ニュース
» 2017年10月22日 19時10分 公開

ポケGOに今年もハロウィーンがやってきた――色違いのヤミラミや帽子ピチューも!? アメ大量ゲット&図鑑埋めのチャンス

10月21日から「Pokemon GO」のハロウィーンイベントが開始された。アメ2倍や第3世代ポケモンの一部追加に加え、事前の告知にはなかった色違いポケモンや帽子ピチューなど、盛りだくさんの内容になっている。

[芹澤隆徳,ITmedia]

 10月21日(土)の早朝からスマートフォンゲーム「Pokemon GO」(以下、ポケモンGO)のハロウィーンイベントが開始された。事前の告知にはなかった色違いのヤミラミや帽子ピチューも実装されるなど、盛りだくさんの内容になっている。

ハロウィーンイベントのイメージ(c)2017 Niantic, Inc. (c)2017 Pokemon. (c)1995-2017 Nintendo/Creatures Inc. /GAME FREAK inc.

 イベント中は、アメが2倍(相棒ポケモンのアメ発見速度が2倍、ポケモンゲット時とふ化時、博士に送った時のアメ2倍)になるほか、ゲーム内ショップで「プレミアムレイドパス」や卵の孵化速度が1.5倍になる「スーパーふかそうち」が入った3種類のギフトボックスを販売中。スーパーふかそうちは通常販売されていないため、イベント期間中がゲットのチャンスとなる。またイベント期間中に伝説レイドがライコウからエンテイに切り替わるということもあり、プレミアムレイドパス入りのボックスにも注目が集まりそうだ。

ため込んでいたレアポケモンを博士に送り、2倍の飴をゲットするチャンス。ポケモンボックスにも余裕ができるはず
ギフトボックスは3種類

 トレーナーアバター用の着せ替えアイテムでは、新たに「ミミッキュの布帽子」が配布されている(ポケコインは必要なし)。ミミッキュは「ポケットモンスター サン・ムーン」のアローラ地方に登場する“ばけのかわポケモン”だ。

「ミミッキュの布帽子」。人間と仲良くなりたくて、布を被りピカチュウに姿を似せている。アローラ地方では布の中を見たものは謎の病に苦しむと信じられている

 さらに期間中は魔女らしい三角帽子を被ったピカチュウが登場。進化させると魔女帽子をかぶったライチュウになる。また未確認ながら2km卵から魔女帽子をかぶったピチューも生まれるようだ。

魔女帽子をかぶったピカチュウ

追加5種のコンプリートは比較的容易か

 イベントの目玉は、なんといっても新ポケモンの追加だろう。今回は「ポケットモンスター ルビー・サファイア」の舞台であるホウエン地方で初登場した第3世代ポケモンのうち、ゴーストタイプの「ヤミラミ」「ジュペッタ」「ヨマワル」「サマヨール」「カゲボウズ」の5種類が登場。さらにヤミラミには黄色っぽい“色違い”の出現も確認されている。

ヤミラミは少し出現率が低め

 イベント初日、東京・錦糸町駅前にあるポケストップ密集地(ルアーモジュールあり)で各ポケモンの出現状況をチェックしたところ、カゲボウズ122、ヨマワル127に対し、ヤミラミは25とおよそ5分の1程度だった。またヨマワルの進化形となるサマヨール、カゲボウズの進化形であるジュペッタは2回ずつ出現。イベント期間中は飴が2倍で「パイルのみ」を併用すると4倍になること、さらに進化に必要な飴はそれぞれ50ずつの1段進化ということもあって追加5種のポケモンコンプリートは比較的容易といえそうだ。

カゲボウズと進化形のジュペッタ
ヨマワルと進化形のサマヨール。進化に必要なアメはいずれも50個

 ただし、黄色っぽい「色違いヤミラミ」に関してはジムに置かれているのを1度目撃したのみ。「金のコイキング」や「焦げピカチュウ」同様、色違いの出現率はかなり低いようだ。なお、ゴーストタイプ以外の第3世代のポケモンは「早ければ12月ごろから少しずつ登場」するという。

黄色っぽいヤミラミの出現率はかなり低いようだが、早速ジムに置かれていたので存在は確認できた

 ハロウィーンイベントの実施期間は11月3日(金)の早朝まで。新規参入組や復帰勢はポケモン図鑑を埋めるチャンス、伝説レイドやEXレイドに備えたい人にとってもアメ大量ゲットの好機となりそうだ。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう