ニュース
» 2017年05月26日 19時03分 UPDATE

伝統工芸の技で作った「プラレール」、おもちゃショーで披露

[ITmedia]

 タカラトミーは5月26日、「プラレール」と日本の伝統工芸職人を技を融合させた「伝統工芸×プラレール」を発表した。江戸切り子、箱根寄木細工、京都竹細工の3作品を「東京おもちゃショー2017」の同社ブースで公開する。販売の予定はない。

左から江戸切り子、箱根寄木細工、京都竹細工

 おもちゃ作りに不可欠な「日本ならではの職人魂や繊細さ」を表現するものとして、58年の歴史を持つ鉄道玩具プラレールと日本の伝統工芸職人の技を融合させた。それぞれ夏の風物詩である花火をコンセプトに3両編成で制作しており、一部はレールを走行することもできるという。なお、3作品のほかに“漆塗り”の作品も制作しているが、展示の詳細は決まっていない。

江戸切り子は職人の高野秀徳氏が手がけた(C)TOMY
箱根寄せ木細工の職人は石川裕貴氏が作成
小倉智恵美氏の手による京都竹細工

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう