ニュース
» 2006年05月12日 02時22分 UPDATE

「心臓ペースメーカー広告」で名古屋市交通局がウィルコムに謝罪

ウィルコムは5月11日、名古屋市交通局に抗議文書を手渡した問題で回答を得たと発表した。名古屋市交通局が謝罪し、広告デザインを変更する旨を伝えてきたという。

[杉浦正武,ITmedia]

 ウィルコムは5月11日、名古屋市交通局に抗議文書を手渡した問題で(5月9日の記事参照)、名古屋市交通局から回答を得たと発表した。名古屋市交通局が謝罪しているという。

 抗議文書は、4月中旬に名古屋市営地下鉄の車内に掲載された広告に関するもの。ウィルコムのPHSが心臓ペースメーカーに悪影響を与えると受け取れる内容だったが、そのような危険性は低いとウィルコムが反論していた。今回、名古屋市交通局は「ウィルコムのPHSと近似した機器を用いたことに対する謝罪とともに、広告デザインを変更する旨」(同社)を伝えてきた。

 ウィルコムではこれにより、抗議内容を十分理解してもらったものと判断。同時に「迅速かつ真しななご対応いただいた名古屋市交通局に感謝」するとしている。同社は併せて、ユーザーに心配をかけたことをお詫びするとコメントした。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.