ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「伝統工芸」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「伝統工芸」に関する情報が集まったページです。

“まるで本物”日本刀、花札の3DCGを作る少数精鋭集団 こだわりでリアルさ追求 「目指すはナンバーワン」
まるで本物のような3DCGを作る制作集団がいる。名前は「Bunnopen」(ブンノペン)。伝統工芸や文化にフォーカスした3DCGを手掛ける彼らに、結成の背景や制作の過程を聞いた。(2021/2/1)

墨田区のスターバックスでしか買えない「江戸切子グラス」がステキと話題に スタバが展開する地域限定シリーズの一つ
「素敵」「必ず買わせていただきます」との声も。(2021/2/6)

悪質便乗は許さぬ:
マスク、ブローチ、お守り……「鬼滅の柄」繚乱 集英社が商標出願
映画の興行収入が320億円を上回り国内歴代1位になるなど、社会現象を起こした「鬼滅(きめつ)の刃(やいば)」。作品だけでなく、緑と黒の市松模様など登場人物の着物の模様も「鬼滅柄」として人気だ。(2021/1/17)

どう見ても縁起物な「百式だるま」予約受付開始 配色がニュータイプすぎる「Zガンだるま」も
ご利益ありそう。(2020/12/25)

ベンチャーキャピタルが活況:
「1+1=3を実現する」、Samsungの投資戦略
米国EE Timesは、Samsung Catalyst Fundでシニアバイスプレジデント兼マネージングディレクターを務めるShankar Chandran氏にインタビューを行い、Samsung Catalyst Fundの投資戦略を聞いた。(2020/12/23)

「こんなグラスでお酒飲みたい」 伝統工芸「蒔絵」をガラスに施した作品が美しい
ずっと眺めていたくなるステキなグラス。(2020/12/15)

会津若松駅「会津を紡ぐわっぱめし」(1000円)〜磐越西線の“駅弁を運ぶ”快速列車、出発進行!
毎日1品、全国各地の名物駅弁を紹介! 会津若松駅「会津を紡ぐわっぱめし」です。(2020/12/4)

エコカー技術:
日産「ノート」が全面改良、第2世代e-POWER初採用で静粛性を向上
日産自動車は2020年11月24日、コンパクトカー「ノート」をフルモデルチェンジし、同年12月23日に発売すると発表した。税込み希望小売価格は2WDモデルが202万円から。前後にモーターを備えた2モーターの4WDモデルも12月に発表する。(2020/11/25)

主力モデルをフルモデルチェンジ:
日産の新型「ノート」 e-POWERが“第2世代”に進化、デザインも刷新
日産自動車が新型「ノート」を発表。日本市場の主力モデルを刷新した。独自の電動パワートレイン「e-POWER」を第2世代に進化させている。12月23日に発売する。(2020/11/24)

安全システム:
レクサス新型「LS」が発売、最新の高度運転支援は2021年に搭載
トヨタ自動車は2020年11月19日、レクサスブランドのフラグシップセダン「LS」を改良して発売したと発表した。また、自動車専用道路向けの最新の高度運転支援システム「Advanced Drive」の搭載モデルは2021年に発売する予定であることも公表した。(2020/11/20)

ステンドグラス風「νガンダム」が神々しい クリアガンプラを改造、照明の当て方で多彩な輝きに
これは伊達(良い意味で)なνガンダム!(2020/11/18)

新型コロナで苦境の伝統工芸、SNSに活路 売り上げが1000倍になったケースも
新型コロナの影響で苦戦を強いられている伝統工芸店や老舗店舗がSNSに活路を求めたところ、注目を集めて売り上げ増につながるケースが目立っている。Twitterでの投稿が話題となりネット販売が前年同月比で約1000倍になったケースもある。(2020/11/9)

映画公開後に売れ行き3倍に 伝統工芸品である南部鉄器の「汽車文鎮」が売れる思わぬ『鬼滅の刃』効果
創業172年の南部鉄器工房「及富」の中の人にお話を伺いました。(2020/11/7)

月刊乗り鉄話題(2020年10月版):
うまい・楽しい・懐かしい 「乗り鉄の宿命」と「ドラえもん電車つながり」で富山へ行ってきました
たった400メートルを乗りに行く、これが乗り鉄の宿命なのです。名物駅弁「ますのすし」のミュージアムにも行ってきたよ。旨かったです。(2020/10/24)

炭治郎、瓦になる 『鬼滅の刃』が愛知県高浜市とコラボ 伝統工芸品「鬼瓦」やグッズを展開
炭治郎のペーパーウェイトが作れる体験ワークショップも。(2020/10/20)

群馬の名産品通販サイトでカード情報漏洩 708件 観光物産国際協会が謝罪
群馬県観光物産国際協会が、運営する県の名産品通販サイト「CASAぐんま」でクレジットカード情報708件が漏洩した可能性があると発表した。同協会は既にサービスを停止しており、金銭的な被害は把握していないとしている。(2020/10/1)

