ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「伝統工芸」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「伝統工芸」に関する情報が集まったページです。

貝印が進める多品種ビューティーケア戦略 創業家社長に聞く「マイネス」誕生の由来
刃物メーカー貝印の遠藤浩彰社長に、新ブランド立ち上げの狙いや海外戦略について聞いた。(2024/5/21)

有田焼みたいなミニ四駆がすごすぎ! 伝統工芸風アレンジが本当に焼き物かと勘違いするクオリティ
中身はプラだから大丈夫なのだけど、壊れやすそうでちょっと不安げ。(2024/5/16)

ワクワクを原動力に! ものづくりなヒト探訪記(14):
倉庫を圧迫する大量の越前漆器 出会いつなぐマーケット開催で表舞台に
本連載では、新しい領域にチャレンジする中小製造業の“いま”を紹介していきます。今回はモノづくり産地の越前鯖江エリアで、漆器業界の抱える課題解決に挑戦する、越前漆器販売店「漆器久太郎」の曽明富代さんと曽明晴奈さんを取材しました。(2024/5/15)

「水星の魔女」ならぬ「木製の魔女」!? 木目調に塗装したガンプラが木工品と見間違うクオリティー
まるで伝統工芸品の風格。(2024/4/28)

デザインの力:
光と伝統工芸を再解釈した新作ライト2作品をミラノデザインウィークで展示
Triple Bottom Lineは、「光」と「伝統工芸」を再解釈した新作ライト「VISCUM」「Potit」を「ミラノデザインウィーク2024」で展示する。(2024/4/23)

アップルウォッチの脱炭素化、徹底ぶりがすごい BYDや白い恋人も“一石二鳥”の脱炭素×企業戦略
脱炭素化の実現に向け、各社が知恵を絞っている。アップルは最新のアップルウォッチで脱炭素化を図り、すでにCO2排出を8割近く減らすことに成功した。最先端企業の取り組みを見ていこう。(2024/4/5)

工芸作家が名古屋帯を簡単リメークすると…… アンティーク柄が映える作品に大変身「早速作ってみます!」「かわいいーーー」
手縫いだけでも作れそう!(2024/4/4)

VCに聞く「投資したい・したくないテックスタートアップ」:
VTuber「ぶいすぽっ!」運営になぜ投資? VCに聞く「スタートアップに出資するとき、何を見る」
本連載ではVCなどスタートアップ投資に携わる人たちに、出資に当たっての考え方などをインタビュー。今回は、マネーフォワードグループのVC「HIRAC FUND」に取材した。(2024/4/2)

MONOist DX Forum 2023:
ウラノス・エコシステムはサプライチェーンに何をもたらすのか
MONOistはライブ配信セミナー「MONOist DX Forum 2023 冬〜できるところから始める製造業DX〜」を開催した。本稿では、経済産業省 商務情報政策局 情報経済課 アーキテクチャ戦略企画室長の和泉憲明氏による基調講演「ウラノス・エコシステムによるデジタル変革のための政策展開」の内容を紹介する。(2024/3/29)

オックスフォード英語辞典に日本食関連の言葉が多数追加  「カツ」に「タコヤキ」「トンコツ」など
オックスフォード英語辞典を出版する英オックスフォード大学出版局は27日までに、「katsu(カツ)」や「donburi(丼)」「karaage(唐揚げ)」といった日本語由来の言葉を辞典(電子版)に追加したことを明らかにした。(2024/3/28)

新製品開発に挑むモノづくり企業たち(2):
B2C製品作りで“攻めの工場”へ、独自構造の「ぬか漬け容器」に映る町工場の狙い
本連載では応援購入サービス(購入型クラウドファンディングサービス)「Makuake」で注目を集めるプロジェクトを取り上げて、新製品の企画から開発、販売に必要なエッセンスをお伝えする。第2回はMOLATURAのぬか漬け容器「omou」を取り上げる。(2024/3/14)

PCの累計生産台数5000万台突破目前! 「島根富士通」が出雲にある理由
富士通クライアントコンピューティング(FCCL)の子会社として、ノートPCやデスクトップPCの生産を担う「島根富士通」。2024年度第3四半期(2024年10〜12月)にもPCの累計生産台数が5000万台を突破する見通しとなった。これに合わせて、5000万台記念モデルの製作計画をスタートしたという。(2024/3/15)

「MEGAドン・キホーテ ガーラタウン青森店」3月に誕生、特徴は?
ドン・キホーテは3月26日、ガーラタウン青森に「MEGAドン・キホーテ」をオープンすると発表した。(2024/3/7)

PR:「まねできないビジネスを、エンジニアの力で」 テック投資で変わるラクスルだから得られるエンジニアの成長機会
(2024/2/16)

「ラフォーレ原宿」約20店舗が変わる、どのように?
ラフォーレ原宿は、2〜5月にかけて約20の店舗を段階的に新規オープンすると発表した。(2024/2/15)

