ニュース
» 2007年09月25日 08時37分 UPDATE

「不正変更」を加えたiPhoneは保証対象外――Appleが声明

Appleでは併せて、今週後半にiPhoneソフトウェアアップデートをリリースする予定も発表している。

[ITmedia]

 米Appleは9月24日、不正なプログラムを使って変更を加えたiPhoneは、製品保証の対象外とするとの声明を発表した。

 iPhoneは、米国ではAT&Tの携帯通信サービスでのみ利用できるが、こうした制限を外すためのプログラムがインターネット上に出回っている。Appleでは、こうしたプログラムが「iPhoneのソフトウェアに修復不可能なダメージを与え」、結果的に「Appleが今後配布するソフトウェアアップデートをインストールした場合、iPhoneが永久に使えなくなる場合がある」と指摘。また、iPhoneに不正な変更を加えることは、ソフトウェアライセンス契約に反するものであり、製品保証の対象とはならないとしている。

 Appleでは、今週iPhoneソフトウェアアップデートをリリース予定であることも併せて発表。iTunes Wi-Fi Music Storeなど、「多くの新機能」を盛り込んだという。

関連キーワード

iPhone | Apple | AT&T


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.