ニュース
» 2005年03月02日 03時11分 UPDATE

あなたの顔は、モデル顔? ミュージシャン顔

本人認証のためではなく、性別/年代/職業などを顔から判別する技術をKDDI研究所が開発。原宿のKDDI DESIGNING STUDIOで試すことができる。

[斎藤健二,ITmedia]
kao1.jpg

 顔をカメラで撮って、“何顔”なのかを判定──。そんな顔認識技術を、東京・原宿の「KDDI DESIGNING STUDIO」で体験することができる(3月2日の記事参照)

 3階の通信や情報の未来技術を体験するコーナーに設置された「CHECK THE HARAJUKU GAO!」は、KDDI研究所の顔認識技術の開発成果をエンターテインメントシステムとして公開したものだ。

 カメラに写った顔を高速に検出、分析し、ヘアーアーティスト、カリスマ店員、ミュージシャンなど、原宿で活躍中の職業の中で、どんな職業の人とどれくらい似ているかを判定してくれる。

kao2.jpg 「67%モデル」──。こんな判定結果が表示される。コスメショップ店員顔のランキングでは、5位にランクインした。ちなみに筆者は「カリスマ店員顔」(男)。とはいえ、適合率は43%でした

 判定結果から、同じ顔の人々が原宿のどのあたりにいるのか分布図を表示したり、原宿にちなんだ顔占いも提供する。メールアドレスを登録すれば、診断結果を携帯にメールすることも可能だ。ランキングに参加すると、毎月結果がメール送信され、例えば「モデル顔の中で、自分が何位だったか」を知ることができる。

 この技術は、本人かどうかを顔で判定する従来の顔認証技術とは異なり、性別/年代/職業などあるカテゴリーの中のどれに属するかを分類する技術だという。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.