ニュース
» 2005年10月26日 14時59分 公開

WPC EXPO 2005:ワンセグ対応「W33SA」などを展示〜KDDIブース

「WPC EXPO 2005」会場で、KDDIはワンセグ対応「W33SA」などを展示している。端末を手にとって、操作を確認可能。

[杉浦正武,ITmedia]

 東京ビッグサイトで開催されている「WPC EXPO 2005」会場で、KDDIはワンセグ対応「W33SA」などを展示している。来場者は実際に端末を手にとって、操作を確認できる。

Photo 会場入ってすぐ、目立つ位置に展示されていた「W33SA」
Photo

 24日の記者発表会で報道陣向けに公開されていたのと同様、試験番組を用意して使い勝手を確認できるようになっていた(10月24日の記事参照)。パナソニックブースにはドコモ向けのワンセグ対応端末「P901iTV」も展示されていたため、両キャリアの端末を見比べることができる。

Photo こちらはパナソニックブースにあったP901iTV

 KDDIブースでは、同社の新メッセージングサービス「Hello Messenger」(10月24日の記事参照)も大きく取り上げられていた。来場者に対応端末を手にとってもらい、スタッフがクイズを投げかけこれにHello Messengerで回答する……といったデモで、サービスの楽しさをアピールしていた。

Photo Hello Messengerは、なかなかの注目度だった

 ほかに、先日発表されたカーナビゲーションサービス「EZ助手席ナビ」(9月1日の記事参照)も展示されていた。同サービスの契約者数は、9月末時点で3万6000契約。ほかに、1日157円で利用できるコースもありこちらは「1日1万程度の利用がある。休日などになるとこの数字がまた上がる」(KDDI)とのことだった。

Photo 通信カーナビは地図を更新できるのが特徴だが、EZ助手席ナビではさらに高頻度で最新の地図情報を表示できるとうたう

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう