ニュース
» 2007年03月07日 22時47分 UPDATE

「Windows Mobileは2段目のロケットに点火した」──MSが順調な伸びをアピール (1/2)

マイクロソフトは3月7日、プレスセミナーを開催してWindows Mobile搭載デバイスの順調な広がりをアピール。Windows Mobile搭載端末をラインアップするキャリア各社も今後の展開などを説明した。

[園部修,ITmedia]
Photo マイクロソフト モバイル&エンベデッドデバイス本部 部長の梅田成二氏

 マイクロソフトは3月7日、Windows Mobileに関するプレスセミナーを開催し、日本市場でのスマートフォン事業の進捗状況などを説明。合わせてWindows Mobile搭載端末購入者を対象とするキャンペーンなども発表した(3月7日の記事参照)

 同社モバイル&エンベデッドデバイス本部 部長の梅田成二氏は、Windows Mobileを手がけているモバイル&エンベデッドデバイス本部が「マイクロソフトの中でも急成長部門の1つ」と紹介。2006年12月に開催したWindows Mobile 1周年記念イベントで、同社の執行役常務ビジネス&マーケティング担当 佐分利ユージン氏が掲げた「毎年出荷台数を3倍にする」という目標(2006年12月の記事参照)を達成するため、各種のプランを実行しているという。

 ビジネスは堅調に推移しており、「今のWindows Mobileは第2段目のロケットに点火をしたというタイミングだと思う」と梅田氏は話す。その理由として「Windows Mobile搭載端末を使っているユーザーが、初期のコアユーザーから徐々に広がりを見せている」ことと、「製品ラインアップに、第1世代のフィードバックを受けて各種の対策をとった第2世代のものがそろいつつある」ことを挙げた。

 特にユーザー層については、2005年12月にウィルコムが「W-ZERO3」を投入した頃と比べて明らかに広がりを見せていることを指摘。いわゆるアーリーアダプター層から、外資系企業に勤めていたり、カタカナ職業に従事していたりするインフォメーションワーカー層にまで、Windows Mobileユーザーが増えてきていることを紹介した。

Photo Windows Mobile端末ユーザーのすそ野が徐々に広がっている

 マイクロソフトでは、日本国内のアーリーアダプター層を約150万人程度と見積もっており、おそらくその3分の1程度がすでにWindows Mobile搭載端末ユーザーだという。一方インフォメーションワーカーは国内に1500万人おり、今後何年かはこのエリアのユーザーを攻略していく方針だ。

 「Windows Mobile 5.0のターゲットはアーリーアダプターだった。先日バルセロナで開催された3GSM World Congress 2007でワールドワイド向けに発表したWindows Mobile 6.0はインフォメーションワーカー向け。数年後に出る次のバージョンでは、もっと広いコンシューマーを意識したものになると思う」(梅田氏)

 なおWindows Mobile 6.0の詳細については、「日本でもWindows Mobile 6.0対応製品が登場するくらいのタイミングで、改めてWindows Mobile 5.0との違いなどを詳しく説明したい。時期については、現在キャリア各社と打ち合わせをしており、機が熟したところでアナウンスする」と話すにとどめた。

 その後、Windows Mobile搭載端末をリリースしているキャリア各社が、2007年の施策や展望などを紹介した。

       1|2 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.