ニュース
» 2006年02月15日 12時44分 UPDATE

ワンセグ携帯「W41H」都内で発売──2万円後半

ワンセグ放送に対応した2モデル目の端末「W41H」が都内でも店頭に並んだ。EZ FeliCaやau ICカード、PCサイトビューアー、PCドキュメントビューアーなど、WINのサービスにフル対応した端末だ。

[ITmedia]

 4月1日から本放送が始まる、携帯向けテレビ放送「ワンセグ」。この受信に対応したau携帯電話「W41H」(日立製作所製)が2月15日、都内でも発売になった。都内量販店での新規価格は2万7090円(ITmedia調べ)。W41シリーズの中では高価格帯の製品となる。

 未発売の地域では、17日に九州、18日に中部地区で発売になる。

 なお、ワンセグ視聴に対応した端末としては「W33SA」が昨年末に発売済み(2005年12月16日の記事参照)。現在の新規価格は1万9740円と、発売当初から若干安くなってきている。

ms_41h1.jpg

 W41Hは、日本で2モデル目となるワンセグ対応機。2.7インチの大型画面でワンセグ放送を最長3時間45分視聴できる。約30分の番組録画にも対応するが、アナログテレビ放送には未対応。EZ FeliCaやau ICカード、PCサイトビューアー、PCドキュメントビューアーなど、WINのサービスにフル対応している。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.