ニュース
» 2004年10月04日 14時26分 UPDATE

QRコード+EZナビウォークで観光地巡り〜日本観光協会とKDDI

QRコード+EZナビウォークを観光地案内に──。こんな試みを日本観光協会とKDDIが行う。仙台駅のイベントで、観光地の位置情報入りパンフレットを配布、認知を高める。

[後藤祥子,ITmedia]

 日本観光協会とKDDIは、QRコード+EZナビウォークを使った観光地案内サービスを提案、10月6日から8日にかけて仙台駅で実施される「ふるさと観光展」でアピールする。

 このイベントに両社は「モバイル観光案内所 by KDDI」ブースを設置。QRコード化した観光地の位置情報を刷り込んだパンフレットを配布し、旅行関係者に認知を図りたい考え。

 EZナビウォークは、目的地までの道のりをカーナビのように案内してくれるサービス。A5506T以降のEZナビウォーク端末には、QRコードで読み取った位置情報をEZナビウォークの目的地に設定できる機能が追加された(6月9日の記事参照)。KDDIは、QRコード+EZナビウォークの連携について、タウン誌との連携を進めるなど(9月22日の記事参照)サービス強化を図っている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.