ニュース
» 2004年01月19日 17時22分 UPDATE

アイ・オー、USB付きminiSD対応の新SnapMemory

au端末対応のメモリーバックアップアダプタが、miniSDとUSBに対応というバージョンアップを果たした。

[斎藤健二,ITmedia]

 アイ・オー・データ機器はauのカメラ付き携帯電話に対応したメモリーバックアップアダプタの新製品「SnapMemory miniSD」を1月下旬から発売する。16MバイトのminiSDカードが付属する。想定実売価格は8800円。

kssnapmem.gif

 携帯内部のデータをコンパクトフラッシュカードにバックアップできる「SnapMemory」の後継機種((2003年5月の記事参照))。しばらくは併売を行う予定。

 携帯電話のシリアルポートに接続することで、携帯内の静止画や動画をminiSDカードにバックアップできる。また、SnapMemory miniSDにはminiBタイプのUSBコネクタが用意され、PCと接続、miniSDカードリーダライタとしても利用できる。

 本体は単四電池2個で動作するが、USB経由によるPCからの給電で動作させることもできる。

 携帯電話からバックアップできるデータの種類は、静止画・動画、アドレス帳・スケジュール・タスクリストなど。EメールやCメール、著作権のある着メロや着うたなどのデータはバックアップできない。

 また、au端末の最新機種はminiSDカードスロットを備えており単体でもminiSDへ各種データのバックアップが行えるが、SnapMemoryとはデータの書き込まれる場所が異なる。そのため、本体スロットで書き込んだデータは本体スロットで読み出す必要があり、SnapMemoryで書き込んだデータはSnapMemoryで読み出す必要がある(静止画データを除く)。なお、カードスロット搭載端末でもSnapMemoryは利用できる。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.