ニュース
» 2005年11月29日 19時15分 UPDATE

バーコードでアドレスデータ交換──KDDIがBREWアプリを提供

KDDIが、端末内でアドレス帳データのバーコードを生成するBREWアプリを提供する。「W33SA」から順次プリセットする。

[ITmedia]

 KDDIは12月上旬から、バーコードを使ってアドレス帳データを交換可能にするEZアプリ(BREW)「バーコードリーダー&メーカー」を提供開始する。

 バーコードリーダーは、交換したい項目を選択する「項目選択」機能、バーコードの表示パターンをあらかじめ選んで登録できる「バーコード選択」機能、好きなコメントをバーコード化する「コメント追加」機能を備える。バーコード化したいアドレス帳データを選ぶとバーコードが生成されて携帯の画面上に表示されるので、ユーザーはバーコード読み取り付きの携帯電話で撮影すれば、簡単にアドレス帳データを交換できる。

sa_qr1.jpg
バーコードの作成フロー


sa_qr2.jpg
バーコード表示パターンの登録方法

 12月上旬に発売予定の「W33SA」(10月24日の記事参照)から順次プリセットされ、既存のバーコード読み取り機能対応機種についてはアプリのバージョンアップで対応する。バージョンアップ用アプリは12月中旬から提供予定。

sa_ss.jpg
「バーコードリーダー&メーカー」がプリセットされる「W33SA」


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.