ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「漆」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「漆」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

28GHz帯の5G通信実演も:
行動認識AI×IoTボールで、サッカー選手をコーチング
KDDIは、「CEATEC 2019」(幕張メッセ、2019年10月15〜18日)で、行動認識AIとセンサー内蔵ボールを組み合わせた「アスリート育成支援システム」などを展示した。このシステムはKDDIとKDDI総合研究所のスポーツ行動認識AIとアクロディアが開発するセンサー内蔵サッカーボールで取得したデータを活用し、シュートフォームのアドバイスなどが行えるという。(2019/10/25)

「本当に幸せそう」「なんだか泣けます」 平野ノラが夫と「やっP〜!」、結婚式の白無垢姿に反響
うるっときてしまう。(2019/10/6)

ホビーショーで「地方創生」:
「模型の世界首都」静岡市――タミヤ社長が「新時代のプラモデル」を語る
最近はプラモデルを作ったことのある子どもたちも減り、小売店もめっきり減ったというが、ところがどっこい、静岡は熱い。タミヤの田宮俊作社長に「模型の世界首都」静岡市で開かれたホビーショーについて聞いた。(2019/8/23)

南国らしい「赤黄箸」:
沖縄の定番お箸がなくなる? 製造所が廃業し在庫わずか
沖縄県内でおなじみの「うめーし(箸)」の代表格、「赤黄箸」が存続の危機にある。生産を一手に担っていた鹿児島県の製造所が6月いっぱいで廃業、那覇市の卸業者が持っている在庫がなくなればほぼ手に入らなくなる見込み。(2019/8/9)

阪急交通社「観光列車」の検索数ランキングBest10発表、或る列車、ゆふいんの森などを抑えて1位に選ばれたのは!?
観光列車の種類の多さに驚きますね。(2019/8/1)

ブロックチェーンで「中古アート」流通促進 業界課題を払拭へ
日本のアート・工芸作品の流通を促進するサイト「B-OWND」が始動し、注目されている。作品を広めたい芸術家と購入したいコレクター、評価するレビュアー(評論家)の3者をインターネット上で直接つなぐもので、ブロックチェーン技術を導入して信頼性を担保するのが特徴だ。(2019/6/25)

個性的な器をレンタル:
“サブスク”で伝統工芸と飲食店をつなげる 新サービスが生まれた理由
伝統工芸品の食器を月額制で利用できる、飲食店向けサブスクリプションサービス「Craftal」。サービス誕生の背景には、飲食店と工芸品の産地、それぞれが抱える課題があった。両者をつなげることを目指す立ち上げ人に、狙いと展望を聞いた。(2019/6/19)

「イシツブテ」が岩手応援ポケモンに 「足が透過している」とネットで話題に
「イシツブテ」が岩手応援ポケモンに就任した。手よりも足に注目が集まっている。(2019/5/14)

全国の鈴木姓のルーツ「鈴木屋敷」をよみがえらせよ 平安期の屋敷の再生プロジェクト始動
約182万人いるという鈴木のみなさん、力を……!(2019/4/22)

お台場「痛車天国2019」:
アズレンやレーシングミクなど人気キャラ集結 「痛車天国2019」美少女コスプレイヤーたちを撮ってきたよ
あれは伝説の痛ガルパントラック!?(2019/4/3)

PFU、「Happy Hacking Keyboard」50万台出荷キャンペーンを開始 “漆塗”限定モデルを1名にプレゼント
PFUは、同社製キーボード「Happy Hacking Keyboard」シリーズの累計出荷台数が50万台を突破したと発表した。(2019/3/5)

特別展「三国志」が東京国立博物館で 関羽の青銅像や曹操の墓の出土品を展示 
東京では7月9日から9月16日まで開催。10月からは九州国立博物館で開催されます。(2019/2/27)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
「なまはげ」居酒屋にお客が殺到! 秋田県内に“存在しない空間”の魅力とは
秋田県の郷土料理と「なまはげ」と触れ合える居酒屋にお客が殺到している。その再現度の高さから秋田県人以外も魅了している。大ヒットの秘密とは?(2019/2/5)

タイムアウト東京のオススメ:
一生モノに出会う
東京の街の“ローカルエキスパート”が、仕事の合間に一息つけるスポットやイベントを紹介します。(2018/12/25)

「ひだ」「南紀」 JR東海、次期特急車両のデザインを公開、2022年デビュー予定
ハイブリッド方式の車両、2019年末に走行試験。飛騨・南紀地区の「和」のイメージを取り入れ。(2018/12/13)

本物かと思った 元和菓子職人が作った和菓子風ハンドメイド小物が食べたくなるほどのハイクオリティー
和菓子屋さんに売ってたら間違えるほど本物そっくり。(2018/11/17)

サンって“山犬の娘”なのに人っぽい仮面を着けてるのおかしくない? 「もののけ姫」の仮面を全力で分析した
スタジオジブリ「もののけ姫」のサンは山犬の一族の娘なのに、タタラ場に攻めるとき人間に似た仮面を着けるのはなぜだろう――。(2018/10/26)

納豆を究極においしく食すためのマシン「究極のNTO」発売 美食家・魯山人の教えを元にかき混ぜ数を検証
2014年発売「魯山人納豆鉢」が世界向けにリニューアルされました。(2018/8/31)

ヒット商品をリニューアル:
424回混ぜる「究極の納豆」製造機、タカラトミーアーツが発売
タカラトミーアーツは、納豆を究極においしく作るための商品「究極のNTO(なっとう)」を11月22日に発売。ヒット商品「魯山人納豆鉢」をリニューアルする。(2018/8/31)

V12→V8ハイブリッドに:
トヨタ「センチュリー」21年ぶりフルモデルチェンジ
トヨタは、国産ショーファードリブンカー「センチュリー」を21年ぶりにフルモデルチェンジし、発売した。(2018/6/22)

REALFORCEに限定モデル 東プレとPFUが協業
英語配列モデルは7月から販売開始。(2018/6/5)

ITエンジニア U&Iターンの理想と現実(40):
福井編:東京生まれ東京育ちのめがね男子、鯖江でアジャイル開発しつつ都会と地方のいいとこどりを目指す
めがね産業で有名な鯖江市にIT企業メンバーズエッジがオフィスを開設した。鯖江市は地方自治体では珍しく、オープンデータ活用や起業が盛んで、福井県で唯一人口が増加している市でもある。鯖江市の熱意とメンバーズエッジの思いが合致して生まれたオフィスに、東京生まれ東京育ちのエンジニアが着任した。(2018/4/24)

赤というより深紅 「iPhone 8/8 Plus」の「(PRODUCT)RED」を写真でじっくりと見る
iPhone 8/8 Plusの(PRODUCT)REDが発売された。深紅のボディーが美しい実機を写真でじっくりと見ていきたい。(2018/4/21)

光琳、等伯、若冲……豪華すぎる日本美術大展覧会「名作誕生―つながる日本美術」が上野で開催中 5月27日まで
音声ガイドは壇蜜さんと人気声優の櫻井孝宏さん・諏訪部順一さん!(2018/4/18)

『週刊少年ジャンプ』や「B'z」とコラボしたオリジナル人生ゲームが登場 タカラトミー「人生ゲーム」発売50周年
日本の「人生ゲーム」も今年で50歳です。(2018/3/15)

新商品続々:
「人生ゲーム」50周年 友情・努力・勝利の「少年ジャンプ」コラボも
タカラトミーの「人生ゲーム」が発売50周年を迎える。50周年を記念した新商品ラインアップが続々と登場。「週刊少年ジャンプ」とコラボした「週刊少年ジャンプ人生ゲーム」も発売する。(2018/3/15)

ワイヤレス充電も可能な容量1万mAhのモバイルバッテリー Tronsmartから
Tronsmartは、容量1万mAhのモバイルバッテリー「AirAmp 10000mAh」をAmazonで発売。最大出力5WのQi規格に準拠し、発売を記念して15%オフのクーポンを配布する。(2018/3/12)

慶應義塾大学大学院・岸博幸教授が語る:
デジタル化は社会にとって脅威か?
日本政府が推進する第4次産業革命。ここでのキーワードの1つが「デジタル化」だが、それは産業や社会にどういったインパクトを与えるのだろうか。元官僚で、慶應義塾大学大学院の岸博幸教授に話を聞いた。(2018/2/27)

地方発!次世代イノベーション×MONOist転職:
ゆるく気軽に“鯖江”を体験してほしい――ゆるい移住(福井県)
「次世代の地域創生」をテーマに、自治体の取り組みや産学連携事例などを紹介する連載の第13回。今回は、福井県鯖江市で実施された「ゆるい移住」というユニークな移住体験プロジェクトを紹介する。(2018/2/23)

実用化は目前!?:
より漆に近づき、傷に強くなったNEC「漆ブラック調バイオプラスチック」の秘密
バイオプラスチックの実用化に向けて開発を続けているNECが、より傷に強く、高度な蒔絵(まきえ)調印刷を実現した漆器調バイオプラスチックを発表した。(2018/2/7)

材料技術:
量産できる漆のようなバイオプラスチックで精緻な蒔絵の再現に成功、耐摩耗性も向上
NECは漆芸家の下出祐太郎氏と共同開発する「漆ブラック調バイオプラスチック」について、耐傷性の大幅な向上と蒔絵の再現印刷に成功したと発表した。(2018/2/7)