あの会社のこの商品:
水洗いのみで汚れが落ちる食器 どうやって開発したのか
食器洗いには洗剤、スポンジ、水が不可欠。しかし、水だけで汚れが落とせる食器が誕生した。どんな商品なのか……。(2024/2/15)

ベネチアングラスの職人が“シャンデリア”を作ったら…… 繊細すぎるガラス細工に「心から感動した」と称賛
めちゃくちゃ大きいシャンデリアって1トンくらいありますよね。(2024/2/4)

「大復活」のインバウンド消費 取りこぼさないために重要な「MEO」とは?
ようやく「復活」といっても良さそうなインバウンド市場。2023年12月は19年比で110%近い成長を見せた。このチャンスを生かすために、知っておくべきポイントを有識者が解説する。(2024/1/31)

豊島区のふるさと納税返礼品に「コスプレ体験」登場 プロがメイクして撮影・加工まで
イベントに参加できる回数券プランも。(2024/1/26)

めったに着ない黒留袖を工芸作家がリメークすると…… 超意外すぎる生まれ変わった姿に「めちゃめちゃオシャレ」と反響
活躍の場が多くなりそうです。(2024/1/17)

33階建て:
名古屋の新「中日ビル」が4月開業、特徴は?
名古屋市で建て替え工事が進んでいた「中日ビル」が、4月23日に全面開業。93のテナントが出店する。(2024/1/13)

製造マネジメント メルマガ 編集後記:
伝統工芸品づくりにも深刻な影響を与える能登半島地震
いまなお拡大する被害に胸が潰れる思いです。(2024/1/12)

ワクワクを原動力に! ものづくりなヒト探訪記(11):
真夜中に始める伝統工芸品の制作 熱い若手達と産業の未来をつくる富山の職人
本連載では、新しい領域にチャレンジする中小製造業の“いま”を紹介していきます。今回は、富山県高岡市にある「漆芸吉川」の蒔絵師で、高岡伝統産業青年会 第46代会長の吉川和行さんを取材しました。(2024/1/10)

樹木が陶器から飛び出したみたい! オランダのアーティストの盆栽アートが斬新
自然の力強さを感じる盆栽。(2023/12/9)

12月22日オープン:
羽田空港に「地方創生型の店舗」が登場、特徴は?
羽田未来総合研究所は、羽田空港第3ターミナル出国エリア内に日本発の地方創生型ラグジュアリーブランド「JAPAN MASTERY COLLECTION」のショップをオープンする。(2023/11/16)

メカ設計メルマガ 編集後記:
人間の知恵や技術の限界を突破する自然界の力
かなり前から身近な製品に組み込まれていたのですね。(2023/11/7)

大東建託の調査:
静岡県の「住み続けたい街」 3位「清水町」、2位「静岡市葵区」、1位は?
静岡県民が「住み続けたい」と思っている街はどこだろうか? 大東建託の調査によると、3位は「清水町」、2位は「静岡市葵区」だった。1位に選ばれたのは?(2023/11/4)

エンタメ×ビジネスを科学する:
「韓国流マンガ」は市場を支配するのか? webtoonと漫画の戦略を比較する
近年、韓国発祥のwebtoonという新しい形態のマンガ/コミックが急成長している。今後、漫画とwebtoonはどちらが優位に立つのだろうか?両者の現状を再確認した上で将来を展望する。(2023/10/31)

伝統工芸とコラボした太陽電池も展示:
電極材料の改良で長寿命化、小型高容量密度の全固体電池
太陽誘電は「CEATEC 2023」(2023年10月17〜20日/幕張メッセ)に出展し、チップ型の全固体電池を展示した。独自開発の正極材/負極材の改良によって、容量密度は50mAh/cm3超を実現した。(2023/10/31)

声優・大原さやか「婚姻関係の解消」を発表 「アズールレーン」三笠役や 「xxxHOLiC」壱原侑子役など
私鉄のホームアナウンスやナレーションなど幅広く活動。(2023/10/14)

製品開発の舞台裏:
G-SHOCK 40周年モデルはパッケージもとことんエコ、カシオの環境配慮への取り組み
2023年で誕生から40周年を迎えたカシオ計算機の耐衝撃ウォッチ「G-SHOCK」シリーズの40周年モデルに採用された“エコパッケージ”の取り組みについて、同社 羽村技術センター 開発本部 開発推進統轄部 第一開発推進部 11開発推進室の工藤之欣氏に話を聞いた。(2023/10/12)

ロジスティクス:
アスコット初の物流施設を売却 外観意匠に鯉のぼりと利根川をイメージ
アスコットが開発した初の物流施設「アスコット・プライム・ロジスティクス加須」が売却決済された。施設機能では、物流効率性と通勤利便性を兼ね備え、住宅地に調和する外観意匠となっている。(2023/10/6)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
新型センチュリーに見える形 これがSUVではない理由
筆者は新型センチュリーを見た時、なるほどこれはセンチュリーだと思った。まずもって、センチュリーに見えるという最初のハードルを越えられなければ何もスタートしない。新型センチュリーはそれを越えてきたのだ。(2023/10/2)

