ニュース
» 2006年10月02日 15時38分 UPDATE

ドコモ、QWERTYキーボード付きのWindows Mobile機「hTc Z」を個人向けに販売

NTTドコモは、これまで法人向け販売のみとしていたWindows Mobile搭載の「hTc Z」を個人向けにも販売開始する。10月10日からインターネット経由で購入できるようになる。

[ITmedia]

 NTTドコモは、これまで法人向け販売のみとしていたQWERTYキーボード付きのWindows Mobile 5.0搭載端末「hTc Z」(7月18日の記事参照)を一般向けにも販売すると発表した。

Photo QWERTYキーボード付きのWindows Mobile 5.0搭載端末「hTc Z」。IEEE 802.11b/g対応の無線LAN機能を備え、公衆無線LANサービスも利用できる

 価格は、(1)故障時の24時間サポート(2)自然故障時の2年間無償修理に対応する「保守サービス」付きが7万3290円、保守サービスなしが7万2765円。10月10日15時からインターネットによる購入受付を開始する。

 hTc Zは、台湾HTC製のWindows Mobile 5.0搭載機。2.8インチのQVGA液晶やスライド式のQWERTYキーボード、IEEE 802.11b/g準拠の無線LAN、Bluetoothなどの機能を備え、Windows ServerやExchange Serverとの連携により、メールやスケジュールの同期を行える。

 iモードには非対応となるため、iモードサイトの閲覧やiモードメールの利用はできない。またパケット定額プランのパケ・ホーダイにも非対応となる。

 なおHTC製のQWERTYキーボード付きWindows Mobile 5.0搭載機については、ソフトバンクがHSDPA対応の「X01HT」を10月中旬以降、発売するとしている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.