400」イヤーチップをスポーツ向けにアレンジした専用イヤーチップも付属する。

エルゴノミック形状になったイヤーフック。その上に操作部がある
操作イメージ

 ハンズフリー通話用のマイクも搭載。通話時には「cVc」(Clear Voice Capture)機能により、周囲のノイズを抑えて声を聞き取りやすくするという。イヤーフックにある操作部では、通話時の操作に加えて音楽再生時のスキップや音量調整も可能。コールボタンを長押しするとiPhoneの「Siri」やAndroidの「OK Google」機能を呼び出せる。さらにバッテリー残量などを知らせる音声ガイダンス機能も新たに搭載した。

3色をラインアップ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう