ニュース
» 2004年07月02日 10時44分 UPDATE

旧デジタルツーカー各社の携帯が利用停止に

合併前のネットワークのねじれを解消するため、旧デジタルツーカー各社(現ボーダフォン)の一部携帯が2005年から東名阪地区で利用できなくなる。

[斎藤健二,ITmedia]

 ボーダフォンは7月1日、旧デジタルツーカー各社の一部機種について2005年1月1日から東名阪地区でのサービスを停止すると発表した。対象機種のユーザーには無償で機種変更を行う。

 対象となるのは1999年以前に旧デジタルツーカー各社で販売された機種の一部、29機種。

kstuka.jpg
ボーダフォンお知らせより

 旧デジタルツーカーと旧デジタルホンが合併し旧J-フォンとなり全国ネットワークが完成した。しかしローミングの仕様により「自社ユーザーなのに他社網(ツーカー網)にローミングしている機種」(ボーダフォン)が残っていたため、今回の整理を決めた。

 旧デジタルツーカーは東名阪地区を除く地域で展開しており、東名阪地区で利用する際には旧デジタルホングループかツーカーグループのどちらかのネットワークにローミングする必要があった。ボーダフォンによると、機種によってローミング先が決まっており、今回利用停止の対象となるのはツーカー網にローミングするようになっていた端末。

 機種変更は7月1日から2005年の1月31日まで、店頭ではなく「お客さまセンター」で扱う。機種変更手数料なども無料だが、交換先の機種は「V301SH」「J-SA06」「J-D07」の一部のカラーに限られる。また対象となるユーザー数は明らかにしていない。

 なおツーカーグループのユーザーには影響はない。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.