ニュース
» 2007年03月06日 15時23分 UPDATE

3G世界最薄の8.4ミリ──ソフトバンクの「708SC」、3月7日に発売

ソフトバンクモバイルは、W-CDMAで世界最薄をうたうSamsung電子製のストレート端末「708SC」を3月7日に発売する。

[ITmedia]

 ソフトバンクモバイルは、W-CDMAで世界最薄をうたうSamsung電子製の「708SC」を3月7日に発売する。

ge_sb_708scf01.jpgPhoto W-CDMAで世界最薄のストレート型端末「708SC」

Photo ボディカラーはブルーグリーン、ロイヤルブルー、ブラウン、シルバーの4色

 708SCは薄さ8.4ミリ、重さ73グラムのスーパースリムケータイで、バッグやポケットに入れてもかさばらずスマートに持ち歩けるのが特徴。スリムなボディながら充実した機能を備え、パノラマ写真の撮影が可能な200万画素CMOS、Microsoft WordやExcel、PowerPointを閲覧できるドキュメントビューア、Bluetooth、最大2Gバイトのメモリに対応したmicroSDスロットを利用できる。

 ディスプレイは1.9インチの横型QVGA液晶を採用。通信方式はW-CDMA/GSM(900/1800/1900MHz)に対応し、GSM圏の海外でも通話やメールが可能だ。言語は日本語/英語/韓国語から表示言語を選択でき、キャリアのサービスは、Yahoo!ケータイ、国際ローミング、デルモジ表示、着うたフル、TVコールに対応。ボディカラーはブラウン、シルバー、ブルーグリーン、ロイヤルブルーの4色をラインアップする。

機種名 708SC
サイズ(幅×高さ×厚み) 約50.4×112.4×8.4ミリ
重さ 約73グラム
連続通話時間 W-CDMA:約165分/GSM:約320分
連続待受時間 W-CDMA:約230時間/GSM:約260時間
アウトカメラ 有効200万画素CMOS(最大8倍デジタルズーム付き)
インカメラ
外部メモリ microSD ※最大2Gバイト
メインディスプレイ 1.9インチQVGA液晶(320×240ピクセル、最大26万色)※ランドスケープ表示
サブディスプレイ
ボディカラー ブラウン、シルバー、ブルーグリーン、ロイヤルブルー

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.