ニュース
» 2005年05月19日 16時36分 UPDATE

イー・アクセス、1.7GHz帯のW-CDMA実験を都内で開始

イー・アクセスは、総務省から実験局免許を取得した。商用化をにらみ、HSDPAなど先端技術の検証に入る。

[ITmedia]

 イー・アクセスは5月19日、総務省から1.7GHz帯でのW-CDMA実験局本免許を取得したと発表した。都内で実験を開始する。

 商用化に向け、東京都内の都心エリア・住宅地エリアで実証実験を行う。実験には、米Lucentおよび富士通が参加。1.7GHz帯での電波伝搬、W-CDMA機能検証、HSDPAなどの先端技術を検証するという。

 基地側では、1つのセルを3分割する「3セクタ方式」に加え、6つに分割する「6セクタ方式」の実験も行う。これによって、より周波数の有効利用を志向し高速データ通信に備えるという。

 併せて同社ラボで、同一キャリア(搬送波)内で音声トラフィックとHSDPAトラフィックを同時に伝送することに成功したことも明かされた。FMC(Fixed Mobile Convergence:固定通信とモバイル通信の融合)を検討するため、W-CDMAと無線LANのハンドオーバー試験などを実施していくこともアナウンスされている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.