ニュース
» 2005年03月12日 22時34分 UPDATE

CeBIT 2005:「フェラーリ版902SH」で欧州市場を狙うシャープ

独ハノーバーの「CeBIT 2005」会場で、シャープは「902SH」のフェラーリモデルを展示。海外事業の調子も聞くことができた。

[杉浦正武,ITmedia]

 シャープは、独ハノーバーで開催されている「CeBIT 2005」会場で「902SH」の新色を展示していた。フェラーリのロゴが入った「フェラーリモデル」だ。

ms_sharp1.jpg


ms_sharp2.jpg

 現地で3月末から、従来のカラーバリエーションに追加される予定。この種の端末は“限定バージョン”として扱われがちだが、通常の「新色」としてリリースするという。日本でも同様のカラーが出るかどうかは「検討中」(現地説明員)

 フェラーリのブランド力を、販売促進に結びつける狙い。フェラーリチームとボーダフォングループのコネクション(2004年10月7日の記事参照)を活かして開発した。端末にはフェラーリ関連の待受画面や、実際のレースで撮影された動画などがプリインストールされている。

PHoto プリインストールされている動画


sugiura_tsuika.jpg アイコンもしっかりフェラーリにカスタマイズされている


Photo こちらは現地端末「GX25」のフェラーリモデル

 現地で販売されているGSM端末「GX25」のフェラーリモデルも展示されていた。シャープは独市場に進出して3年になるが、上記の902SHとGX25、それに「802SH」を含めた5モデルを展開している。

 同社の通信システム事業本部、パーソナル通信第三事業部の水谷寛事業部長によれば「海外展開している日本の端末メーカーの中では、シェア面で見ても一番順調」。好調の理由は、端末開発の姿勢にあるという。

 「海外向けに全く新しい端末を開発している日本メーカーもあるが、それではコストがかかりすぎる。シャープはボーダフォンとストラテジックな関係にあり、日本向けの製品をそのまま海外市場で使えるようにしている」

 3Gは去年のクリスマスから始まっており、「今年の秋には欧州でオーバーヒートする」とにらむ。「まだ始まったばかりだが、ニュースやスポーツのビデオストリーミングが割合に盛んだ。こうした新機能をアピールしたい」(同氏)

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.