ニュース
» 2005年05月13日 20時47分 UPDATE

「JBlend」搭載製品の累計出荷台数が1億台を突破

携帯など組み込み向けJavaプラットフォームとして知られるJBlend出荷数が1億の大台に。この1年で海外向けを急速に伸ばした。

[ITmedia]

 アプリックスは5月13日、同社の組み込み向けJavaプラットフォーム「JBlend」を搭載した製品の累計出荷台数が1億台を突破し、2005年3月末時点で1億1200万台に達したと発表した。

 2004年8月に5000万台を突破して以来、急速に海外向け出荷を伸ばした。米Motorolaをはじめ、TCL&Alcatel MobilePhones、台湾のBenQなどの端末メーカーにJavaプラットフォームを供給している。海外の供給企業は30社以上。

jblend.gif

 「JBlend」は、Javaをデジタル家電上で動作させることを実現したプラットフォーム。1999年に発売されたJava搭載デジタル家電に採用されて以来、2001年には国内向け携帯電話、2002年には北米、欧州、アジア向けの携帯電話に搭載されてきた。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.