連載
» 2006年01月31日 14時55分 UPDATE

長期ロードテスト「D902i」No.4: 電池カバーはオプション品で、420円です

前回のロードテストの記事について、読者のみなさまからたくさんメールをいただいたので、前回の記事に少し追加させてください。

[吉岡綾乃,ITmedia]

 前回、長期ロードテスト「D902i」No.3:で、スキー場に持っていったらD902iの電源が切れてしまったこと、その後電池カバーをなくしてしまい、ドコモショップに行ったことを書いたところ、予想外にたくさんの反響がありました。メールを拝見していて、情報を追加したほうがいいと思ったことがいくつかあったので、今回はその話を書こうと思います。

電源が落ちるのは私だけではないようです

 まず、D902iの電源が切れてしまった件について、「私のD902iも知らないうちに電源が落ちていることがある」というメールを複数名からいただきました。中には私と同様に「寒いところで切れる」とか「メールの受信時に落ちていることが多いと思う」といった意見もあったので、ドコモに聞いてみたところ、「今のところそのような報告は上がっていないが、ユーザーの方の声として真摯に受け止めます」という回答をいただきました。

 それから「スキー場という条件は極端すぎる。D902iばかりが寒さに弱いような書き方をするのはおかしいのではないか」というメールもいただきました。

 ドコモに確認したところ、ムーバ・FOMAともに製造メーカーに関わらず、動作保証温度は5〜35度で統一しているそうです。そういう意味では、真冬のスキー場という今回のケースは、完全に動作保証外です。

 とはいえ、これまで何度となく携帯をスキー場に持っていき、友達との連絡などに使っていましたが、電源が切れるということはなかったので、かなりびっくりしたのでした。

電池カバーはオプション品扱い

 もう1つ、電池カバー(正式名称は「リアカバー」)の価格について。前回の記事ではドコモショップの店員さんのご厚意でリアカバーをいただいてしまったため、私は購入することなく帰ったわけですが、通常、リアカバーはオプション品として購入できます。D902iのリアカバーの価格は420円です。

 PHSを含めれば私の携帯歴もそれなりに長いはずなのですが、電池カバーをなくしたのは初めての経験でした。たまに電車の中などで、やはりカバーをなくしてしまい、テープで止めている人を見かけますが、前回の記事にも書いたとおり、接触不良を起こしやすくなるようなので、もしカバーをなくした場合はオプションを購入して付けてくださいね。

前 長期ロードテスト「D902i」 次
長期ロードテストとは

 ITmedia記者が、普段使いの携帯電話の模様をレポートする長期連載記事です。1人のユーザーとして、端末やコンテンツをレポートします。この端末の「○○を調べてほしい」「この点をメーカーに聞いてほしい」といった要望を、ぜひお寄せください。ロードテストの中で、できる限り調査し回答していきます。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.