旅行ガイド『地球の歩き方』が初の国内版「東京」を発行 コロナの影響? 出版社に聞いてみた
すっごい楽しそう。(2020/10/1)

水曜インタビュー劇場(462段公演):
誰もいない「土合駅」で、グランピングを運営してみた 結果は?
無人駅の「土合駅」(群馬)で、ちょっとユニークな試みが行われている。駅の使われていないスペースに、グランピング施設を設置。また、きっぷ売り場でカフェをオープンしたところ、想定以上の人が訪れたのだ。運営を支援しているJR東日本スタートアップの担当者に話を聞いたところ……。(2020/9/16)

「つまみ細工の概念変わった」 日本の伝統工芸「つまみ細工」で作られたリアルな花に驚きと美しいの声
つまみ細工の奥深い世界に魅了されます。(2020/9/6)

コロナ禍でピンチの職人がTwitterで発信→売れ行きが前年の1000倍に 貝の内側を加工した伝統工芸が魔法みたいな美しさ
京都は嵯峨嵐山の工房、「嵯峨螺鈿野村」の野村拓也さんに話を聞きました。(2020/8/24)

“カメラのレンズ形”の江戸切子のグラスが登場 キヤノン監修で伝統工芸士が製作
レンズの形状を模した「十草」など、どれも美しい……!(2020/8/23)

美ボディにうっとり 1980年製「BMW R100 RS」をツヤツヤに仕上げたフルカウル・カスタムバイクがすごい
こりゃたまらん!(2020/8/22)

カメラレンズ形の江戸切子グラス、マクアケで販売 キヤノンがデザイン監修
カメラレンズの形をした江戸切子グラスのクラウドファンディングがMakuakeで始まった。キヤノンマーケティングジャパンがデザイン監修。支援額は1万2870円(税込)から、支援者には12月末までに発送される。(2020/8/21)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
ローカル鉄道40社を訪ねる「鉄印帳」が大ヒット 「集めたい」心を捉える仕掛け
第三セクター鉄道40社が参加する「鉄印帳」が好調だ。初版は各社ですぐに完売した。「Go To トラベルキャンペーン」よりも旅人の背中を押す仕掛けだ。鉄道では“集める”イベントが多く、人気も高い。成功する施策は、趣味の本質を捉えている。(2020/8/21)

日本酒・料理・音楽でつながり合える場に:
J-WAVEが初の飲食事業 高輪ゲートウェイ駅前で仕掛ける「コロナ禍の一歩先」
JR山手線の高輪ゲートウェイ駅前に、期間限定でオープンしたレストラン「J-WAVE NIHONMONO LOUNGE」。このイベントを仕掛けるのは、FMラジオ放送局のJ-WAVE。本格的な食のイベントは初めてだという。コロナ禍で始まったイベントの舞台裏を聞いた。(2020/8/20)

3Dプリンタニュース:
日本の伝統工芸の魅力を金属3Dプリンタで昇華した酒器を商品化
伊福精密は、金属3Dプリンタの可能性を追求するデザインブランド「OshO」の第1弾アイテムとして、金属3Dプリンタで造形した酒器「Syuki」の販売開始を発表した。(2020/8/20)

オンライン交流、文化体験も:
JTBが「バーチャル修学旅行」を開発 360度映像を学校で体験、「京都・奈良編」8月末に予約開始
JTBは、VRを活用した体験型旅行商品「バーチャル修学旅行360」を開発した。全国の小・中・高校を対象に、「京都・奈良編」の予約受付を8月31日に開始する。子どもたちの学習機会や、観光関連事業者のサービス提供機会の創出を目指す。(2020/8/11)

俺たちを魅了した「ドラゴン裁縫セット」がカタログから消えた? 生みの親に聞く「ドラゴンの現在、そして未来」
青春はドラゴンの裁縫セットと共に。(2020/7/31)

アフターコロナで伸びる市場、沈む市場〜森永卓郎が予想
Go Toキャンペーンの効果は出る?(2020/7/19)

「ご当地キティ」がコンパクトなミニエコバッグに! “ご当地”のみでの販売です
北海道、浅草、横浜、箱根、東京、山口、大分の全7地域。(2020/7/17)

AIで危険も予知……!! 新型「レクサス LS」初公開 凄腕ドライバー仕込みの運転支援機能を搭載
テーマカラーは「銀影(ぎんえい)ラスター」、名前もスゴいぜ……!(2020/7/8)

安全システム:
トヨタが新型LSで4つのLiDARを採用、高速道路出口まで運転支援
トヨタ自動車は2020年7月7日、レクサスブランドのフラグシップセダン「LS」の新モデルを世界初公開した。日本での発売は2020年初冬を予定している。(2020/7/8)

錺金具の職人による「蚊遣器」が美しいと人気呼ぶ 「蚊取り線香使ってないけど欲しい」「守りたい伝統工芸」
置くだけで生活が豊かになりそうな美しさです。(2020/6/20)

メカ設計ニュース:
新型コロナが町工場や機械メーカーに与えた影響、変化に対応する兆しも
キャディは、機械メーカーおよび町工場を対象にした、製造業における新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響に関するアンケート調査の結果概要を発表した。(2020/6/15)

ハーブと果物で作られた「宝石和菓子」が神秘的な美しさ コロナ禍のピンチに支援が集まる
事業が認められてさあこれからというときにコロナが……。(2020/5/15)

「スーパーメガリージョン」誕生の意義:
人口減少時代にリニアは本当に必要なのか?
国立社会保障・人口問題研究所によると30年後の2050年には1億人を割ると予測している。厚生労働省のデータによると1億人を下回るのは1966年以来だ。そうした状況下で東京と大阪を結ぶリニア中央新幹線は必要なのだろうか?(2020/3/28)

「佐藤さんゆかりの地」を全国の佐藤さんと共に聖地化していく「佐藤の会」発足 佐野市が会員募集
佐藤さんじゃなくても入会できます。(2020/3/11)

プロジェクトの1〜2割は金融機関から 地方金融機関との連携を強化するMakuake
「Makuakeの月間新規プロジェクトは250件以上だが、1割から2割は金融機関からの紹介になっている」。共同創業者の坊垣佳奈取締役は、こう話し、地域金融機関との連携強化を訴えた。(2020/2/21)

日本文化の発信も:
羽田に“イノベーションの街”、20年7月開業 自動運転の開発拠点に
羽田みらい開発は、羽田空港エリアで開発を進める「HANEDA INNOVATION CITY(羽田イノベーションシティー)」を7月初旬に開業すると発表。「スマートエアポートシティー」の構築を目指す。(2020/2/6)

サントリーが300万円のウイスキー「山崎55年」100本限定で販売
抽選販売となります。(2020/1/30)

ITエンジニア U&Iターンの理想と現実(65):
佐賀編:ストファイ、ポケモン、タイ映画――コラボで地方創生を加速する“誇り”の国
AIロボットがアスパラを摘み、オリジナルソフトが砂場の等高線や色をプロジェクションマッピングする――佐賀は今、絶賛変化中だ。(2020/1/30)

プロの木工家もうなるほどマニアック 丸太を削ってアートを作るスマホゲーム「Woodturning 3D」
木工旋盤の感覚を手軽に……という、お好きな人にはたまらない1本。(2020/1/21)

働き方改革をリードする銀行:
銀行業界の「仕事にやりがいを感じる企業ランキング」 3大メガバンクを抑えて1位になったのは?
「キャリコネ」は、銀行業界の”仕事にやりがいを感じる企業”ランキングを発表した。3大メガバンクを抑えて1位になったのは? 働き方改革をリードするあの銀行だった。(2020/1/16)

医療機器ニュース:
切り紙から着想した伸縮配線で、手のひらの筋活動の計測に成功
早稲田大学は、「切り紙」から発想を得た伸縮配線を開発し、この配線と電子ナノばんそうこうを組み合わせて、野球の投手が投球する時の手のひらの筋活動を計測することに成功した。(2020/1/6)

ポケモン「サンド」×鳥取県が3度目のキャンペーン! 「湯けむりサンド旅情篇in鳥取」が11月16日から開始
足湯スタンプラリーにフォトコンテストに新コラボグッズも。(2019/11/8)

東京五輪に備えるセキュリティ対策【前編】
東京五輪で増えるサイバー攻撃、「自社は無関係」と考えてはいけない理由
東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会の裏側で、多くのサイバー攻撃が仕掛けられると専門家は予想している。その中でも「サプライチェーン攻撃」「Webサイトへの攻撃」に注意すべき理由とは。(2019/11/12)

吉本興業「ミキ」が1ツイート25万円でPR表記なしの宣伝ツイート 依頼した京都市は「誤認させる投稿ではない」とステマ認めず
【追記】吉本興業のコメントを追記しました。(2019/10/28)

スピン経済の歩き方:
ラグビーW杯の成功で見えた「武道ツーリズム」のポテンシャル
南アフリカに敗れてしまったものの、イベント的には大きな盛り上がりを見せているラグビーW杯。大喜びしている人たちが山ほどいる中で、筆者の窪田氏は「スポーツツーリズム」に大きな可能性があるのではないかとみている。スポーツの中でも、特に期待しているのは……。(2019/10/23)

プロジェクト:
隈研吾氏監修の「エースホテル京都」内装デザイナーに、米Commune Design
2020年春に開業する「エースホテル京都」のホテル内装デザイナーがCommune Designに決定した。(2019/10/17)

パナソニックが「茶筒スピーカー」発売 価格は30万円
ふたを開けると、まるで茶葉の香りが広がるように音が立ち上がる。そんなスピーカーをパナソニックが発売する。(2019/10/4)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。