ニュース
» 2006年10月03日 12時06分 UPDATE

CEATEC JAPAN 2006:ドコモ、デジタルラジオの試作機を披露

ドコモがCEATECでデジタルラジオ対応機の試作機を出展した。1セグと3セグの受信に対応し、変調方式はOFDMを採用している。

[後藤祥子,ITmedia]

 NTTドコモはCEATECで、デジタルラジオ端末の試作機を披露した。パナソニック モバイルコミュニケーションズとピクセラの技術協力を受けて開発したもので、1セグと3セグの受信に対応。変調方式はOFDMを採用している。

 試作機にはチューナーとブラウザが搭載され、簡易動画とデータ放送を合わせて1画面に表示することが可能。なお試作機は試験放送の受信が可能な状態となっているが、会場内の受信状態がよくないため、あらかじめ用意したコンテンツを表示する形でデモを行っているという。

sa_d12.jpgPhoto 上に十字キーとソフトキー、下にデジタルラジオの操作キーを備えたデジタルラジオの試作機。右は端末を閉じたところ

sa_d10.jpgsa_d11.jpg

sa_d16.jpgPhoto 折りたたみタイプの試作機

sa_d15.jpgPhoto デジタルラジオの利用イメージ(左)

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.