ニュース
» 2006年02月15日 15時17分 UPDATE

国際ローミング対応のFOMA「NM850iG」登場

ドコモは国際ローミングサービス「WORLD WING」に対応したFOMA新機種「NM850iG」を2月24日に発売する。海外でも音声通話、iモード、テレビ電話などを利用可能。

[杉浦正武,ITmedia]

 NTTドコモは、国際ローミングサービス「WORLD WING」に対応したFOMA新機種「NM850iG」を2月24日に発売する。海外でも音声通話、iモード、テレビ電話、ショートメッセージサービス(SMS)の各種サービスを利用できる。

Photo ドコモが「洗練されたヨーロピアンデザイン」とうたう外見

 開発メーカーはNokiaで、W-CDMA、GSM、GPRSの各通信方式に対応している。ドコモは海外ローミングに対応した端末として「N900iG」「M1000」をリリースしており、今回のNM850iGが3機種目となる。なお、外見はNokia「6630」に似ているが「ドコモ用にカスタマイズしてあるため、特にNokiaのどの製品がベースというのはない」(ドコモ広報部)。

 Bluetoothに対応しており、Bluetooth対応PCとワイヤレスにスケジュール同期を行える。PCと接続して、パケット通信によるインターネット接続を行うことも可能だ。

 カメラは有効画素数123万画素のCMOSカメラを搭載。背面にのみカメラがあるため、テレビ電話の際にディスプレイを見ながら自分の顔を相手に送信することはできない。また外部メモリはNM850iG専用となるRS-MMCを採用している。

 海外での利用を想定して、ドルから日本円への変換など通貨、長さ、質量の「単位変換機能」を持った電卓を搭載する。また世界各地の都市の時間が事前設定されており、最大15都市まで同時に表示できる。

 製品の主なスペックは以下のとおり。

製品名 NM850iG
サイズ(幅×高さ×厚み) 60×110×21ミリ
重さ 約129グラム
連続待受時間 W-CDMA・静止時:約290時間/移動時:約160時間、GSM・静止時:約260時間
連続通話時間 W-CDMA・約170分、GSM・約360分
連続テレビ電話 W-CDMA・約100分
カメラ 有効123万画素CMOS
メインディスプレイ 約2.1インチ 176×208ピクセルTFT液晶 6万5000色
外部メモリ RS-MMC(32Mバイトを同梱)
カラー パールホワイト

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.