「iPhone 15 Pro Max」の予約争奪戦を制し、発売日に入手できたワケ 実機開封レポート
9月22日、iPhone 15シリーズが発売された。筆者は発売日当日にシリーズ最上位モデルのiPhone 15 Pro Maxを入手した。「発売日に購入できない」との声が多く見られる中、なぜ筆者は当日入手ができたのかを考えてみた。(2023/9/23)

ワクワクを原動力に! ものづくりなヒト探訪記(8):
覚悟を決めて値段を2倍に、「越前打刃物」の柄を蒔絵でモダンに彩る夫妻の挑戦
本連載では、厳しい環境が続く中で伝統を受け継ぎつつ、新しい領域にチャレンジする中小製造業の“いま”を紹介していきます。今回は越前打刃物の柄を製造している山謙木工所さんを取材しました。(2023/9/12)

「ゴールデンカムイ」実写キャスト&ビジュ解禁に大反響 「鶴見中尉……本物過ぎる」「土方歳三が100点」「フチ、本人だろ」
気になる“筋肉量”については……?(2023/8/30)

材料技術:
CO2排出量を約40%減らせる高機能バイオ素材で化粧品容器を開発
化粧品容器メーカーのプラシーズは、NECが研究/開発しNECプラットフォームズが提供する高機能バイオ素材「NeCycle(ニューサイクル)」を用いて環境に優しい化粧品容器の開発に成功したと発表した。(2023/8/28)

高校生がイチから手作りした木製の模造刀がすごい 審査員が既製品と勘違いするレベルのクオリティーに驚きと称賛の声
この作品を1人で……?(2023/8/13)

二度見必至の“紙皿そっくりな磁器プレート”に注目集まる 日常をパーティー風にするアイデア商品に「これはおしゃれ」「最高」の声
いつもの食事がお祭りやピクニック風に。(2023/8/6)

難易度も値段もお高めな全面“金”のルービックキューブ誕生 お値段30万円
いろんな意味で手に取りにくい。(2023/7/5)

Xperia 1 V/IV向け、飛騨高山の天然木を使用したハンドメイドケース発売
MSYは、GRAPHTブランドから飛騨高山の天然木を使用したハンドメイドケース「Real Wood Case for Xperia 1 V/1 IV」を発売。伝統工芸「一位一刀彫」を施した平彫りタイプと、彫りのないプレーンタイプの2種類を提供する。(2023/6/19)

価格は約22万円 「ワンピース」小紫の日本人形が発売決定 老舗「久月」とフィギュアメーカー「メガハウス」がタッグ
大きさは全高約55センチ。(2023/6/8)

ワクワクを原動力に! ものづくりなヒト探訪記(5):
越前/鯖江を「産業観光の聖地」にする、大反響モノづくりイベント仕掛け人の夢
本連載では、厳しい環境が続く中で伝統を受け継ぎつつ、新しい領域にチャレンジする中小製造業の“いま”を紹介していきます。今回は福井県鯖江市と越前市、越前町で開催される産業観光イベント「RENEW」の発起人である新山直広さんにお話を伺いました。(2023/6/6)

ドラクエの「ロトのかぶと」がガチの五月人形に 創業312年の老舗メーカーが手がける青銅製の逸品
両脇にはロトのつるぎやロトのたても。(2023/6/2)

観光DX:
岡崎城をデジタルアートで彩る「家康公夏まつり」 大河ドラマ効果追い風に誘客図る
岡崎市と岡崎市ナイトタイムエコノミー推進協議会は「岡崎城下家康公夏まつり 岡崎城天守閣 プロジェクションマッピング 2023」を開催する。愛知県岡崎市の文化や歴史などをモチーフにしたプロジェクションマッピング映像を上映。観光誘客と地域振興を図る。(2023/5/31)

プロが100均の粘土で陶芸したらどうなる? → 実際に試してみた結果に「こんな立派な物が!?」「レベルが違う」と反響
プロ陶芸家の力量のすごさ。(2023/5/30)

「セーラームーン」と伝統技法がコラボ 「幻の銀水晶」を再現したシルバーペンダント登場
江戸時代に伝来した伝統工芸「平戸細工」で作られています。(2023/5/18)

林信行が見たデザイン最前線(2):
デザイナーの登竜門「サローネサテリテ」で活躍する日本の若手3Dプリンタ使いたち
ミラノデザインウィークの中で、“国際的若手デザイナーの登竜門”とうたわれ注目を集めているのが「サローネサテリテ」だ。これまで数々のスターデザイナーを輩出してきた同展示会で、若手日本人デザイナーたちの活躍が目立った。現地取材の模様をお届けする。(2023/5/16)

「すみっコぐらし」と「フェイラー」初コラボに注目集まる ふんわり優しいカラーと質感に癒やされるハンカチなど11アイテム
事前抽選は5月22日から。(2023/5/16)

チェコガラスボタンに一目惚れ→プラ板で再現してみたら…… ため息が出るほど美しい仕上がりに「ときめき爆発する」「かわいいいい」
見ているだけで楽しい。(2023/5/2)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。