ワンセグ携帯「W41H」と「Sweets pure」、11日より発売

» 2006年02月10日 14時54分 公開
[吉岡綾乃,ITmedia]

 KDDIは2月10日、ワンセグ放送が受信でき、新サービス「LISMO」にも対応する携帯「W41H」(日立製作所製)と、女の子をターゲットにした「Sweets Pure」(三洋電機製)を、11日より順次発売すると発表した。価格は、W41Hが2万〜2万5000円程度、Sweets Pureが数千円となる見込み。

W41H

 W41Hは、auでは2モデル目となるワンセグ対応機。2.7インチワイドQVGA液晶を搭載、ワンセグ放送を最長3時間45分視聴できる。番組を約30分録画することも可能。

 EZ FeliCaやau ICカード、PCサイトビューアー、PCドキュメントビューアーなど、WINのサービスにフル対応しており、音楽サービス「LISMO」にも対応。

 2月3日にはJR東日本より、モバイルSuicaへの対応も発表された(2月3日の記事参照)

 53×106×27ミリで約159グラムと、WIN春モデル7機種の中では、やや大型。スペック表などはこちらから。

地域 発売日
北陸 2月11日
中国・四国・沖縄 2月14日
北海道・東北・関東・関西 2月15日
九州 2月17日
中部 2月18日
W41H発売日
W41H

Sweets pure

 Sweets pure(型番A5519SA)は、女の子をターゲットにし、甘いお菓子をイメージした端末「Sweets」の後継機種。ボディカラーは、ポワールショコラ、マカロンフランボワーズ、カフェクレームの3色展開で、シールを貼ってカスタマイズできる。

 丸みを帯びたボディとツートンカラーのデザインが特徴。「声de入力」機能を利用したEZナビウォークの「声で乗換検索」「声で目的地検索」に対応し、文字入力の必要なく目的地を検索することが可能。「#」キーを押すと98デシベルのブザーが鳴る機能や通話時間やメール送受信数を制限することで使いすぎを防ぐ「ティーンズモード」、Hello Messenger、時間割、おこづかい帳、日記帳などの機能も備える。

地域 発売日
北海道・東北・北陸 2月11日
関西・中国・沖縄 2月14日
関東・四国 2月15日
九州 2月16日
中部 2月18日
Sweets pure発売日
Sweets pure

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセストップ10

2024年06月17日 更新
  1. “完全ワイヤレスイヤフォン”を外出先で使わなくなった理由 (2024年06月16日)
  2. スペックダウンでも「Xperia 1 VI」に触れて“納得”した理由 「らしさ」を犠牲にして得たもの (2024年06月16日)
  3. 約20万円でも「Xiaomi 14 Ultra」が想定以上の反響だった理由 ミッドレンジは“企業努力”で価格を維持 (2024年06月17日)
  4. 「Vポイント」の“ためる、使う”でトクする方法 ポイント二重取りとVポイントPayアプリの活用がカギ (2024年06月14日)
  5. 最近はやりの「スマホショルダーストラップ」がダイソーで110円! スマホケースに挟み込むタイプで使いやすいが課題も (2024年06月16日)
  6. KDDIの5Gが“真の実力”を発揮、通信品質の評価を覆せるか 「5G SA」の本格展開も見据える (2024年06月15日)
  7. 好調Tecnoの折りたたみスマホの課題は“重さ” 後継機は薄型軽量化で衛星通信対応か? (2024年06月16日)
  8. 「サイゼリヤ」のスマホオーダーはシンプルだけどスゴいやつ(私もようやく体験できました) (2024年06月15日)
  9. 楽天カード利用で最大3万ポイント還元など 「楽天マジ得フェスティバル」開催 (2024年06月14日)
  10. 新しい「iPad Pro」を手にして分かったeSIMのメリットと課題 iPhoneのeSIMオンリーは時期尚早か (2024年06月14日)
最新トピックスPR

過去記事カレンダー