ニュース
» 2004年07月07日 17時10分 UPDATE

ドコモが巻き返し、純増トップに〜6月契約者数

ドコモが純増トップの座を、auから奪回した。好調な3G純増数が原動力になった。auも3Gが依然好調をキープだが、月間純増数では先月を下回った。

[杉浦正武,ITmedia]

 電気通信事業者協会(TCA)は7月7日、携帯電話/PHSの2004年6月の契約数を発表した。携帯電話契約数は、38万3800増えて、8271万3900。

グループ名 2004年6月純増数 累計
ドコモ 16万6300 4640万7600
au(KDDI) 15万7500 1759万1100
ツーカー −4000 360万6400
ボーダフォン 6万4100 1510万8800
累計 38万3800 8271万3900
PHoto 各キャリアの単月の純増数の推移

 ドコモが、月間純増数で9カ月ぶりにトップに立った。FOMAの純増数が57万2600と極めて好調で、PDCの−40万6300を含めても16万6300の増加。

 auは、CDMA 2000 1Xが34万1600増と依然順調だが、トータルでは15万7500と、5月の純増数18万7100からややペースを落とした。

 ボーダフォンは5月に、初めてPDCで純減を記録していたが(6月7日の記事参照)、6月は再びPDC・W-CDMAとも純増している。

グループ名 2004年6月純増数(3G) 累計(3G)
ドコモ 57万2600 458万3100
ボーダフォン 2万6900 19万9500
au(KDDI) 34万1600 1470万4300
Photo ドコモのPDCとFOMAの純増数の推移

ドコモの攻勢が続くか?

 6月から7月にかけて、3キャリアとも新機種を続々と投入してくる。今週も、新端末ラッシュが続いている。最近登場した端末を数えるだけでも、ドコモの「P900iV」「F900iT」「N900iS」「N506i」、auの「A1305SA」「A5407CA」「A5406CA」、ツーカーの「TT41」など、新機種は数多い。これによって各キャリアの単月シェアがどう変動するか。

単月シェア 累計シェア
NTTドコモ 43.3% 56.1%
au(KDDI) 41.0% 21.3%
ツーカー −1.0% 4.4%
ボーダフォン 16.7% 18.3%
Photo 各キャリアの単月シェアの推移

BREW/着うた端末が増加中

 auのカメラ端末は、1300万台を突破。ボーダフォンのカメラ端末も、1200万台を突破している。ドコモのカメラ端末も、2563万台を記録している。

 auのBREW端末の伸びが、先月比+37万と順調だ。着うた端末も先月比+51万で、3G端末の月間純増数を上回るスピードで普及している。

キャリア カメラ ムービー アプリ GPS 着うた Web
ドコモ 約2563万 約2482万 約4172万
au(KDDI) 1310万 1136万 460万(BREW) 896万 1116万 1451万9800
ボーダフォン 1205万4000 318万5200 799万7900 1299万1900
 「ムービー」は撮影した動画をメールで送信できる端末を指す。「Web」はボーダフォンは対応機種台数、ドコモとauは契約数。ドコモのカメラ対応端末数は、FOMAを除く

PHSは続落

 PHSは、引き続き減少傾向。DDIポケットは4000の純増を果たしているが、ドコモ・アステルの減少傾向は拡大している。特にアステルグループは、5月に1万8900だった純減数が、2万7300に拡大した。今後は純減ペースがどう変化するか、注目だ。

グループ名 2004年6月純増数 累計
DDIポケット 4000 291万2800
ドコモ −2万5100 153万7000
アステルグループ −2万7300 57万8700
累計 −4万8400 502万8500

Copyright© 2018 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう