ニュース
» 2005年06月09日 20時08分 UPDATE

本物の素材感が大人の雰囲気を演出──「V501SH」

「形あるもののすべてを検討」──。メタルや革、石、木などの素材感を取り入れた「V501SH」の「テクスチャーパネル」は、こうして生まれた。

[後藤祥子,ITmedia]

 「テクスチャーパネルの着せ替えで、さりげない着せ替えを」──ボーダフォンのシャープ製端末「V501SH」は、こんなコンセプトから生まれた端末だ。

 「大人としての本物感を感じさせるものは何か」を追求するところから開発がスタート。その意気込みは、「形あるもののすべてを検討した」という、ボーダフォン ターミナルマネジメント部の浦元芳浩氏のコメントからも伺える。

sa_ss1.jpg
 見た目だけでなく手触りも本物の感覚を目指した「V501SH」のテクスチャーパネル。キャッチフレーズは“都会の洗練を持ち歩く”。ダークウッドは、高級車のインパネを思わせる雰囲気

 素材感は2次元グラフィック的なものだけでなく、触れた感じまでも再現することを目指した。「木目調やカーボン、クロコのテクスチャーを用意しているが、金型にシボ加工するなど、さわり心地にもこだわった」(浦元氏)

sa_ss2.jpg
 回転2軸ボディのV501SH。テクスチャーパネルは底面のカメラ周りに装着する。電池蓋を外してテクスチャパネルをはめ込み、それを本体に取り付ける


sa_ss22.jpg
 端末の右側面。電池カバーを取り外す際には左上のストッパーを外す


sa_ss23.jpg
 端末の左側面にはストラップホールとminiSDスロット、角形イヤホン端子がある


sa_ss3.jpg
 ベースとなるボディカラーはホワイトシルバーとブラック


sa_ss33.jpg
 「V603SH」で装備された、“振って操作”を可能にするモーションコントロールセンサーを装備。ゲームの体験版も5本に増えた


sa_ss44.jpg
 壁紙やメニューアイコンを、テクスチャーパネルに合わせてカスタマイズできる「カスタムスクリーン」に対応。同梱される32MバイトのminiSDカードには、各テクスチャーに対応したデータが入っている。ディズニー、機動戦士ガンダム、ハローキティのデータもプリセットされるが、利用に当たっては有料のカスタムスクリーンキーが必要(左)。カメラは130万画素CCD。底面のカメラ部付近にマクロ切り替えスイッチがある(右)


機種名 V501SH
サイズ(幅×高さ×厚さ) 約50×102×26ミリ
重さ 約137グラム
連続通話時間 約130分
連続待受時間 約450時間
カメラ 130万画素CCD
外部メモリ miniSD
メインディスプレイ 2.4インチ約26万色 QVGA ASV液晶
サブディスプレイ 72×12ピクセルモノクロ液晶
ボディカラー ホワイトシルバー×ホワイト/ベージュストーン、ブラック×ブラック/ダークウッド
Vアプリ 256Kアプリ Ver.2
着うた
カラオケ V-kara Ver.2
バイリンガル
赤外線通信
文字入力 ケータイShoin3


新機種はいつ発売?と思ったら→「携帯データBOX」
  • 各キャリアの「新機種発売日情報」
  • 未発表の端末情報をお届けする「JATE通過情報」
  • 新機種の売れ筋が分かる「携帯販売ランキング」

携帯データBOXそのほか、各端末情報が一望できる“機種別記事一覧”が新登場〜いますぐパワーアップした携帯データBOXをチェック!
携帯データBOXは、ITmediaモバイルトップページのメニューバー右側からもアクセスできます。


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.