ニュース
» 2007年07月06日 16時46分 UPDATE

ソフトバンクモバイルが連続トップ、イー・モバイルは6万契約──6月契約数

電気通信事業者協会(TCA)が、2007年6月末時点の携帯電話契約数を発表した。携帯契約数は累計で9805万5800となり、5月末から48万7000の増加。ソフトバンクモバイルは5月に続いて6月も純増トップを獲得した。

[岩城俊介,ITmedia]
グループ名 2007年6月純増数(単月シェア) 累計(累計シェア)
NTTドコモ 8万8800(18.2%)
2in1:5万4000
5284万5700(53.9%)
2in1:6万6800
au(KDDI) 20万7700(グループ合計27.4%) 2810万9700(28.7%)
ツーカー −7万4500 59万9700(0.6%)
ソフトバンクモバイル 20万4800(42.1%) 1644万500(16.8%)
イー・モバイル 6万200(12.3%) 6万200(0.1%)
携帯総計 48万7000 9805万5800
イー・モバイルは四半期ごと(6月末、9月末、12月末、3月末)に数値を公表

 電気通信事業者協会(TCA)は7月6日、2007年6月末時点での携帯電話契約数を発表した。携帯電話の契約数は累計で9805万5800となり、5月末から47万5500増加。PHSの契約数は502万1800で、携帯とPHSの累計契約数は1億307万7600となった。

 キャリア別の結果は、NTTドコモが8万8800、KDDIが13万3200(auの純増は20万7700だが、ツーカーは7万4000の純減)、ソフトバンクモバイルが20万4800の純増。ソフトバンクモバイルは5月の結果に続き、連続で純増シェアトップを獲得した。

 今回からイー・モバイルの数値も公表。3月から6月の総計純増数(および累計)は6万200(イー・モバイルは四半期ごとに契約数を公表。次回は9月末を予定)となった。また、ドコモの「2in1」を利用したサブ番号(Bナンバー)の契約数は6月から純増数に含まれず、個別集計となる。6月の2in1契約純増数は5万4000万。

 2008年3月にサービスを終了するツーカーは7万4500の純減で、累計契約者数は59万9700となった。

photo 純増数の推移
photo 純増シェアの推移
MNP利用状況 転入 転出 差し引き
ドコモ 非公開 非公開 −6万3400
au 非公開 非公開 5万3900
ツーカー 2200 −2200
ソフトバンク 非公開 非公開 1万1600

ウィルコムの伸び、一時鈍化──PHS総計も純減に

グループ名 2007年6月純増 累計
ウィルコム 2万2000 464万7800
ドコモ −2万8400 37万4000
PHS総計 −6400 502万1800

 PHSの契約数は、対前月比6400の純減で累計502万1800。ウィルコムは2万2000の純増で伸び率はやや鈍化。6月13日に判明した日本無線製端末の不具合で、法人契約への影響が鈍化要因の1つと見られる。7月に新機種「Advanced/W-ZERO3[es]」や「WX320T」を投入するともに割賦販売制度「W-VALUE SELECT」も導入し、契約数増を図る。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.