国宝「久能山東照宮」で見つかった刀剣の修復プロジェクト わずか6時間で目標500万円集まる
ゲーム「刀剣乱舞-ONLINE-」も全面協力していましたが、早すぎ。(2017/12/6)

PR:“オシアナスブルー”誕生秘話――青き革命児のクロニクル
ギリシャ神話で“海の神”を意味する「オケアノス」にちなんで名付けられた、カシオ計算機のアナログウォッチ「OCEANUS」(オシアナス)。シリーズのアイデンティティにもなっている「ブルー」は、いかにして生まれ、育まれてきたのか。(2017/12/1)

「猛烈に売れる人は、日本に100人もいない」 ライブコマースの課題は“育成不足”?
メルカリ、Candee、BASEが共通して抱える、ライブコマース市場の課題は――「TechCrunch Tokyo 2017」で3社の登壇者が語った。(2017/11/16)

おれたちが知ってる「ドラえもん」があんな姿やこんな姿に 28組の現代アーティストが描く「ドラえもん展」六本木で開幕
「あなたのドラえもん」を現代のアーティスト28組30人が制作した企画展「THE ドラえもん展 TOKYO 2017」が11月1日からスタート。内覧会の様子を紹介。(2017/11/1)

車両デザイン:
マツダの「魂動」を表現した香水は「削ぎ落とした先の凝縮された興奮」
マツダは、デザインテーマ「魂動」を表現した香水「SOUL of MOTION」を資生堂と共同で開発したと発表した。2017年10月27日に同社Webサイトで発売する。価格(税込)は1万5000円で、1150個の限定販売となる。(2017/10/23)

ドラえもんと現代アートの競演 「THE ドラえもん展 TOKYO 2017」が六本木で開催、5組の完成作品公開
ドラえもんが溺死している!? と思いきや……。(2017/10/5)

横山光輝「三国志」の名セリフを完全網羅した企画展、「げぇっvsむむむ」with 美女図鑑が開催 あきらかに様子のおかしいグッズも
光プロダクションから「大丈夫です」と完全お墨付き。(2017/9/30)

頂点に立つのはどの子? 日本全国84頭のカワウソからナンバー1を決める「総選挙」を開催
かわいくて1頭に決められない。(2017/9/1)

コミックマーケット92:
夏を彩るコスプレイヤーたちを激写! 笑顔がまぶしい、コミケ92コスプレ写真まとめVol.1
縦撮りの写真をまとめました。(2017/8/11)

コミックマーケット92:
コスプレイヤー、縦で見るか? 横で見るか? それが問題だ コミケ92コスプレ写真まとめVol.2
横撮りでの写真をまとめました。(2017/8/11)

織田、伊達、徳川、坂本の名刀をモチーフにしたハサミ、支援募集 「鯰尾藤四郎」の独特な切先も再現
岐阜県関市の職人が、戦国武将、幕末の志士の愛刀をハサミに変身!(2017/8/12)

天然貝を使用、さまざまな色合いを楽しめる「Galaxy S8」向けケース
ロア・インターナショナルは、7月13日に「ikins」ブランドから「Galaxy S8用天然貝ケース」を発売。デザインは「モンドリアン」「ミルキーウェイ」の2つを用意し、個体それぞれの色合いを楽しめる。(2017/7/13)

料理研究家に聞く「電子レンジの加熱ムラ」をなくすワザ
電子レンジの加熱ムラをなくす方法を料理研究家の方に教えてもらいました。(2017/6/20)

最新技術と伝統工芸の融合! 漆塗りのハイレゾ対応オーディオシステム「KS-9Multi U」
(2017/6/14)

伝統工芸の技で作った「プラレール」、おもちゃショーで披露
(2017/5/26)

プラレールと江戸切子・箱根寄木細工など伝統工芸が融合 もはや“おもちゃ”でなく“アート”
東京おもちゃショー2017に出展。販売の予定はないとのこと。(2017/5/27)

柴崎辰彦の「モノづくりコトづくりを考える」:
SXSW 2017観戦記 魅惑の“アイデア家電”が勢ぞろい 初参戦Panasonicが見せた老舗の意地
“IT界のパリコレ”ともいわれるイベント「SXSW 2017」で見聞きし、体験した刺激的なあれこれをレポート。今回は、Panasonicの「Game Changer Catapult」が提案する近未来の家電やサービスを紹介します。(2017/4/29)

大人の女性も欲しくなる! エポック社による和風化粧飾りの試作品カプセルトイが話題に
職人的技巧を感じるかわいさ(2017/3/30)

ダイヤモンドの装飾に、高級車のような輝き お値段1000万円超のラグジュアリーな便器が誕生
もはやアート。(2017/2/18)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。